無駄な業務をクラウドで楽しく。謎の集団「Concur Labs」であなたの働き方はいつも世界最新。

作成者:柿野 拓投稿日:2017年5月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日々進化し、一般に普及が進むイケてる技術とコンカーを融合させるとどんなことができるのか?

コンカーの研究機関である 「Concur Labs」 ではそんなモヤっとした期待に応えるべく、ガジェット好きやプログラムエンジニア、デザイナーなどが世界中から集まり、日々、研究とプロトタイプ開発を行なっています。

たとえば、先日、ご紹介した Concur Bot for Slack もその研究成果の一つですし、他にも Amazon Echo / Amazon Alexa と繋げて音声コントロールにトライしたり、社員の出張計画を元にConcurが先回りして、ホテルの自動チェックインやレンタカーの自動手配など、未来を予測しながら対応する IFTTT (“if this, then that”) といった領域でのチャレンジも進んでいます。

では、そんな面白そうなことを研究する謎の集団 「Concur Labs」 とはどんなチームで、どんな人たちなのでしょうか?今取り組んでいるプロジェクトを含めビデオにまとめましたので、是非、ご覧ください。

出張手配や経費精算のような付加価値を全く産まない超間接業務をコンカーはド真面目に研究しています。Concurの機能は月一回アップグレードされ、世界中の人が同じ環境を利用できます。最新テクノロジーと融合した最新のワークスタイルをConcurで手にする、というアプローチはクラウドならではです。

Concur Labsが現在取り組んでいるプロジェクトをConcur Labsホームページでも公開しています。あなたが思う「あったらいいな!」を是非、教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • “ニューノーマル” 時代を勝ち抜くための5つの対処策

    銀行、保険業界などの金融機関でも、ここ数年で急速にデジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性を認識し、投資や新規サービスを推進されてきました。そのような中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中に感染拡大する事態へ突入、このパンデミックの現状は、まさに企業のデジタル・レディネスを証明する機会となってしまいました。顧客訪問は必要最小限にとどめ、インターネットなどの情報ネットワークへのアクセスを活用し、顧客のニーズマッチするようにパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスの提供が求められます。

    続きを見る

  • AIで変えるバックオフィスの未来 – ミートアップレポート

    2018年9月11日、ザ・プリンスパークタワー東京で開催された「SAP Concur Fusion Exchange 2018 Tokyo」 展示会場内の特設ステージにて、3回目となるBack Office Heroesミートアップを開催しました。
    当日行われた2つのミートアップから、「AIで変えるバックオフィスの未来」のレポートをお届けします。

    続きを見る

  • 新しい自分を発見!?タニモク(他人に目標をたててもらう)をやってみた!

    間接部門で働くみなさん、毎年の目標設定に悩みませんか?かく言う私も目標設定が難しい職種に就いています。数値化しにくい。数値化できないことはないけれど、それが目標だと仕事にときめかない。現実的に出来ることばかりにフォーカスしてしまう。要は目標設定にマンネリを感じてしまうわけです。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら