SAP S/4HANA の拡張コンセプトのご紹介 ~ビジネス変革を実現するために~

作成者:渡辺 清英投稿日:2017年6月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今回のブログでは、SAP S/4HANA で新しく導入された拡張のコンセプト、SAP S/4HANA のエディションによる拡張方式の違い、2つのタイプの新しい拡張方式の概要をご紹介します。

ビジネス変革のために

イノベーション投資これまでの情報システムへの投資は、既存システムを維持するための割合がおよそ7割で、システム拡張や新規構築のための割合が3割程度と言われていました。これは既存システムが非常に複雑化していることが主な要因です。 これからは、ビジネスを変革するためのイノベーションへの投資割合を高めることが、競争優位に立つためにますます重要になってきています。これを実現するためには、既存システムのシンプル化とアプリケーション・ライフサイクルの分離・階層化が必要になります。

SAP S/4HANA の拡張コンセプト

拡張コンセプトSAP は、基幹系(OLTP)システムと情報系(OLAP)システムを1つのプラットフォームで稼働させ、情報システムをシンプル化するためにインメモリ・データベースを中核とする SAP HANA Platform を開発しました。そして、その SAP HANA Platform 上で稼働するシンプル化したコアビジネスアプリーションを SAP S/4HANA としてリリースしました。

ビジネス変革を推進するためには、安定性が重視されるコアビジネスアプリケーションと俊敏さが重視されるカスタムアプリケーションという性質の異なるアプリケーションの双方の観点での拡張が必要です。

SAP S/4HANA における新しい拡張のコンセプトでは、このようにライフサイクルの異なる両者のプラットフォームを分離し、カスタムアプリケーションは柔軟かつ俊敏に利用可能なクラウドプラットフォーム上に構築し、コアビジネスアプリケーションと連携する方式を推奨しています。
これにより、コアビジネスアプリケーションに直接影響を与えることなく最新のテクノロジーを活用したカスタムアプリケーションをクラウド上に迅速に構築することができ、その一方で、コアビジネスアプリケーションの拡張やアップグレードによるカスタムアプリケーションへの影響を極小化することができます。

SAP S/4HANA のエディションによる拡張方式の違い

拡張方式の違いSAP S/4HANA には、オンプレミス・エディションとクラウド・エディションがあります。クラウド・エディションには、コスト重視の「パブリック・クラウド」のほか、柔軟性重視の「プライベート・クラウド・オプション」も選択できます。 これ以降では、SAP S/4HANA クラウド・エディションは「パブリック・クラウド」のことを意味しています。

パブリック・クラウドの概要紹介は、こちらのブログを参照してください。

SAP S/4HANA オンプレミス・エディションは、従来型の拡張・開発が可能でありながら、新しい拡張方式も使うことができます。一方、SAP S/4HANA クラウド・エディションは、新しい拡張方式のみ使うことができ、従来型の拡張・開発はできません。

新しい拡張方式には、SAP S/4HANA アプリケーション内の拡張である「In-App拡張」と SAP Cloud Platform による拡張である「Side-by-Side拡張」の2つのタイプがあります。

SAP S/4HANA では、外部システムとの連携のためのインターフェースとして利用可能な「Public API」を SAP API Business Hub として公開しています。

SAP S/4HANA アプリケーション内の拡張(In-App拡張)

In-App拡張In-App拡張では、キーユーザと呼ばれる習熟度の高い業務ユーザ向けに拡張のためのツールセットを提供しており、UIレイアウトの変更、レポートや帳票の作成、項目の追加、簡易版 ABAP によるロジックの追加などが行えます。これらの拡張オブジェクトは SAP 標準オブジェクトとは別レイヤーで管理されており、アップグレードの際に影響を受けません。

キーユーザツールを使用した In-App拡張の様子はビデオでご覧いただけます。

SAP Cloud Platform による拡張(Side-by-Side拡張)

Side-by-Side拡張Side-by-Side拡張では、SAP S/4HANA と連携するカスタムアプリケーションを SAP Cloud Platform 上に迅速に開発することができます。

カスタムアプリケーション全体を SAP Cloud Platform 上で稼働させることもできますが、例えば、UI 層(SAP Fiori)だけを SAP Cloud Platform 上で稼働させ、オンプレミス の SAP S/4HANA と連携させることも可能です。

SAPCloudPlatformまた、SAP Cloud Platform は、カスタムアプリケーションを開発するための様々なサービスや開発ツール、および SAP・Non-SAPを問わず、オンプレミスのアプリケーションや他のクラウドアプリケーションと連携するのためのインテグレーション・サービスも提供しています。

トライアルアカウントの取得で、すぐに SAP Cloud Platform をお試しいただけます。

まとめ

SAP S/4HANA の拡張コンセプトは、既存システムの維持コストを抑えつつ、ビジネス変革のためのイノベーションを実現するためのものです。それを実現するための新しい拡張方式は、キーユーザ向けの拡張ツールを使用する SAP S/4HANA アプリケーション内の拡張である「In-App拡張」と SAP Cloud Platform 上にカスタムアプリケーションを構築する「Side-by-Side拡張」の2つのタイプがあります。SAP S/4HANA オンプレミス・エディションでは、従来型の拡張・開発も可能ですが、イノベーションを加速し、今後のアップグレードを容易にするため、ぜひ新しい拡張方式をお試しください。

今後の SAP S/4HANA の拡張機能を含む製品ロードマップもご参照ください。
SAP S/4HANA(オンプレミス・エディション)
SAP S/4HANA Cloud(クラウド・エディション)

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • MFI — 世界初、自動車部品サプライヤのメタバースを活用した工場革新

    歩みを止めない改革を続けるMartur Fompak Internationalは、自動車部品サプライヤの工場で世界初の基幹システム(MES)と製造実行管理システム(MES)を統合し、さらにメタバースで工場のプロセスと働き方の改革を実現し、さらに社会課題のCO2排出量削減にむけて大きな一歩を踏み出しました。

    続きを見る

  • 基幹業務システムのシンプル化 − 化学業界グローバル企業の動向

    SAPにおける化学業界含めた素材産業のお客様向けグローバルイベントが、2021年4月27〜29日の日程で、オンラインにて開催されました。当ブログでは、基調講演を行ったEvonikおよびAlbemarleを取り上げ、それぞれ最新のSAP ERPソリューションであるSAP S/4HANAを、変革の取り組みの中でどのように位置付けているか見ていきたいと思います。

    続きを見る

  • ビジネス × IT教育を通じた高校生のキャリア形成支援

    日本でも2020年度から小学校でのプログラミング教育が必修化されるなど、ICT教育の重要性はますます高まってきています。一方で、高等学校の履修科目である「情報」では、インターネット利用マナーなどの情報社会のルールやPCの基本操作・プレゼンテーションなどを学ばせるものの、社会で必要となるテクノロジーやビジネスの基礎などにはほとんど触れない学校が多数であるのが現状です。
    本ブログでは、社会人の卵である「高校生」に対し、ビジネスとテクノロジーの分野に入るための学びの機会をSAPがどのように提供しているか、それにより高校生のキャリア形成にどのような効果が生み出されているか、国内外の事例をご紹介します。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら