SAP S/4HANAをさわってみよう- SAP S/4HANAトライアル環境でCDS Viewを確認


SAPジャパン 山澤です。

前回は SAP S/4HANA (以降S/4HANA)のSAP Cloud Appliance Library(CAL)にあるトライアル環境をAmazon Web Service (AWS)上に展開を行いました。

これで とりあえずS/4HANAをお試しいただける環境が整いました。

それでは 「SAP S/4HANA embedded analytics を構成する要素技術を理解しよう!」の投稿で紹介されましたQuery Browserなどのツールを使用してS/4HANAの重要な構成要素であるCore Data Services (CDS) Viewをこちらの環境を使用して確認してみましょう。

Query BrowserによるCDS Viewの確認

Fiori Launchpadを起動します。

Fiori_login

Query Browserを起動します。ここで使用可能なCDS Viewの一覧を確認することが可能です。

Query_browser_1

ここでは C_DAYSSALESOUTSTANDING を選択します。

Query_browser_2

(注)今回のCALのトライアル環境においてCDS Viewによる出力結果の表示を“Open in Design Studio” で確認するためには、追加で環境設定が必要となります。

ここではAnnotation Tabによる情報を確認します。

Query_browser_3

Annotation Tabから SQL Viewの名前を取得します。

ABAP Dictionaryの確認

次に SAP GUIで ABAP Dictionary maintenance (SE11)を起動します。

ここで先ほどのSQL Viewの名称を挿入します。

Query_browser_4

使用されているパッケージ名が確認できます。

Query_browser_5

続いて パッケージ名をダブルクリックすることでパッケージ階層が確認できます。

Query_browser_6

ABAP Development ToolsによるCDS Viewの確認

次に ABAP Development Tools を使用して先のパッケージを確認します。

Query_browser_7

open ABAP Development Objectもしくは Project Explorer内のData Definitionsで

CDS Viewを確認します。

Query_browser_8

C_DAYSSALESOUTSTANDING をダブルクリックすることで CDS Viewの定義が確認できます。

Query_browser_9

このCDS Viewは他のCDS Viewである I_DAYSSALESOUTSTANDINGの上に構築されていることが確認できます。

続いて I_DAYSSALESOUTSTANDING を開いてみます。

Query_browser_10

さらに、右クリックによるコンテクストメニューからここでデータを確認することもできます。

Query_browser_11

パラメータを必要とするCDS Viewに関して、パラメータ入力のポップアップが表示されるので、必要な情報を入力し実行します。

Query_browser_12

Query_browser_13

これにより、CDS Viewのデータ確認が可能です。

まとめ

今回は 前回作成した SAP S/4HANAトライアル環境を用い S/4HANAの特徴ともいえるEmbedded Analyticsの構成要素であるCDS Viewをいくつかのツール介して確認をしてみました。

CALを使用することで、各種の検証や設定済みシナリオの確認なども容易に行うことができますので、是非活用してみてください。

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)