ERPの機能とは?導入効果は? パッケージシステム化であなたの会社はこう変わる

ERPはすでに中堅・中小企業の必須ツールとして浸透しつつあります。ではERPは一体どんな機能を持ち、どういった導入効果を発揮するのでしょうか。ERPの意味や機能、その成功事例などに言及しながら中堅・中小企業がERPを導入すべき理由を解説しています。

ERPとはもともと、「企業資源計画(Enterprise Resource Planning)」という経営資源の有効活用を目指す経営手法を概念化したものです。さらにこれをシステムとして具体化したのが「ERPパッケージ」と呼ばれています。現在ではERPといえば「ERPパッケージ」を意味することが多く、企業の基幹システムの代表格です。

ERPの具体的な機能とは?

それではERPの具体的な機能とは、一体どういったものなのでしょうか。例えば製造業における出荷業務では、異なる分野のデータが各部門の垣根を飛び越え、タイムラグが発生することなくその都度反映されます。シリアルやロット単位で品目を管理したり、在庫の数量調整や市場価値に応じたコスト計算を行ったりと、不良在庫化を防ぎつつ効率化が可能です。

製造業におけるERPの生産管理機能に関して、詳しくはこちらの記事もご一読ください。
中堅・中小企業のモノ作りをサポートするERPの生産管理機能とは?

また、社員の異動や給与に関する情報、製品の生産管理機能も包括しており、文字通り「ヒト・モノ・カネ」に連動して、データがリアルタイムに更新されていきます。このように、企業内に存在するあらゆる経営資源の整合性を取り、部門ごとに独立していた各業務システム間の連携の悪さを解消できるのです。一元管理ができることにより、結果として経営者へスムーズかつ迅速な経営判断の材料を提供します。
ERPの導入で「何ができるか」を知ることは、中堅・中小企業の経営者の経営判断を早め、企業の成長を促す重要なファクターだといえるでしょう。

なぜ今 中堅・中小企業がERPを使うべきなのか

かつてERPパッケージは、大企業や官公庁を中心として急速に導入が進みました。そのため、現在でもERP=大企業のものと考える経営者が少なくないようです。しかし、常に流動的で競争が激しい現代のビジネス環境において、この考えは誤りだといえます。成長著しい中堅・中小企業にこそERPは必要なのです。これまでERPは、経営者からのさまざまな要求に応え、普及してきました。その要求とは次のようなものです。

  • 全ての部門に関する確実な情報が欲しい
  • ムリ・ムダ・ムラをなくし、業務効率を上げたい
  • リアルタイムな情報で意思決定を行いたい

このような課題の多くは、主に経理や在庫購買、営業や店舗(販売)、人事給与など各分野の管理システムが各々独立して運用されていたことに起因しています。異なるシステム同士でデータ連携を行うため、情報のやり取りにリードタイムが生じ、リアルタイムな情報が上がってきづらいのです。また、各業務システムの仕様もバラバラなため、データの統一性を欠いて不整合や伝達ミスを引き起こします。 一方、ERPは、すべての業務を統合する「一元化された業務システム」であるため、情報の遅延や伝達ミスは起こりにくいのです。 前述した「流動的かつ競争が激しい現代のビジネス環境」に適合し、持続的な成長を実現するすばやく的確な経営判断を行うための必須ツールがERPだといえるでしょう。

ERP導入のメリットとデメリット

ではここで、ERPを導入するメリットとデメリットについてご紹介します。まずメリットとして考えられるのは、主に以下4点です。

  • 業務の効率化や迅速化に役立ち、パフォーマンスを高め、成長とイノベーションを可能にする
  • 部門間を横断したデータ連携により業務可視化を促進し、意思決定や業務効率化の精度が向上する
  • 正確でタイムリーな情報に基づいて優れた顧客サービスを提供できる
  • 顧客情報の管理、特定の資格を保持した取引先の管理、完遂業務への高度な請求・支払処理、各種決済といったビジネスプロセスの効率化につながる

