SAP S/4HANAを支えるもう一つの技術基盤 - SAP NetWeaver Application Server ABAP 7.5


SAPジャパンの山澤です。

SAPが第4世代のERPとして提供するSAP S/4HANAも既に多くのお客様に提供が行われてきています。このSAP S/4HANAを支える技術基盤と言えば、インメモリープラットフォームであるSAP HANAを思い浮かべる方がほとんどだと思います。SAP S/4HANAの技術的特徴の一つであるデータ構造のシンプル化もこのSAP HANAの技術があったからこそ実現が可能になったといえます。

話が飛んでしまいますが、SAP ERPを語るときに切り離せない基盤としてSAP NetWeaver Application Server(AS) ABAPがあります。SAPと言えば、”ABAP”ということで、グローバルでは4万を超えるERP顧客での本番利用とともに4.5百万を超えるABAP開発者が登録されています。

SAP NetWeaver AS ABAPはSAPのビジネスソリューションにおけるキーテクノロジーであり、それはSAP S/4HANAにおいても変わりません。

前置きが長くなってしまいましたが、本ブログではSAP S/4HANA, on-premise editionで使用されるNetWevaer Application Server ABAP 7.5(以降NetWeaver7.5)に関してその特徴をご紹介したいと思います。

SAP NetWeaver Application Server ABAP 7.5

NetWeaver7.5はNetWeaver7.4の後継バージョンであり、SAP S/4HANAだけではなく、SAP Business Suite Enhancement Package 8においても利用されます。そのため、サポートデータベースはSAP HANAのみでなく、他のDBもサポートします。

ABAP7.5_1

また、次世代のSAP Business SuiteであるSAP S/4HANAに必要とされる要求を満たすために、DBプラットフォームとしてのSAP HANAをより容易に利用でき、従来のSAP ERPと互換性をもちシンプルで標準化されたデータモデルとUXパラダイムとしてのSAP Fiori による業務アプリケーション共通のユーザ体験に関して強化、拡張されました。

NetWeaver7.5では下記のような幾つかの特徴を備えています。(一部機能はNetWeaver7.4のSPレベルで実装されているものも含みます)

SAP HANAに最適化されたABAPアプリケーション開発

SAP NetWeaver Application Server ABAPとSAP HANAの連携に関しては2012年にSAP HANAを別サーバとして配置するSide By Sideシナリオとして開始されました。 NetWeaver7.4において SAP HANAの強力な能力をABAPベースのアプリケーションに容易に活用するために最適化されました。

NetWeaver7.5においては Open SQL, ABAP Core Data Services (CDS) and ABAP managed Database procedures (AMDP)などの領域で新しい強力な機能を提供ししています。

用語補足

OpenSQL: DBに依存しないABAPから使用するSQL

Core Data Services(CDS): SAP HANA およびABAPで使用可能なデータモデルの定義や利用のためのサービス

ABAP Managed Database Procedures (AMDP): データベースプロシージャを直接ABAPで記述することができる機能

ABAP7.5_2

簡易かつ簡潔なコードのためのABAP言語の新しい特徴

インライン宣言や類推型、コンストラクタなどの拡張による簡潔なコードが可能になっています。

開発者の生産性を上げるためのEclipseツールの拡張

ABAP Development Tools in Eclipse (ADT)はSAP HANA に最適化されたABAPプログラム開発をフルサポートする統合開発環境です。

7.5においてはAMDPデバッガー、CDS graphical editorのような新機能により効率的な開発を可能にしています。

SQL標準のカバー範囲拡張

SQL標準により近い構文や機能が利用できるようにOpen SQLが拡張されています。

ABAP7.5_3

SAP Fiori アプリケーションのための効率的なプログラミング

効率的プログラミング・モデルを提供することによって、SAP Fioriアプリケーションの容易な開発を可能にします

  • CDSデータモデルのUIへのODataの容易な公開
  • 分析アプリのためのALVのようなHANA最適化サービス
  • トランザクション、エラーとイベントハンドリングサービス、など

ABAP7.5_4

インダストリ4.0やビックデータのシナリオサポートを可能にするダイレクト通信の実装

SAP NetWeaver AS ABAP 7.5は、ABAPチャネルを用いネィティブなTCP/IPを通じたセンサーやマシンとの直接の通信を可能にすることによるインダストリ4.0のシナリオの実現を容易にします。

ABAP7.5_5

まとめ

以上 SAP S/4HANA, on-premise editionやSAP Business Suiteのアプリケーション基盤となるSAP NetWeaver AS ABAP7.5に関してその特徴の一部を紹介させていただきました。

SAP NetWeaver AS ABAPの持つ開発サポートのための機能がビジネスサイドの要求するニーズを容易にかつ強力に実現するための手助けになると思います。

各々の機能に関してより詳細に確認したい方は、ぜひこちらをご覧ください。

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)

SAP Tech JAM
技術者が創る未来の話をしよう。SAPテクノロジーの祭典

≪開催概要≫
【日 時】2016729日(金) 11:5019:30
【会 場】グランドプリンスホテル新高輪
【主 催】SAPジャパン株式会社
【参加費】無料・事前登録制
【対 象】データベースエンジニア、開発者、SAPプラットフォームにおけるJava/UX開発者、SAPアプリケーションエンジニア、ABAP開発者、システム設計、運用、アーキテクト【ご紹介するSAP製品】
 ・SAP HANA
 ・Sybase – ASESQL AnyWhere
 ・SAP HANA Cloud Platform (HCP)
 ・Analytics – BIPredictive AnalyticsSAP BusinessObjects CloudDesign Studio
 ・SAP S/4HANA
【詳細・お申し込み】https://forum.sapevent.jp/jam.html
【併 催】
■7月28日開催
・SAP HR Connect
・SAP Ariba Commerce Innovation Forum
■7月29日開催
・SAP Forum
≪プログラム≫
SAP Tech JAMは開発者、技術者向けイベントとして、従来からのSAP技術者のみならず、SAP HANA上でオープンな技術を活用して新たな価値創造を目指す方々にもお応えできるような魅力あるコンテンツを満載してお届けします。セッションやハンズオンセッション形式のほか、ミニシアターや展示ブースにて、ライブ感あふれる最新テクノロジー情報を、インタラクティブに発信いたします。