ありたい将来を、今すぐに。Design Thinking × Usuki ワークショップレポート~国際的なスポーツイベントの日本開催を持続可能なまちづくりに繋げる~


インテルとSAPのロゴ翌年に開催が迫る、ラグビーワールドカップ日本大会。全国12都市に及ぶ会場の中でも、大分県は世界ランク1位に輝くニュージーランド戦を含め、計5試合の好カードを持つ注目都市です。この祭典を機に相当数の訪日客が見込まれることから、今後は主2に欧米などの観光客獲得が課題。それらの問題は臼杵市にとっても例外ではなく、日本大会が地域の未来にとって継続的かつ、意義深いものとなるよう準備を進める必要があります。そこでSAPジャパンが推奨する「デザインシンキング」を用いたワークショップの実施により、1つでも多くの地域課題が解決へと向かうことを共に願い、「SAP HANA」の開発から拡販などを共同で行うSAPグローバルテクノロジーパートナー・インテル社と共同でイベントを開催。「ラグビーワールドカップ観戦のために来日した外国人が臼杵市に立ち寄り、また来たい!と思う体験を提供するには?」というテーマのもと、世代や国境を超えた約60名が6月22日・23日に臼杵市に集いました。

新たなアイディアの創出手法・デザインシンキングとは何か

Usuki_2-3
まずデザインシンキングとは、AIや機械学習、IoTなどをはじめとする新たなソリューション群「SAP Leonardo」の根幹であり、イノベーションを加速するメソドロジーの1つ。「ユーザーの共感をいかに呼び起こすか?」という観点から出発し、新たなビジネスモデルを生み出していく手法です。イベントの様子
初日に行われた「臼杵市内ツアー」では、10チームに振り分けられた参加者が訪日客の視点に立ち臼杵市の街へ。実際の環境に赴き、状況を把握した上で、当事者が抱える課題を見極めていきます。より細やかなイノベーションの種を見つけるため、店舗や一般の人々へインタビューも実施。最終目的地である「臼杵石仏」では国宝である磨崖仏群や、その先に広がる風景に立ち尽くす人の姿も見られました。けれど、夜に開かれた懇親会にまで議論を持ち越しても、多くの参加者が口を揃えて話すのは「明日の想像がつかない」という言葉。それでも、未知なる空間に身を置く中で唯一皆が見えていたもの。それはローカル×テクノロジー企業のコラボレーションにより、臼杵市が大きく変わろうとする姿勢だったのではないでしょうか。

訪日インバウンドの促進剤は、世代や国境を超えた約60名によるイノベーション

Usuki_4S2日目は臼杵市の披露宴会場KIJOKAKUにて開催。SAPジャパン原弘美とインテル三浦健豪氏による説明が終わると、中野五郎臼杵市長がこの日への思いを語ります。「我々の当たり前が外国の方々の常識とは限りません。日常の中に宝が隠れていることもあります。今日は皆様から多くの提案をいただき、来年のラグビーワールドカップ、さらには再来年の東京オリンピックに向けて、臼杵市を便利かつ多動な街へと導けることを期待します」。さらに今後の展開として中野臼杵市長は「採用された意見は行政が受け継ぎ、必ずや実現に向けて動いていきたい」と宣言されました。
臼杵市には豊かな自然や文化財などの観光資源が多数。けれど、日本大会の県会場はあくまでも大分市であることから、この地へ訪日客を呼び込むための工夫は、容易なものではないでしょう。移動距離や時間、+αの出費といった不便さを越えられるほどの魅力とは? “提案して欲しい”という中野臼杵市長の言葉には、地域発展への切なる願いさえも込められているように感じました。
中野臼杵市長様
ワークショップ最初のお題は、昨日行った観察・取材の内容を共有して課題を発見すること。ファシリテーターの協力を得て、自らの考えをポストイットへ記入していきます。制限時間は30分。さらに量産された情報の中から10分で鍵となる情報の絞り込みをしなくてはならず、会場の一部からは驚きの声が上がります。しかし、開始数分で各テーブルには何十枚ものポストイットが。多様な専門領域を持つメンバーから構成される各チームは、その後もペルソナの設定など、分刻みで提供される課題に対して幾つもの科学反応を起こしていきました。
久光製薬株式会社 執行役員・企業戦略室 室長の綾部剛氏にこれまでの感想を尋ねてみると、デザインシンキングは自社が抱える課題へのアプローチにも有効な手段であると話します。「お客様第一主義という企業理念のもと、常日頃からお客様の目線に立っているつもりではありました。しかし、今回のようにお客様の立場になりきって追体験をしてみると、改善余地は多くあると感じられました。
ワークショップの様子

トライ&エラーを繰り返した先に生まれたのは、臼杵市の未来を担う10通りのジグソーピース

午前中に完成させたプロトタイプに改良を重ねると、いよいよ午後からは発表がスタート。シナリオをもとに、1人がペルソナを実演しながらプロトタイプを提案するチーム。メンバー間でマイクを回しながら各自が役割を果たすチームなど、多彩な提案と同様、発表の手法やプロトタイプにも各チームの個性が光ります。入賞チームによる提案の一部を紹介すると、ガイド兼カメラマンを務める市民が撮影した観光者の写真が、ポストカードとなって自宅へ届くフォトサービスアプリや、多彩なスポーツイベントの持続的誘致が可能なパブリックビューイング会場、デジタル通行パスといった可能性を秘める絵馬などがありました。

Usuki_7S「多様な方々との共同作業を通じ、従来の枠に捉われないアイディアが生まれた時間はとても新鮮でした」と語るのは、臼杵市観光振興戦略会議の委員長・安野祐二氏。今イベントが多くの市民にとって、臼杵市や世界の現状に目を向けるきっかけになればいいと話します。さらに自らの飲食店でも訪日客が増加傾向にあると言い、顧客のニーズに対する自身の理解はもちろん、1店舗のみの囲い込みに留まらない、新たな観光の在り方を地域で模索する必要があると訴えました。

Usuki_8Sレベルの高い議論が展開され、多彩なプロトタイプが登場した2日間。また、プロトタイプに採用されずとも、地元市民さえ知らない地域の歴史を掘り下げて取材をしていた人。田舎町の景観が、あるアニメーションの風景にそっくりだと訴える人。新たな視点により発掘された観光資源は、必ずや将来に生きてくることでしょう。そう確信させてくれたのは、多くの声に熱心に耳を傾ける市民の姿。そして、わが町のように課題解決に取り組む他の参加者の姿でした。地域に眠る資源を磨き、ビジネスとして結実させようと人々が模索してきた中、進化のためにテクノロジーが果たす役割は無限にあるのだと、今イベントが気づかせてくれたように思います。
採用されたアイディアは、今後、約1ヶ月でクィックに構築されたSAP Cloud PlatformをベースとしたSAP Leonardoアプリケーションのデモンストレーションでも紹介される予定です。

●大分県臼杵市がチャレンジする持続可能な都市づくり

参考資料 >> インテル® Optane™ DC パーシステント・メモリーとSAP HANA* 2.0 SPS 03 次世代のインメモリー ・コンピューティングの変革に取り組むインテルと SAP