こういったメリットは、経営資源の効率的な運用を可能にし、中堅・中小企業の機動力の強化につなげます。また、煩雑になりがちな経理や資金繰りを透明化し、金融機関からの融資を受けやすくするという副産物も期待できるでしょう。
特にERPの導入を検討している中堅・中小企業にとってはさらに多くのメリットを享受できます。

詳しくはこちらもご覧ください。
日本の中小企業がERP導入で得られる5つのメリット

一方、ERP導入のデメリットは、次の2点に集約されるといえます。

  • 導入および運用にかかるコスト
  • 導入時に通常業務が中断してしまうこと

ERPの導入には専門知識を持った導入コンサルタント、エンジニア、ERPパッケージのアカウント料金などが含まれます。また、全社的に導入すべきシステムであるため、導入プロジェクトを運営するコストも大きくなりがちです。このコストには金銭面のほかに「導入プロジェクトへ社員をアサインする」ことによる通常業務の中断や遅滞も含まれます。既存のオンプレミス型ERPの導入であれば、半年から2年以上もの期間を要するプロジェクトも珍しくありませんでした。さらに導入プロジェクトの完了後は、メンテナンスや機能の改修を行う専属の運用・保守担当者が必要です。そのため、導入から運用・保守までにかかるコストが足かせとなり、中堅・中小企業への導入が進まなかったという背景があります。

確かにERPの導入は、中堅・中小企業の経営者に心理的なハードルを感じさせるかもしれません。しかし、ERPは、既存のーシステムでは実現できなかった業務効率化、可視化を達成し、迅速かつ的確な経営判断を可能にするというメリットがあります。これは、どのITシステムでも解決が難しかった課題です。ERPの登場以来、多くの企業が多大なコストを支払って導入を推進してきた背景には「コストに見合った効果」が存在するのです。ERPは、現代の中堅・中小企業に必要な「柔軟かつスピーディーなビジネス展開」や「業務プロセス改革」に対し、ダイレクトに効果を発揮する仕組みです。また、導入コストに関する問題は、クラウドERPの登場によって劇的に緩和され始めています。

クラウドERPにより享受できるコストメリットはこちらの記事でも詳しく解説しています。
システム稼働後のITコストを最小化。運用コスト削減はクラウドERPで実現

ERPはこんな企業にこそ適している!

メリットとデメリットを把握したうえで、ERPが適している企業を考えていきましょう。ERPの導入が適しているのは「現状からの脱却」を強く望む企業です。ITシステムは熟練の経営者でも判断が難しい投資対象です。「カネさえかければ解決する」といった類のものではなく、時には膨大な投資が無駄になってしまうことさえあります。一方、企業が持続的に成長するには、優れた経営戦略が必須です。現代における優れた経営戦略とは、ヒトの手だけによって実現されるものではありません。現代においてヒト・モノ・カネを効率よく動かす基盤となるのは整備されたITシステムです。情報の管理、分析、統合を自動的かつ高速に行う優れたITシステムの活用が、優れた経営戦略の鍵となりえます。そのため、自社の成長に限界を感じており「次なる一手」を求める経営者にこそ、ERPが適しているといえるでしょう。

この点においては、むしろ大企業よりも中堅・中小企業のほうが有利です。
重厚長大なプロジェクトを合議制で運営するよりも、経営者のリーダーシップと中堅・中小企業の機動力を生かし、短期間でコンパクトにERPの導入が可能だからです。また、ERPの導入は業種にかかわらず効果をあげています。なかでも製造業、IT、コンシューマー、ECといった業種に強く、中堅・中小企業の躍進を支える土台となっているのです。
現代のビジネスに求められるスピード感は数年前のものとは比べ物にならないほどに早くなっています。時には経営判断の軌道修正が必要になることもあるでしょう。そんな時にERPに格納された各種データは強力な判断材料となることでしょう。

経営にもスピード感を。スピード感がある経営判断の根拠としてのERP

ERP導入の2形態 ~オンプレミス型とクラウド型~

ERPの導入は主に2つの形態に分類することが可能です。その2つとは「オンプレミス型」「クラウド型」となります。そこでそれぞれのメリットとデメリットを把握しておきましょう。

