“プラットフォーム”へと進化するSAP HANAと技術者の今を捉える

作成者:新井 智投稿日:2015年5月1日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Business people talking in office社内システムの開発者・技術者(以降、技術者と表現)を取り巻く環境が大きく変化しつつあります。クラウド、ビッグデータ、アナリティクス、IoT―。急速な技術の進化とともに、経営層や現場からの要求も高度化しているのではないでしょうか。社内の技術者に求められるスキルは、これまでのような既存の基幹システムやインフラの安定・効率運用という視点に加えて、ビジネス目標の達成を支援するあらゆる知見、ノウハウがより強く求められるようになってきています。

この記事では、社内システムの開発や運用はこれからどう変わっていくのか、その変化に適応するために考えておきたいポイントについて、SAPの視点から整理したみたいと思います。

複雑化したITランドスケープの限界

企業におけるITシステムは、過去数十年にわたり、個別最適されたテクノロジーを組み合わせることで業務上の課題を解決してきました。しかし、この個別最適は一定の成果をもたらす一方で、「複雑性」という新たな障壁をもたらしました。たとえば、データの取得および保管から分析、予測への活用という流れを考えると、従来の複雑なデータベースとシステム環境では、データベースの処理速度の限界などから、分析作業に先立って目的別のキューブやデータマートを作成することで対処せざるを得ませんでした。

しかしこのようなアプローチでは、経営層や現場から期待されるより高度な要求に応えることができません。彼らの要求は「特定用途に限定された分析軸かつ、社内外の膨大なデータを反映した、今すぐ使えるインサイト(洞察)」なのです。

Picture1

複雑性を排除するSAP HANAの設計思想

こうした複雑性を極限までシンプル化するソリューションとして、SAPはインメモリープラットフォームSAP HANAを提供しています。SAP HANAは、基幹システムを含めたあらゆるITシステムを1つのプラットフォームに移行・集約し、従来のあらゆるシステムの垣根を排除します。そして、データ分析の高度化はもちろん、システム改修も容易にします。このSAP HANAの設計思想こそが、SAPが追い求めるITランドスケープのシンプル化です。

Picture2

インメモリーテクノロジーについて、他社と比較されることが多いSAP HANAですが、前述したように従来のテクノロジーに付加する形で構築された他社の製品とは基本的な設計思想が異なります。市場投入から約4年が経過し、その位置付けはすでに「インメモリーデータベース」から「インメモリープラットフォーム」へと進化しています。

SAP HANAプラットフォームは、超高速なデータ処理を可能にするインメモリーデータベース機能に加え、OLTP(トランザクション処理基盤)とOLAP(情報分析基盤)の統合、データ仮想化技術であるスマートデータアクセス機能による他の情報ソース・情報システムとの連携強化、ビッグデータ分析に対応するカスタム開発アプリケーション、サードパーティのソフトウェアなど、あらゆる企業システムに対応できるプラットフォームとなっています。

Picture3

これからの技術者の立ち位置とSAP HANA

冒頭でも触れた通り、技術者に求められるスキルは確実に変化しています。社内システムの安定・効率運用を担保するべく、個別最適されたテクノロジーについての局所的なスキルの追求はこれからも求められますが、併せて経営層や現場からの要求に応えうるITランドスケープを実現するための、開発・運用スキルの習得も必須となってくるでしょう。さらに、一からのスクラッチ開発だけでなく、SAP HANAに代表される統合プラットフォームを使って何が実現できるか、というビジネス視点に立った取り組みや提案も重要となってくると思われます。

SAPでは、下記の日程でSAP HANAプラットフォームに特化する形で最新情報や開発・運用方法、さらに導入事例などをご紹介する国内初のテクノロジーイベントを開催します。セッションでは、SAP HANAの最新機能やロードマップ、SAP HANAプラットフォームにおける開発や運用手法についても解説する予定です。ご興味ありましたらぜひ以下からセッションへの参加をご検討ください。

~ 開発先駆者が拓くITの新時代・SAP HANAの祭典 ~

≪開催概要≫
【日時】2015年5月20日(水) 10:00~19:00 (受付開始 9:30)
【会場】ベルサール神田
【主催】SAPジャパンジャパン株式会社
【参加費】無料・事前登録制
【定員】300名
【詳細・お申し込み】  http://www.sap.com/japan/techjam/

≪プログラム≫
開発者、技術者向けイベントとしてその内容を吟味しており、従来からのSAP技術者のみならず、SAP HANA上でオープンな技術を活用して新たな価値創造を目指す方々にもお応えできるよう、また、SAP S/4HANAの技術情報も盛り込むなど、魅力あるコンテンツ満載となっています。

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • MLBアストロズ球団に見るデータドリブン経営に向けた日本型変革モデル

    今年5月に発表されたIMD国際競争力ランキングで、日本は対象国63国中、97年以降最低となる30位となりました。
    評価基準の一つであるビジネスの効率性の評価が低く、その中でも企業の意思決定の機敏性、ビッグデータの活用や分析といった項目については63位と最下位の評価でした。順位付けには日本の経営者へのアンケート調査が反映されていることから、日本企業の経営者自らが、データを活用した経営の高度化への取り組みに大きな問題を感じていることがわかります。
    今回のブログでは、なぜ日本企業ではデータ活用型経営が上手くいかないのか、その処方箋は何なのか? について述べさせていただきたいと思います。
    そのため?にも、まずはある海外のスポーツチームの例からスポットを当ててまいります。

    続きを見る

  • 第7回:人材育成の為の目標管理とは

    続きを見る

  • SAP S/4HANAの拡張機能開発を強力に支援するSAP S/4HANA Cloud SDK

    SAP S/4HANA拡張アプリケーションの構築から展開にいたるライフサイクル全体にわたる機能群を追加したSAP S/4HANA Cloud SDKの特徴をご紹介いたします。

    続きを見る

SAPからのご案内

着記事お知らせメール登録

ブログ記事の情報をメール配信しています。

以下にご指定のメールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックすると、確認メールが送信されます。そのメールに記載されているURLをクリックすることで登録が確定されます。また、登録の解除も以下からお願いします。


メールアドレス