SAP S/4HANAと他ソリューションとの統合


SAPジャパン 山澤です。

本Blogでは SAP S/4HANAと 他ソリューションとの統合を題材に紹介を行います。

SAPは顧客の要件に応じて、SAP S/4HANA Enterprise Managementの提供するビジネスプロセスのみならず、SAPのクラウドソリューションやサードパーティ製アプリケーションと統合したソリューションを提供します。

このソリューションの一端を担うのが、SAPがSoftware as a Service(SaaS) クラウドアプリケーションとして提供している

  • 人事管理ソリューションである「SAP SuccessFactors」
  • 非正規雇用者管理システムの「SAP Fieldglass」
  • 経費精算ソリューションの「Concur」
  • 購買ソリューションの「SAP Ariba」
  • マーケティングソリューションの「SAP Hybris」

などのソリューションです。

これらをSAP S/4HANAの中核機能と統合させて、様々な機能を提供します。

SAP S/4HANAとクラウドソリューションとの統合

S4+Integration+Blog+image

 

SAP S/4HANAとクラウドベースのアプリケーション上の統合は、Web Services, オンプレミスの SAP Process Orchestrationミドルウェア, または SAP HANA Cloud Platform, integration service (旧SAP HANA Cloud Integration)によって実現され、データや処理は、安全かつ確実に連携することができます 。

SAP HANA Cloud Platform, integration serviceは、SAPのSaaS型クラウド統合ミドルウェア製品であり、 SAPのSaaSソリューションとSAP S/4HANAやSAP ERPと統合するための標準の統合コンテンツを提供します。 SAP HANA Cloud Platform, integration serviceが提供する統合コンテンツに関してはここで確認することができます。

これらのミドルウェア製品に関しては、是非以下の記事もご参照ください。

 

以降では、SAP S/4HANAとSAPのSaaSソリューションとの統合(Integration)について、シナリオを例に紹介します

SAP S/4HANASAP SuccessFactors Employee Centralの統合

ここでは SAP SuccessFactors Employee Centralを HRのマスタシステムとして使用し、SAP S/4HANAをバックエンドシステムとして使用するケースを想定します。

  • 旅費経費や購買のようなビジネスプロセスのための従業員”employee”データの統合
  • 企業の組織階層やレポートラインのような情報の同期のための”organization”データの統合
  • コストセンターやコストセンター割り当てのための”financial”データの統合

が必要となります。

HR-SFSF_integration

SAPは このシナリオに対する事前定義済み統合コンテンツを提供します。

SAP SuccessFactors Employee Centralから SAP S/4HANAへの従業員データの統合はWebサービスベースで行われ、スケジューリングされたジョブにもなれ、初期ロードも変更分のみの差分ロードもサポートしています。 組み込みの拡張オプションは コード変更を必要とせずに業務や個人情報レベルの特別に要求されるカスタム属性のデータ統合を拡張強化することが可能です。これは構成変更により実現することができます。

関連フィールドのマッピングは、SAP S/4HANA、およびSAP SuccessFactors Employee Centralとの間でデータの一貫した転送をするために設定されています。

 

SAP S/4HANAと購買発注、請求書の自動化

購買発注、請求書の自動化シナリオはSAP S/4HANA と SAP Aribaのビジネスプロセス統合により提供できます。

このシナリオによりバイヤーと供給者間の購買書類のやりとりなどの運用コストの削減を可能にします。

また、準拠した文書処理を自動化するために文書交換をデジタル化することにより、構成可能なビジネスルールを使用して調達支払プロセスを最適化します

Ariba-S4_integration

この統合シナリオでは、電子的に取引先に発注書を転送し、逆に電子的に請求書を受け取ることができます。 請求書がオーダの数を確実に超えないように、または公差を可能にするネットワーク上のルールを設定することができます。

SAPは、SAPのAriba Networkに電子的にSAP S/4HANAからの購入注文データを送信するだけでなく、自動的にSAP S/4HANAで請求書としてAriba Networkのサプライヤからの請求額を受信するための定義済みの統合とフィールドのマッピングを提供します。

SAP Ariba Networkとの統合は、SAP S/4HANAに備わっており、ガイド付きの構成によってSAP S/4HANAに確立することができ、また、Aribaのアカウントで設定することができます。ミドルウェアは必須ではありませんが、企業ポリシーに応じて、クラウドのSAP HANA Cloud Platform, integration serviceやオンプレミスのSAP Process Orchestrationミドルウェアを使用することも可能です。

まとめ

SAPは、顧客要件に応じて様々な業務プロセスに対応するソリューションとそれを実現するための柔軟な方法を提供します。

  • SAP S/4HANAは、SAPの提供するSAP SuccessFactorsなどのクラウドソリューションやSAP Aribaなどのビジネスネットワークと密に統合されます。
  • SAP S/4HANAは展開の選択(クラウド やオンプレミス)に基づき、統合技術としてもいくつかの選択肢を用意しており、具体的にはWeb Service, SAP Process Orchestration, SAP HANA Cloud Platform, integration serviceによる統合ソリューションを提供しています。
  • SAP S/4HANAは、事前設定されたベストプラクティス、ガイド付き設定、およびプログラムを活用することでクラウドまたはオンプレミス展開モデルでも容易に統合が可能です。

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)

SAP Tech JAM
技術者が創る未来の話をしよう。SAPテクノロジーの祭典

≪開催概要≫
【日 時】2016729日(金) 11:5019:30
【会 場】グランドプリンスホテル新高輪
【主 催】SAPジャパン株式会社
【参加費】無料・事前登録制
【対 象】データベースエンジニア、開発者、SAPプラットフォームにおけるJava/UX開発者、SAPアプリケーションエンジニア、ABAP開発者、システム設計、運用、アーキテクト【ご紹介するSAP製品】
 ・SAP HANA
 ・Sybase – ASESQL AnyWhere
 ・SAP HANA Cloud Platform (HCP)
 ・Analytics – BIPredictive AnalyticsSAP BusinessObjects CloudDesign Studio
 ・SAP S/4HANA
【詳細・お申し込み】https://forum.sapevent.jp/jam.html
【併 催】
■7月28日開催
・SAP HR Connect
・SAP Ariba Commerce Innovation Forum
■7月29日開催
・SAP Forum
≪プログラム≫
SAP Tech JAMは開発者、技術者向けイベントとして、従来からのSAP技術者のみならず、SAP HANA上でオープンな技術を活用して新たな価値創造を目指す方々にもお応えできるような魅力あるコンテンツを満載してお届けします。セッションやハンズオンセッション形式のほか、ミニシアターや展示ブースにて、ライブ感あふれる最新テクノロジー情報を、インタラクティブに発信いたします。