クラウドERP導入効果と4つの強みとは


「経営の見える化」が着目されて久しく、情報整備の重要さがより明らかになってきました。情報技術の進歩によってERP(Enterprise Resources Planning)のツールが開発され、さらにはこのERPを利用する環境も変化し続けています。オンプレミス環境からクラウド環境に移行が進み、そのことによって様々なメリットも生まれています。
ここでは「SAP S/4HANA Cloud」を例に、クラウドERPの強みや、どのように経営の見える化が実現するかを紹介していきます。

ERP導入で業務効率化と経営の見える化

大企業や中小企業、または個人事業であっても、経営の中で生じる情報の管理は欠かすことができません。情報を残し、適切に管理をしていくことで経営状況を把握し改善することができます。データを求める人へと流通させ、意思決定に活用していくことが「経営の見える化」に繋がります。
この見える化をサポートできるのが、ERP(Enterprise Resource Planning)です。
もともとは、企業の資源要素となるヒト、モノ、カネ、情報を適切に配し、最大限に有効活用するための仕組みをいいますが、最近ではこのERPを実現するための「基幹情報システム」のことを指す言葉としても使われています。
ERPであればデジタルで情報を残せる環境を構築し、ビジネス戦略へ活用することができます。特にデータの流通や共有といった部分には強みがあります。異なる部署間での横向きの情報共有、上流工程から下流工程といった縦向きの情報共有も実現します。

しかし、情報を受け取るだけでは是正されない問題もあります。得られた情報を使って判断を下さなければならないような場合では、情報の受け取り手がデータを理解できなければ意味がありません。また、大量のデータが流れてくる状況で、その場に応じて必要なデータのみを選択していく必要があります。

ERPは、企業内に点在している情報を一箇所に集め、企業の「今」を正確かつタイムリーに把握し、情報の整備をして状況に応じた判断をできるようにサポート。さらにAIや機械学習と言ったテクノロジーを取り入れることで、蓄積されたデータをもとに予測分析をし、経営戦略や戦術の意思決定に役立てることもできます。