SAP BIツールの比較と使い分け方


SAPはBIマーケットに対してさまざまな先進的なツールを提供しています。それは既存システムとのベスト・オフ・ブリードで活用されているSAP BusinessObjects Web Intelligenceであったり、帳票のデファクトスタンダードであるSAP Crystal Reportsであったり、また最近ではエンタープライズ環境との融合で、データ分析を現場のユーザーに解放するデータビジュアル化ツールSAP Lumiraであったりしますが、何だか種類が多くてどのシナリオでどのツールを使うべきか分かりにくく感じられるかもしれません。

1

一般的な使い分けを説明する際には、帳票(Reporting)、ダッシュボード(Dashboards & Apps)、分析(Discovery & Analysis)などの利用シナリオで推奨ツールを分類したり、利用ユーザー層で分けたりしています。

2

このブログでは少し違った視点で、どのように分析をしたいか?何を出したいか?などによる使い分けを紹介していきます。

  1. SAP Business Warehouseのデータをモダンなユーザーインターフェースで分析したい
  2. SAP HANAで大量データの参照・分析をしたい
  3. 自分の分析スタイルにあったツールを使いたい
  4. 帳票にしたい

1.  SAP Business Warehouseのデータをモダンなユーザーインターフェースで分析したい

SAPのBIツールではSAP Business Warehouseのインフォキューブ、BExクエリーをモダンなユーザーインターフェースで分析することができます。またバージョン4からSAP Business WarehouseネイティブであるBICSインタフェースを採用したことにより、データアクセスのスピードが格段と向上しています。しかしツールによっては階層定義がフラット化されたり、BExクエリーデザイン時に定義した属性(通貨変換など)が取り込めなかったりします。