注目の記事

  • SAP SALECT 2017
    今こそ、日本がふたたび世界をリードする存在に – SAP SELECT Tokyo 2017基調講演

    作成者:
    投稿日:2017年10月17日

    SAP SELECT Tokyo 2017の基調講演「It‘s time. 今こそ、日本がふたたび世界をリードする存在に。」で、SAPジャパン 代表取締役会長の内田士郎が最初に指摘したのは、第4次産業革命が日本でもようやく動き出し、業種を超えたコラボレーションが始まっていることでした。

  • IoTインダストリー4.0
    いまさら聞けないインダストリー4.0とIoT

    作成者:
    投稿日:2017年10月6日

    SAPの本社があるドイツ発の第4次産業革命「インダストリー4.0」。現在よりも一段と高度化した生産システムを目指すその取り組みは、IoT(モノのインターネット)の存在なくしては語れません。今回は、今さら聞けない「インダストリー4.0」とIoTについてみていきます。

最新の記事

記事総数:729



SAP S/4HANA の最新版、1709リリースが提供開始

パフォーマンス向上、直観的なユーザー・エクスペリエンスの実現、様々な業務別・業種別システム・ランドスケープのシンプル化など、さらなる機能拡張や最新の技術の取り込みを行っている最新リリースSAP S/4HANA 1709のハイライトをご紹介します。




「人材の見える化」が見せてくれるもの 第1回

「守りの人事から攻めの人事へ」というテーマで人事領域に関連するトレンドや考え方を紹介しています。今回は「人材DBの構築」について、意義・目的及び活用イメージの重要性と、人材DB構築における理想と現実のギャップについて紹介します。







意外と知らないAI(人工知能)進化の歴史 – 過去にもブームがあった!?

最近話題のAIは、決して突然発明されたものではありません。AIとは何かをより深く知るために、コンピュータ黎明期の1950年代から続く開発史と最新の取り組みについてご紹介します。また、AIに代替される業務が現れるなかで人間にしかできない仕事とは何かについても考えていきます。


テンプレート付き作成マニュアルで、旅費・交際費・経費規程を作ってみよう!

会社が拡大、業務が多様化するに従い、ビジネスも国内、海外におよび出張の頻度も増えていきます。「出張経費については経理部門がその都度判断して処理しています」という企業も、「出張旅費規程」や「交際費規程」としてルール化しておくと非常に便利です。





IT担当者がプロフィットセンターのリーダーに!?データ分析で真価を発揮するITプロの役割とは?

従来は社内の「困った」を解決する役割が主だったIT部門ですが、最近では事業への直接的な貢献が求められるようになってきています。裏を返せば、ビジネス拡大においてITはますます重要度を高めているのです。ITの役割の変化、さらにデータ分析とIoTの活用について解説します。



読み込み中
1 / 37123...102030...