オンプレミス型ERPのメリットとデメリット

オンプレミス型のメリット

強固なセキュリティ

オンプレミス型では社内ネットワークを利用するため、外部への情報漏えいやインターネットからの侵入といったリスクを低減できます。 また、自社の情報セキュリティポリシーを適用したシステムを構築しやすいという特徴もあります。

既存資産の有効活用が可能

オンプレミス型ERPでは、それまで基幹システムとして稼働していた既存システムの一部や、技術者のナレッジ、ノウハウを流用しつつERPと融合させるという導入が可能です。

オンプレミス型のデメリット

導入コストの高さ

オンプレミス型ERPは、専門知識を持った導入コンサルタント、エンジニア、ERPパッケージのアカウント料金、サーバーやネットワーク機器の購入が必要です。

導入期間の長さ

要件定義や業務プロセス分析、再構築から開始すると、最低でも半年から2年以上といった期間を要することも珍しくありません。

ランニングコスト

システムの運営費、人件費、法改正への対応、ソフトウェアのバージョンアップなどがオンプレミス型ERPのランニングコストです。

運用および保守人員の確保

オンプレミス型ERPの運用や改修には、専門知識を持った人員が必要です。自社でこれらを調達できない場合は、外注化する必要が出てきます。

クラウド型ERPのメリットとデメリット

クラウド型のメリット

導入コストの低さ

クラウド型ERPは、あらかじめ用意されたビジネスシナリオを適用することで、導入コストが大幅にダウンします。また、自社内に物理的なシステム環境を構築しなくても良いため、ハードウェアの購入費用もほとんど必要ありません。

短納期での導入が可能

クラウド型ERPは柔軟かつすばやい導入を目的として作られており、オンプレミス型ERPに比べると圧倒的な短納期での導入が可能です。

ランニングコストの安さ

クラウド型ERPの運用・保守では専属の人員が不要になることが多いです。特にSaaS型かつサブスクリプション契約を採用していれば、毎月一定の費用でERPの導入・保守・運用が可能になります。

クラウド型のデメリット

セキュリティ面の不安

インターネットを介したオンライン環境での利用が前提なため、データの送受信に高度な暗号化が必要となります。クラウド型ERPでは外部ネットワークからの脅威に留意しなくてはなりません。

カスタマイズ性がやや低い

多くのクラウド型ERPでは、パッケージを提供するベンダーの仕様に拘束されます。そのため、カスタマイズの自由度は下がる傾向にあるでしょう。必要な機能のみに絞って導入するなど、導入時の工夫が必要かもしれません。

オフライン環境で使用できない

オンライン環境での強みは、一方でデメリットでもあります。インターネット環境ありきのクラウド型ERPは、オフライン環境でその性能を発揮しにくいのです。インターネットに障害が発生すれば、機能が麻痺する可能性があります。

このようにオンプレミス型とクラウド型は一長一短な側面があり、どちらが優れているというわけではありません。一見、コスト面で不利な印象を持たれがちなオンプレミス型ERPであっても、堅牢なセキュリティやカスタマイズの自由度、既存資産(既存システムや技術的なナレッジ、ノウハウなど)の有効活用といったメリットがあります。どちらのタイプを導入するかは、企業の業種や業態、ビジネス規模によって適切に選択すべきでしょう。

ERPパッケージはどう選ぶ?

オンプレミス型、クラウド型双方の特徴を踏まえたうえで、どういった選択をすべきなのかを考えてみましょう。中堅・中小企業がERPの導入を検討する場合、次のような視点が必要になります。

  • 優れたビジネスシナリオを備えているかどうか
  • ビジネスの規模に合った最適なサイズかどうか
  • ランニングコストの低さ

中堅・中小企業が成長するためには、「ヒト・モノ・カネ・情報」をいかに低コストかつ短期間で最適化するかにかかっているといえます。そのため、できるだけ導入時の負担が軽く、ビジネス規模に応じてスケールしやすいパッケージが適しています。もちろん、ランニングコストが低いことも重要です。

