openSAP – SAP HANA Cloud Platform日本語コースの開始

作成者:山澤 雅史投稿日:2016年4月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAPジャパンの山澤です。

皆さん、SAPの製品や技術の取得はどのように行っていますか?

SAPもしくはパートナ企業殿が提供するセミナーやトレーニングコースへの参加であったり、オンライン提供されている各種ドキュメントから、もしくはコミュニティサイトへの参加であったりと、その方法はさまざまだと思います。

今回はopenSAPにおいて日本語での開催が予定されている SAP HANA Cloud Platform(HCP) コースについてご紹介したいと思います。

openSAPに関しては以前のBlogでも簡単に紹介させて頂きましたが、SAP社が提供する無料のオンラインの教育コースで、最新情報が習得できるグローバルプログラムで以下のような特徴を持っています。

・オンラインで提供され、インターネットに接続するあらゆるデバイスからアクセスできます。

・受講期間は、平均5~7週間です。

・映像の教材とプレゼン資料、そして自己採点のテストで構成されます。

・映像教材の受講時間は、平均90分です。

・毎週の課題と最終試験を修了した参加者には、修了証が与えられます。

RecordOfAchievement

修了証のイメージ

今回このopenSAPのコースで 5月10日より”SAP HANA Cloud Platform Essensials” コースが開講されます。

以前に ”Introduction to SAP HANA Cloud Platform” として開催されていたコースを製品の最新状況に合わせて見直したものになります。

Opensap_e_1

この”SAP HANA Cloud Platform Essensials”の日本語字幕付きのコースが同時にオープンします。

コース内容は以下が予定されています。

第 1 週:基本

第 2 週:セキュリティ

第 3 週:コネクティビティ

第 4 週:永続性

第 5 週:IoT とコラボレーション

第 6 週:追加サービス

第 7 週:最終試験

 

過去にopenSAPに興味がありながらも二の足を踏んでいた方も、SAP HANA Cloud Platformの提供する基本機能や各種サービスを知るよい機会です。

是非この機会に受講してみませんか?

 

また、openSAPにはその他にもSAP HANA Cloud Platform関連コースとして

などもあります。

こちらはまだ日本語化はされていませんが 過去の開催コースの後日受講も可能ですので是非次なるステップとしての受講をご検討ください。

SAPジャパンのプレスリリース:
『SAPジャパン、SAP® HANA Cloud Platformの技術者拡大に向け、無償のオンライントレーニングコース を提供開始』

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • SAPサステナビリティ経営実践事例

    業界により濃淡はあるものの、サステナリティ経営は5年後、10年後市場でプレイヤーとして勝ち残るためのエントリーチケットと語る経営者は少なくありません。デジタルトランスフォーメーションのありた姿とロードマップ描く際には、サステナビリティを経営戦略から事業オペレーションを落し込み、非財務・財務データを繋ぐ仕組みをどのように作るかという視点が重要になると同時に事業そのものをサステナブルにする鍵になると思われます。

    続きを見る

  • ワールドワイドで社会課題の解決を目指す凸版印刷のデジタル&サステナブルトランスフォーメーション

    1900年の創業以来、多方面に事業領域を拡大している凸版印刷株式会社。同社はデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進基盤としてSAP S/4HANA、SAP HANA Enterprise Cloud、SAP Business Technology Platform(SAP BTP)の3製品を採用しました。DX関連事業の加速、国内外のグループシステム統合による全体最適化、高度な人材育成を推進している同社の思いを紹介します。

    続きを見る

  • 三井金属鉱業「匠の技」のデジタル化により習熟期間を大幅に短縮

    1874年の創業以来、非鉄金属素材分野で世界をリードし続ける三井金属鉱業株式会社。同社では中期経営計画「19中計」において、「ありたい姿を実現する成長基盤の変革」を掲げ、全社的に生産性向上、デジタルトランスフォーメーション(DX)、スマートファクトリー化等のICT改革に取り組んでいます。その中でも、同社の主力を担う銅箔事業部での「スマート・ファクトリー・プロジェクト」は、日本の製造業全体が抱える属人化の問題を解決し、工場運営の高度化を実現するものでした。SAP Japan Customer Awardで「Innovation」部門でアワードを獲得した同社でのSAP Cloud Platformを使った取り組みや今後の展望を伺いました。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら