ビジネスカンファレンスに変革をもたらす「C2 インターナショナル」


前回のブログでは、建設業のデジタルトランスフォーメーション例として、スタートアップ企業の「カテラ」を取り上げましたが、今回はビジネスカンファレンス業界に変革をもたらしている「C2 インターナショナル」を取り上げます。C2 International

C2モントリオール」って聞いたことありますか?

「C2モントリオール」は、今や世界最大規模のクリエイティヴ・ビジネス・フェスティバル「SXSW(サウスバイサウスウエスト)」に比肩するコンテンツと囁かれ始めているビジネスカンファレンスで、元々C2という名も、Creativity(創造性)とCommerce(商業)が交差する点を標榜し、現代社会が抱える多様な課題に対し革新的かつ実用的なソリューションをもたらす発信源となることを示しているものです。

このような商業的な成功を収める一方で、「C2モントリオール」は非営利団体であるが故に政府の予算に依存していたため、潜在的な顧客ニーズの開拓やこれらのノウハウのグローバル市場展開に制約があったのです。彼らが手掛ける「ビジネスカンファレンス」のポテンシャルとグローバル市場でのニーズとのギャップから、「C2モントリオール」の取締役会で意思決定され民間企業の”C2 インターナショナル”が生まれました。

あるいは日本では、デザイン思考の先駆者であるIDEOやSID LEE、Beworksが合流した日本のクリエイティヴ共同体「kyu」に合流した企業のひとつと言った方が分かり易いのかも知れません。または、シルク・ドゥ・ソレイユを世界規模に共に育てた広告会社(SID LEE)として聞いたことがあるかもしれません。SID LEEも「kyu」傘下の企業の中で唯一の広告会社で、特に体験型のプラットフォームづくりやアクティベーション開発に強みを持っています。この「kyu」は、日本最大級の広告代理店である博報堂DYホールディングスの戦略的事業組織で、北米・欧州を主たる対象エリアとして、最先端でユニークなクリエイティブサービスを数多く生み出している企業のM&Aを行い、“専門性”と“先進性”を継続的にグループ内へ取り込む機能を担っているようです。日本のクリエイティブ集団も目を付けていた「イケてるカンファレンスビジネスを展開する会社」が彼らだともいえます。

 

CP Logo

C2 インターナショナルの特徴:

C2インターナショナルは、「C2モントリオール」ブランドの使用を認可された非営利の民間企業であり、C2モントリオールの新しいサービス提供や市場開拓から利益を得ています。ただ、今では「C2モントリオール」自体の海外企業とのパートナーシップ数も増加しており、このパートナーシップ契約とチケット販売などの収益により、政府予算の制約を受けることなく企画・運営が可能になっています。加えて彼らはこれらノウハウを「C2モントリオール」以外のビジネスカンファレンスに展開するという発想で2012年に創業しました。

彼らのミッションステートメント:

  • 民間企業のイベントの企画
  • 企業向け会議場の開設(会議・イベントセンター)
  • 北米以外のC2モントリオールに似たイベントの制作

まず、彼らの掲げるCreativity(創造性)とCommerce(商業)が融合したビジネスカンファレンスがどんなモノかを見てみましょう。

CEOのリチャードは、参加者に問いかけます。

”50フィート空中に浮遊するワークショップに参加したことはありますか?”

”あなたの子供はブレインストーミングセッションに参加するように招待されましたか?”

これらの問いは、彼らが 主催者と参加者、参加者同士が相互に結びついたビジネスの世界を実現していることが分かります。また、自身のことを以下のようにも表現しています。

”私たちは、ビジネスに自分が望むものを発見させるためのカタリスト(触媒者)で、(ビジネスカンファレンスを通じ)参加者同士のアイデアのコリジョン(衝突)を促進し、参加者と共に成長することを意図してます”

Richard St. Pierre, President, C2 International LLC

動画を見て気付いた方もいらっしゃると思いますが、シルク・ドゥ・ソレイユが観客と一体となって体験できる仕組みを提供しているように、彼らも似たような体験をビジネスカンファレンスに持ち込んでいます。(SAPとシルク・ドゥ・ソレイユの取組みはこちら

ビジネスカンファレンスというと企業側の文脈を参加者に伝えることが多いと(勝手に)感じていましたが、B2Cを代表する小売業などのパーソライゼーション戦略が ”人と人との経験を通じて得られる共感を重視”しているのと同様に、C2は同様のコンテキスト(文脈)を確実にB2Bビジネスに展開しています。更には、そこでの体験から得た共感は、参加者自身をカタリスト(触媒者)に変え、彼らのエコシステムを良質化していく原動力にしているところにスジの良さを感じます。このような共感を軸としたビジネスモデルは、他国へ展開するスケールスピードに優れており、彼らが北米とヨーロッパからアジア、中東に拡大計画をもつこともうなずけます。

 

SAPとのジャーニー

彼らのビジネスモデルにおいて重要なのは「伸縮を繰り返す柔軟性と拡張性」を合わせ持つことでした。彼らは、イベント単位にスタッフ数を増減させるため、通常の30名のスタッフは最大600名まで拡大するのです。このモデルは固定費を抑制できる反面、スタッフの研修などを合理的に進める必要があるとも言えます。その増加に合わせトランザクション数も増加することになり、支払処理などは「数千件/日」にもなります。また、このモデルを北米からヨーロッパへ、そしてアジアと中東へ展開するための拡張性も合わせ持つ必要があるということでした。

上記に加え、彼らが提供しているのは「Live Business」という特徴もあり、「100% Cloud Company」戦略を持ち大規模で急速なビジネス展開をサポートできるクラウドソリューションを探していたのが、SAPとのジャーニーを始めるキッカケでもありました。

その際に、彼らがSAPに要求したのは以下の点でした。

  • 彼らのビジネスモデルにフィットする100%クラウドソリューションの実現
  • スピードの確保
  • 成長戦略を支える高い拡張性と信頼性

 

①彼らのビジネスモデルにフィットする100%クラウドソリューションの実現

「Live Business」を提供する彼らは、コアビジネスを支えるソリューションとバックエンドが連動できることが必要です。このバックエンド業務では、数百人規模の新規スタッフと数千社規模の新規サプライヤを短期間でサポートできる必要があるのと同時に、他地域への展開もできなければなりません。どこのクラウドソリューションでも同じかと思われるかも知れませんが、この要求は以外と容易ではなく、彼らは「この5年間で4回も会計システムを変更する」事態を招いていたのです。

まさに、彼らも導入効果として上げていますが、”SAP S/4HANA Cloud”の特徴が分かると思います。

  • 他のシステムと完全に統合された「リアルタイム・ビジネス」の実現
  •  利用者とトランザクション双方の規模拡大に対する処理能力
  • そして、北米・ヨーロッパ以外の地域への展開能力(アジア、中東など)

これらは、SAPが「SAP S/4HANA CloudのValue Proposition」のTop5として語っている2つに該当するものです。SAP Cloud Benefit

②スピードの確保

Partner Logo

彼らが導入パートナー企業ビヨンドテクノロジーズの協力の元、SAPとジャーニーを始め、約5週間で本稼働させたこのスピードこそ、”クラウドが提供する価値”とも言えます。

その導入工程における重要なステップが「Fit to Standard」です。理屈は簡単で、すぐに動くシステムがクラウド上にあるのですから、従来のような時間がかかる要件定義やFit&Gap分析は行わず、クラウドに業務を合わせていくステップが「Fit to Standard」であり、クラウドのメリットであるスピードをさらに生かせるものでもあります。

Cloud Approach

Source: SAP

ただ、このアプローチの実行には、「従来のやり方を変える”覚悟”」が伴います。そのため、「Fit to Standard」のステップを使いお客様自身に納得感が醸成できるかどうかが重要です。

③成長戦略を支える拡張性と信頼性

また彼らは、今後のアジア、中東へのビジネス展開を踏まえた世界規模での拡張性や信頼性を評価し、さらに”最新のテクノロジーを活用できる”ことも評価対象にあげています。これは、今回の取組みでシンプル化できたビジネスプロセスをインテリジェンス化する文脈も含んでいます。

彼らであれば、イベント単位で繰り返される単純作業などは自動化が推進されることは容易に想像が付きます。また、機械学習が実装された対話型デジタルアシスタントである「CoPilot(SAP版Chatbot)」などを用いた従業員トレーニングの自動化や問合せ業務の自動化なども想像できます。ただ、この点は「Smart Enterprise」をテーマに全社的な取組みとして、当トピックとは別に語ることにしましょう。Intelligence Enterprise

Source : SAP

各企業が「クラウド化」を推進・検討する大きな理由のひとつには、「柔軟性が高く、変化に強い仕組みを実現する」ことがあります。これは、今後市場環境や顧客ニーズなどの外的要因が大きく変わったとしても、余裕を持って対応できる業務プラットフォームを作ることを意味しており、組織観点での変化を意識するのではなく、普遍的なビジネスプロセスやバリューチェーン軸での変化を意識する必要があるとも言えます。

お客様それぞれにRPAやAI、Chatbotなど個別業務の生産性向上(自動化)の取り組みは始められていると思いますが、我々SAPは、ビジネスプロセスやバリューチェーン軸での変化を意識したデジタルトランスフォーメーションのご支援ができたらと考えています。

最後に

 ”C2 インターナショナル社”は「100% Cloud Company」を宣言するだけあって、”必要な時に必要な分だけを調達する”という明らかにクラウド発想でものごとを考え、実行していると強く感じました。(正直、イベント毎にスタッフを増減させる発想は私にはありませんでした、お恥ずかしい限りです)皆さまはいかがでしたでしょうか?

このブログを通じて、C2 インターナショナルの企業理念に共感いただける方がいらっしゃれば幸いです。今後も筋の良いネタを発信し続けようと思いますのでよろしくお願いします。