デジタル技術を活用したイノベーションをより早く確実に実現するSAP Leonardo


現在のSAPが提供する主力商品は2つです。1つはERP代表SAP S/4HANA、そしてもう1つがSAP Leonardoです。SAP S/4HANAについてご存知の方は多いと思いますが、もう1つの商品SAP Leonardoについては、まだご存知ない方も多いかと思います。

SAPはなぜこのSAP Leonardoの開発に注力しているのでしょうか?

その点について、企業のデジタル技術を活用したイノベーション、という観点からこのブログでは考えてみたいと思います。

ちょっと長い話しになるので、端的に結論を先に書くと、「デジタル技術を使ったイノベーションについて、その可能性は大きいが、多くの企業が苦労しているので、その処方箋を作りたかったから」といのが理由です。SAP Leonardoはイノベーションの処方箋です。

さて、それでは、ちょっと遠回りですが、理解の上で重要な世の中動向から話を始めてみたいと思います。

Robot

 

デジタル技術がもたらす企業のイノベーションの進展度

企業の業績にインパクトを与える新しいデジタル技術が次々と登場しています。

一見、単なるIT (人によっては金食い虫のITや、人がやっていることの単純代替のITととらえる方もいることでしょう) と見逃してしまいそうですが、業務の効率化に留まらないどころか業界地図を塗り替える可能性も秘めているもので、多くの経営者が着目しています。

では、どのデジタル技術が注目に値するのでしょうか?また、どれだけの経営者が注目しているのでしょうか?