これらを満たす可能性が高いのは、主にクラウド型のERPであるといえるでしょう。特に経営のベストプラクティスをビジネスシナリオとして結集しているクラウドERPならば、導入時の負担は圧倒的に軽くなります。なおかつ、導入後のビジネス成功にも貢献するでしょう。 また、経営者のリーダーシップがERP導入に大きく影響するため、中堅・中小企業の経営者がERPの導入フローについて知っておくことも大切です。ERPの導入フローに関してはこちらの資料で詳細に解説していますので、是非ダウンロードしてご一読ください。

E-Book 中堅・中小企業必見 ERP導入マニュアル ~課題把握、ERPの特徴、導入フロー、保守・運用までを徹底解説~

さらに導入時のコストと、導入後の収益改善を天秤にかけることも大切です。ERPは導入コストの大きさが「失敗のきっかけ」になることが多いためです。ただしこれは、導入時のコストが小さければ成功確率が上がるという意味ではありません。ERPの導入で期待される各種リードタイムの短縮、人的コスト、コミュニケーションコストの削減が具体的にどの程度の収益改善につながるかを試算する必要があります。

ERP導入の成功事例を大公開!

ここで実際にERPを導入して業務改革を成し遂げた成功事例を紹介します。

ERPを導入してから赤字なし!?

既存システムの老朽化が課題だった業界の中堅企業であるA社は、2004年からERPに可能性を見出し、導入を敢行。ERP導入後は、月次決算を約2週間から2日に短縮、在庫管理の精密化といった効果が表れました。導入以来、13年にわたり四半期決算での赤字なしという驚異のパフォーマンスを叩き出しています。

ERP導入で得られた思わぬ副産物

グローバルビジネスへの展開を見据えてERPを導入したB社では、ERP導入によってシステム効率化以外にもメリットがあったといいます。それは「現場社員の意識改革」です。ERPの導入後は、現場社員から「こういう使い方をすれば業務が改善する」といった意見が出ており、社員の成長を促す機会として意義があったと述べています。

ERPは企業から「属人化」を排除する

モバイルアプリケーションの開発を手掛けるC社では、ERPの導入で情報の可視化とリアルタイム化に成功しました。また、日本企業の多くで問題視されがちな「属人化」の排除も達成。それまで属人化していた管理業務がすべてオープンになるとともに、経営陣の投資判断の迅速化にもつながっています。

詳しくは、こちらの成功事例集をご覧ください。

ERP導入後の運用を成功させるには?

ERPの導入プロジェクトにおいては、コンサルタントやエンジニア以外の人材から知見を得なくてはなりません。特に現場業務に精通した担当者や、経営目線を持った責任者の存在は重要で、財務会計、管理会計、在庫購買、人事給与、販売・営業担当といった人材の手を借りていく必要があります。例えばこんな人材が必要です

経理担当者からさらなる高みへ。経営力を持った真のCFOに必要な3つのポイントとは?

また、ERP導入の目的をしっかり認識しておき、社員の間の共通認識として定着させておきましょう。ERPは全社的に影響が出やすいツールですから、部署間・部門間を横断した意識の統一が必要不可欠です。 導入プロジェクト終盤から実際の運用開始までには、以下のような点に留意する必要があります。

  • ユーザマニュアルの準備
  • 必要に応じてユーザトレーニング

いくら優秀なERPであっても、現場社員が使いこなせないことには、その効果を発揮できません。必要に応じてユーザマニュアルの準備やユーザトレーニングを行い、新しい業務システム(ERP)へのスムーズな移行を促しましょう。なお、直感的な操作が可能なUIを持つパッケージを選択すれば、マニュアル作成やユーザトレーニングの手間が省略でき、現場社員からの抵抗が少ないというメリットがあります。拠点間のIT環境統合を目的としている場合は、この2つの施策が特に重要です。

ERP導入におけるありがちな失敗例と対処法

ERPの導入では、多くの成功事例とともに失敗例も存在しています。しかし、失敗例にはいくつかのパターンがあり、対策を打つことで失敗のリスクを低減することが可能です。

