Apple Pay にも対応。Suica / PASMO と Concur Expense の便利な連携


コンカーの柿野です。今日は日頃の電車移動には欠かせない Suica / PASMO などの交通系ICカードと Concur Expense の便利な連携機能をご紹介します。皆様がお使いの交通系ICカードには利用区間情報が完璧に保存されており、読み取り端末との連携で Concur Expense にまとめてアップロードができます。

手帳やカレンダーを片手に、電車の利用運賃検索サイトとにらめっこがなくなります!

Concur は世界で約8兆円を超える経費処理をしていますが、日本で発生している経費データを分析すると、約半分が電車を利用した近隣交通費で占められています。電車利用は頻度が高く、かつ運賃は一円単位なので、経費入力に相当な手間と時間がかかっているはずです。

現在、これら交通系ICカードと Concur Expense との連携する端末は2種類あります。

筐体名称 ピットタッチ Dタッチ(2017年4月発売予定)
筐体イメージ 1480384094317-pitto 1488360935906-android
提供企業 株式会社スマート・ソリューション・テクノロジー 株式会社NTTデータ・スマートソーシング
提供形態 専用端末 Android端末
公衆回線接続 ×
Wifi接続
バッテリー内蔵 ×
設置場所 タイムカード端末側、社員入口付近など チームごとに端末を保有、入力補助ツールとして活用
特徴 有線LANで接続させたい、社内Proxyを経由させたいなど、高度なセキュリティ要件があり、支店・フロアー毎など比較的大規模に経費入力を自動化したい企業 安価かつスピーディに設置したい企業向け。Wifi接続または公衆回線接続により室内の工事が不要

 

上記の端末にSuica / PASMOをかざすと、利用区間、運賃、日付情報が Concur Expense に取り込まれます。また、私用で使った業務外の経費情報は Concur Expense で個別に除外できますし、定期区間内の運賃は自動控除されます。

しかも Apple Pay や Android にも対応スマホだけで電車移動と経費入力が自動化されます。

仕事は短い時間で効率的に。さぁ、コンカーとご一緒にスマートに働きましょう!