新着記事

おすすめ記事

人事担当者を悩ませる5つの課題

日本企業の人事部門にとって受難の時代が続いています。少子高齢化の荒波は、企業の人材育成・人材確保に暗い影を落とし、さまざまな組織が「人材が足りない」「人材が採れない」といった人材難に苦しめられています。人事担当者は、そんな時代をどう乗り越えていけばいいのでしょうか。その答えを探し当てるには、今、直面する課題を整理してとらえておくことが初めの一歩です。以下、人事担当者を悩ませている5つの課題について考えます。

「購買の管理」なんて当たり前?重要性の再認識とビジネス戦略への積極活用

企業の購入や支払いを管理するのが購買管理。購買部門が集中管理することでコスト削減や不正防止などの効果が期待できます。購買管理をIT化するのはもちろんですが、経理や生産、販売などほかの基幹システムと連携することで、購買データを経営資源の最適化に役立てられます。