顧客行動を常にウォッチして、興味をもった“タイミング”を逃さない。ストリーミング・データ活用という考え方


突然ですが、もしこのブログをお読みの皆さんが、新しい海外旅行パッケージ商品のWeb販売担当者だったら、どんなWeb広告のプランを立てるでしょうか? 通常であれば、まずWebで広告をご覧になるお客様に対して、「なぜこのパッケージを買うべきなのか」、「このパッケージを買うと、どんなメリットがあるのか」を明確に、簡潔に伝えなくてはならないはずです。

しかし、Web上には無数の広告があふれ、せっかく商品について詳細な情報を並べても、肝心のお客様には、すべてを読んで比較検討する時間もモチベーションもありません。となると、限られた時間で情報収集するお客様が「ほしい」と思うであろうタイミングを捉えて、最適な広告を表示する必要があります。つまり、「このパッケージは、誰に、どのように魅力的なのか?」をお客様の行動データと、過去の行動データをリアルタイムでマッチングできる仕組みが必要になります。