Driving Innovation from Vision to Reality SAP Value Prototyping

投稿日:2020年10月1日

SAP Value Prototypingについて

デジタルトランスフォーメーション(DX)からGX、イノベーションはあらゆる分野で思考される時代となり、各種技術の発展と共にとても身近なトピックとなりました。

しかし企業経営の骨幹としてのSAPの検討や導入は、社内外の部門を巻き込みグローバル、プロジェクトは数年単位に渡るなど、元来の複雑化していく傾向に加え、目標到達までの時間的プレッシャーも強まり、「描いた姿の実現」のスピーディ、確実な実施が重要度を増しています。

SAP Value Prototyping は、ERPオンプレミスの時代から十数年来、早期にSAPシステム、ソリューションをご要望に応じて早期に構築しデモ、評価、時に懸念や問題の解決に向けたサービスを提供しております。

クラウドの時代に入り、お客様がSAPのシステム上で既に評価、実装する「百聞は一見に如かず」をSAPにて実感していただく機会をご提案し続けています。

Snavi_VP01

Value Prototypingの特徴としては、SAPソリューションやインダストリのエキスパート知識とソリューション環境、計画から実施までのスピードを重視しており、一括でご提供をする体制をとれる点となります。

Snavi_VP02

あるべき姿と到達するための道筋を明確に-Envision Workshop

お客様にて「SAPソリューション紹介を受け、POCを実施したいので手段を探している」等内容が明確にある場合には、具体的なPOCに向けての準備が可能となりますが、必ずしもそのようなケースばかりではなく、

  • お客様のビジネス上の要件においてSAPのソリューションでの実現性自体が問われている
  • 現在進行中のお客様社内での方向性がまとまらず、考慮すべき点や意思決定に関与する各署からの見解や合意が得られていない
  • どのように決定事項をIT、デジタル(SAP)の技術に落とし込んで実現するのか、不明瞭であり進められない

等の状況が、プログラム、プロジェクト等の単位での投資判断の問題点として浮上し、検討が進みにくい場合もあります。

そのような際の打開策の一案として、Value Prototyping では、Envision Workshopという手法を用いて、関係者で参集、討議してあるべき姿を明確に描いた上で優先度をつけ、SAPのソリューションや検討活動を具体的なロードマップ化した上で共有する手段をご提案しております。

Snavi_VP03※現在はツールを使用したオンラインでの開催となります。

 

ソリューションのプロトタイピング - Prototyping Acceleration

SAPソリューション(オンプレミス・クラウド)のプロトタイピング(POC)については、随時多数のケースが実施されており、SAP S/4HANAを中心にSAPソリューション、またSAP外のソリューションを含めた連携も含め、お客様のご要望に合わせた形にて短期~長期の取り組みが実施中となります。

例としては、

  • SAP S/4HANAご検討時の環境上にてValue Discoveryの上Fit-To-Standardアプローチの検証
  • ECC/ERPからSAP S/4HANAへのトライアルコンバージョン
  • DMC(Digital Manufacturing Cloud)、AIN(Asset Intelligent Network) Industry4.0関連のソリューションサンプル実装
  • MDG(Master Data Governance)クイックスタート(ソリューションの短期実装)
  • Cloud Platformを使用したお客様固有のご要件の短期開発(モバイルアプリ連携等)
  • SAP Central Finance (C-FIN)等お客様固有データを投入した部分実装POC
  • CLIMATE21-Product Carbon Footprint Analytics、経営課題検討と部分実装
  • RPAを活用したSAP GUI上の作業の入力簡易化のサンプル実装

等、SAPからのリリース直後のプロダクト、ソリューション等は特にご一考いただく価値があるサービス内容となります。

 

イノベーションとコストの最適なバランスを目指して
Strike the Right Balance between Innovation and Cost

Snavi_VP04

Value Prototypingは迅速なイノベーションの導入をクラウド上で実装、可能な限り設計済の再利用可能な技術を応用するなど、実現に向けた活動を低コストでサポートし、ITプラクティスと企業全体のビジネス戦略とのバランスを目指しています。

SAPの新たな製品やご提案と共にValue Prototypingの活動も日々変化を遂げており、再度ご案内を差し上げる予定となります。

連記事