Apple Pay にも対応。Suica / PASMO と Concur Expense の便利な連携

作成者:柿野 拓投稿日:2017年3月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コンカーの柿野です。今日は日頃の電車移動には欠かせない Suica / PASMO などの交通系ICカードと Concur Expense の便利な連携機能をご紹介します。皆様がお使いの交通系ICカードには利用区間情報が完璧に保存されており、読み取り端末との連携で Concur Expense にまとめてアップロードができます。

手帳やカレンダーを片手に、電車の利用運賃検索サイトとにらめっこがなくなります!

Concur は世界で約8兆円を超える経費処理をしていますが、日本で発生している経費データを分析すると、約半分が電車を利用した近隣交通費で占められています。電車利用は頻度が高く、かつ運賃は一円単位なので、経費入力に相当な手間と時間がかかっているはずです。

現在、これら交通系ICカードと Concur Expense との連携する端末は2種類あります。

筐体名称 ピットタッチ Dタッチ(2017年4月発売予定)
筐体イメージ 1480384094317-pitto 1488360935906-android
提供企業 株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
提供形態 専用端末 Android端末
公衆回線接続 ×
Wifi接続
バッテリー内蔵 ×
設置場所 タイムカード端末側、社員入口付近など チームごとに端末を保有、入力補助ツールとして活用
特徴 有線LANで接続させたい、社内Proxyを経由させたいなど、高度なセキュリティ要件があり、支店・フロアー毎など比較的大規模に経費入力を自動化したい企業 安価かつスピーディに設置したい企業向け。Wifi接続または公衆回線接続により室内の工事が不要

 

上記の端末にSuica / PASMOをかざすと、利用区間、運賃、日付情報が Concur Expense に取り込まれます。また、私用で使った業務外の経費情報は Concur Expense で個別に除外できますし、定期区間内の運賃は自動控除されます。

しかも Apple Pay や Android にも対応スマホだけで電車移動と経費入力が自動化されます。

仕事は短い時間で効率的に。さぁ、コンカーとご一緒にスマートに働きましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • 【7/10 東京開催】先進事例に学ぶ デジタルトランスフォーメーションで攻める財務経理とIT

    政府が掲げる「働き方改革」を背景に、企業の経営課題として、業務のデジタル化による生産性向上の重要性が大きくクローズアップされています。一方で、デジタルテクノロジーの進化によって、財務経理のペーパーレス化や自動化が大きく進展しつつあります。
    本セミナーでは、デジタル化の先進的な取り組みとしてエプソン販売様、ルネサス エレクトロニクス様をお迎えし、電子帳簿保存法を活用した領収書や請求書のデジタル化を中心に具体的な施策をご紹介します。

    続きを見る

  • 請求書の電子化とは?請求書のために会社にいかなくても良くなるってホント!?

    働き方改革やテレワーク推進のため、証憑類の電子化に注目が集まっています。なかでも、請求書は紙での承認フローやファイリングによる7年の保存義務など煩雑でアナログな作業が必要であり悩みの種。何とかしたい!とお思いの皆様も多いのではないでしょうか?今回の記事では、請求書の電子化の概要とメリット、及び業務のbefore/afterをご紹介します。

    続きを見る

  • HRシステムを核としたNittoのグローバルHR施策の再構築

    2020年6月24日~26日、第25回目を迎えるSAP HR Connect 2020が開催されました。昨今の情勢を踏まえ初のオンライン開催となった今回、グローバルHRの課題解決と推進に果敢にチャレンジする2社の人事リーダーによる講演およびSAP社員との対談と、SAPの最新テクノロジーを紹介する計3つのセッションが行われました。経営を支える明日の人事の役割に迫る、各セッションの見どころをお伝えします。

    続きを見る

SAPからのご案内

着記事お知らせメール登録

ブログ記事の情報をメール配信しています。

以下にご指定のメールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックすると、確認メールが送信されます。そのメールに記載されているURLをクリックすることで登録が確定されます。また、登録の解除も以下からお願いします。


メールアドレス