手軽に素早く経営情報を管理できるSAP Analytics Cloud


本ブログでは、SAP Analytics Cloud(旧称 SAP BusinessObjects Cloud)の持つ機能をご紹介したいと思います。

SAP Analytics Cloudは、SAP Cloud Platform上に構築された、クラウドベースのアナリティクスソリューションであり、SaaS(Software as a Service)型で提供されます。
SAP Cloud Platform について知りたい方は、こちらをご覧ください。

SAP Analytics Cloudが提供する主な機能には、「データの分析・可視化を行うBI機能」、「予算・計画管理を行うPlanning機能」、「予測・相関分析を行うPredictive機能」など、企業のパフォーマンス管理を行う上で必要な機能をオールインワンで提供しています。これらの3つの機能に加えて、SAP Digital Boardroomによる経営会議のためのダッシュボード構築や、モバイルアプリによる外出先からのデータ参照など、豊富な機能を提供しています。

SAP Analytics Cloud 全体像

 

BI機能を利用した情報の可視化と分析

SAP Analytics Cloudでは、ユーザの手元のCSV・EXCELデータから、企業の基幹システムや、データベースの情報まで、オンプレミス・クラウド問わず、幅広くアクセスできます。

BI機能を利用することで、これらの様々なデータから、わずか数ステップで、グラフや表を作成でき、見栄えのよい綺麗なデザインで、情報を可視化することができます。

グラフや表以外にも、データにロケーション情報があれば、それらを地図上に表現したり、コメントや注釈など数値以外の定性的な情報を加えたりなど、より多角的な情報の可視化をサポートします。

そして、複数のグラフや表を組み合わせたストーリーを構築でき、1クリックで他のユーザと共有できます。共有されたグラフや表に対し、ユーザ間でコメントのやり取りを行うことができ、正しい情報を利用したユーザ間のコラボレーションを円滑化します。

 

Planning機能を利用した予算・計画管理

多くの企業では、会社全体の業績を管理するために、計画・予算・見込みデータなど実積以外のデータを関連部門から収集しています。その際に、多数のスプレッドシートをメールでやり取りしながら、集計作業に多くの時間と工数を費やしおり、タイムリーな業績管理ができないという課題をよくお聞きします。

SAP Analytics Cloudでは、ブラウザから直接予算・計画データを入力でき、共通のフォーマットを利用しながら、1か所に収集・集約することが可能です。

部門間の予算配賦や割当などの設定ベースで利用でき、入力されたデータはリアルタイムに集計されます。グローバル企業の場合、各拠点の通貨をそのままデータ入力でき、必要な通貨に換算して集計・分析することが可能です。

また、計画のバージョン管理、申請のための簡易ワークフロー、カレンダーベースのタスク管理、簡易シミュレーションなど、計画立案に必要な機能を網羅的に提供しています。

そして、先に述べたBI機能をそのまま利用できるため、グラフによる予実の可視化や、KPIによるパフォーマンス評価、ユーザ間のコラボレーションなど、計画策定業務を効率化する手段を提供できます。

 

Predictive機能を利用した未来予測と相関分析

未来の予測や相関分析というキーワードからは、複雑なアルゴリズムを利用した高度なデータ解析を想像されるかもしれません。

しかし、SAP Analytics Cloudの持つPredictive機能は、非常にシンプルで、誰もがその高度なデータ解析を、数回のクリックで利用できるように設計されています。

例えば、過去12か月の売上実績から、先3か月の売上を予測するためには、売上推移の折れ線グラフのプロパティから、「予測追加」のアイコンをクリックするだけで、予測結果をグラフ上に表示することが可能です。

他にも「スマートインサイト」を利用すると、地域ごとの売上状況から、都心部では顧客の年齢層が若いほど売上が伸びている、逆に郊外では主要道路に面した店舗が売上に貢献している、など売上に影響を及ぼしている要素を1クリックで見つけ出すことができます。

BI機能により作成されたグラフから、そのデータに隠されている構造・関連性を自動的に解析し、今まで気づくことができなかった新たな洞察をシステムが提案してくれます。

 

SAP Digital Boardroomを利用した意思決定のサポート

これまで紹介してきた、BI機能、Planning機能、Predictive機能を利用しながら作成した画面は、ダッシュボードとしても利用できます。予実のリアルタイムな可視化や、未来予測を加えた分析結果などを意思決定の場において利用することが可能です。

SAP Digital Boardroomは、マルチスクリーンに対応しています。例えば、事業収益サマリのダッシュボード、製品詳細ダッシュボード、さらに各製品の原材料費や生産状況など関連指標を表現したダッシュボードのように、複数のダッシュボードを関連付けながら、同時にスクリーンに表示でき、あらゆる視点の情報を確認しながら、意思決定をサポートします。

また、タッチパネル式ディスプレイにも対応しており、直接グラフをタッチすることで、ドリルダウンしたり、表示軸を切り替えたりなど、会議で必要な情報をインタラクティブに確認することが可能です。加えて、オンライン会議機能により、直接画面上に注釈やコメントを記入することができ、自然で直観的な画面操作による会議の進行をサポートします。

SAP Digital Boardroomの特徴や、無償で提供されるテンプレートについても、ブログで紹介しております。併せてご覧ください。

【デジタル時代における意思決定スタイルの変革】

【SAP Digital Boardroom 業界・業務別テンプレートの活用によりクイックスタート】

 

オンプレミスのSAP S/4HANAとシームレスなデータ連携

最後にSAP S/4HANAとのデータ連携について、ご紹介したいと思います。

クラウドソリューションがオンプレミスのデータへアクセスする場合、オンプレミスとクラウド間にセキュアなコネクションを構築し、クラウド上でデータ活用する手法が一般的です。

しかし、どんなにセキュリティに問題ないとしても、機密性の高いデータが外部ネットワークに流れることを禁止している企業も多くあります。

SAP Analytics Cloudでは、クラウドソリューションではありながら、オンプレミスのSAP S/4HANAのデータにリアルタイムにアクセスし、かつ、そのデータは外部ネットワークを介さずにアクセスすることを可能にします。

グラフの種類や表の形といったユーザインターフェースは、クラウドにあるSAP Analytics Cloudからブラウザに表示されます。しかし、そのグラフに含まれるデータは、ブラウザから直接オンプレミスのSAP S/4HANAへアクセスします。

すなわち、SAP Analytics Cloudのユーザインターフェースと、SAP S/4HANAのデータが、クライアント端末のブラウザ上でマッシュアップされることで、グラフや表が表現されています。

そのため、SAP S/4HANAのデータは社内LANを介してのみアクセスされることになり、確実にセキュアな環境で、同時にリアルタイムなデータアクセスが可能です。

 

無料トライアル環境

今回ご紹介したSAP Analytics Cloudは、30日間の無料トライアル環境を用意しております。
こちらよりご登録いただけます。https://www.sapanalytics.cloud/

このトライアル環境では、Excel・CSVファイルのアップロードまたはGoogle Driveへの接続が可能で、ビジュアライゼーションを中心にお試しいただけます。

SAP Analytics Cloudの使い勝手の良さを体感いただければ幸いです。

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)