ERPの運用が定着しない

最も一般的な失敗例のひとつといえるでしょう。既存システムに慣れている従業員からの反発で、ERPの活用が浸透しない例です。ERPが定着しない理由としては「パッケージ選定のミス」や「ユーザトレーニングが不十分である」といったものがあげられます。特にERPパッケージの選定は、従業員目線での使い勝手の良さが重要です。直感的に「見て理解できる」UIを実装していれば、ユーザトレーニングや通常業務の負荷が減っていくでしょう。また、経営者視点からは「経営のベストプラクティスをすぐ利用できる」ことも重要になります。導入後のビジネス的な成功は、ERPパッケージベンダーが持つビジネスシナリオの質にかかっているといっても過言ではありません。できるだけ豊富な実績と、多くの成功事例を持つパッケージベンダーの製品を選定すべきでしょう。

外部アクセスにより情報漏えいリスクが増大する

クラウド型ERPにおける最大の懸念事項といえます。しかし、強固なセキュリティ機能を持つERPパッケージの選定や、導入時のセキュリティポリシー策定で防止可能です。オンプレミス型ERPでは「オフライン利用」が可能な一方、クラウド型ERPではオンライン環境が必須です。そのため社外からモバイル端末のアクセスなどが活発になり、情報漏えいのリスクが増大していくのです。また、本社に導入済みのオンプレミス型ERPへ、子会社のクラウド型ERPが接続する場合にもセキュリティ対策が必要になります。この場合、本社のオンプレミス型ERP側は企業側が、子会社のクラウド型ERP側はパッケージベンダーがセキュリティ対策を施すのが通常です。オンプレミス型ERPの場合は自社でのセキュリティポリシー策定、クラウド型ERPでは強固な接続コンポーネントを持つパッケージベンダーの選定といった対策が重要です。

社内データが可視化できるのに部署間の連携が取れていない

ERPが導入されると、多くの業務データが可視化されるようになります。しかし、可視化だけでIT環境統合や業務効率化が達成されるわけではありません。ERP導入では部署間のデータ連携が肝になるからです。例えば、経理・財務部門にはERPを導入したものの、生産管理部門は旧来の既存システムを使用し続けるとします。このとき、既存システムとERPの連携がうまくいかないと、基幹システムとして機能しません。異なるシステムを同時に機能させるには、連携仕様の見直しや部門の垣根を超えた人材交流、相互理解などが必要になります。こういった「連携」に関する問題には、経営者のリーダーシップも大きく関係していきます。まず経営者が大号令をかけてERPの導入を宣言し、全社的に導入・運用を進めていけば部署間の連携不備は発生しにくくなるでしょう。

中堅・中小企業こそERPの導入を!

本稿の内容からもわかるとおり、ERPの導入は業務プロセスの刷新と強化、赤字体質からの脱却、グローバル展開といったメリットを生み出します。また、大企業の専売特許であった時代はとうに終わり、中堅・中小企業へのコンパクトかつ柔軟な適用が可能です。特に中堅・中小企業のERPとしては「クラウド型ERP」が適しているでしょう。短納期での導入、低いランニングコストを実現しながら、豊富なビジネステンプレートを用意しているクラウドERPならば、成長の礎となる可能性は高いといえます。
SAPが提供するクラウド型ERP「SAP Business ByDesign」は、導入時の負担を大きく削減できる「ビジネスシナリオ」の質と量で、他製品の追随を許さないという強みがあります。SAPは長らくオンプレミス型ERPの覇者として世界市場をけん引しており、世界中から経営のベストプラクティスを結集しているからです。SAP Business ByDesignはこのベストプラクティスをビジネスシナリオとして活用し、導入時の業務プロセス分析、再構築の手間を省きます。また、SaaS型かつサブスクリプション契約を採用しており、毎月一定の費用でERPの導入・保守・運用までが可能です。
SAP Business ByDesignなら、経営者のビジョンをすぐ形にし、中堅・中小企業のポテンシャルを開花させるきっかけと成り得るでしょう。SAPのクラウドERPで、数多くの成功事例を基に、次のステージへと自社をステップアップさせてみませんか。

関連タグ