失敗のないERPの導入を目指すには?(第2弾)~成功事例に学ぶポイント


従来の基幹システムでは解決し得なかった問題を解消し、経営資源をより有効に活用するため、情報を一元管理するERPの導入が多くの企業で進んでいます。機能も多彩で、効果的に利用すれば大きな成果が得られるEPRですが、導入に失敗して活かしきれていない企業が存在することも事実です。ここではそんな失敗をなくすため、ERPの導入において企業が取り組むべき内容をまとめています。

ERPは企業の戦略において重要なシステム

ERPを企業の基幹システムとして導入することで、企業活動において発生する多くの情報管理を一元的に図る事が可能になります。いくつもの部門を同時に動かし、必要に応じて互いに連携させていくために、ERPシステムが大きな役割を担うのです。

テクノロジーの進化により、ERPシステムが提供するサポートは、その範囲をより広げ、スピーディーな経営的判断を支援します。蓄積されたデータに対する定型的な処理だけでなく、機械学習の活用も組み込んで今後の傾向などを分析します。現状把握に加え、これまでのデータから将来予測の精度を高めることで、経営戦略の決定に役立ちます。

特に現在、ERPシステムの利用環境がクラウドに移行しつつあることから、よりリアルタイムの意思決定の実現に向かっています。

ShippainonaiERP2-1S

ERP導入には失敗例もある

ERPの導入は、多くの企業に業務課題の解決や、生産性の向上をもたらすでしょう。しかしERPの導入による失敗例も起きています。ここではERP導入に伴う典型的な失敗パターンを簡単に紹介します。

ひとつは、企業がERP導入に対する効果や目標設定を、漠然としか理解・把握していないケースです。何を実現するのかが曖昧であれば、必然的にどのような運用をすべきか、具体的な理解もできません。

ほかにも、導入にかかるコストへの認識不足や、運用にあたり必要な機能を上手く使えていないケースもあります。

EPRは魔法のツールではありません。使いこなすのは人であり、多くの失敗例ではその人的要素が関係しています。この部分の改善をすることで失敗を防ぐようにしなくてはなりません。

失敗しないためには事前の予測や準備が大切

ERP導入で失敗を回避するには、導入してからの対応ではなく、事前の想定や準備が重要になります。

例えば株式会社日立ハイテクノロジーズでは、EPRとして「SAP S/4HANA Cloud」を採用していますが、導入に当たってはプロジェクトを結成し、SAP担当者とのコミュニケーションを取りながら進めることで、スピーディーな導入に成功しています。ShippainonaiERP2-2SEPRはその導入が終わりではなく、その後に如何に運用をするかに意味があります。自社にERPを導入する際には、どのような事態が起こり得るのかを予測し、それに対応できるようにしておかなくてはなりません。導入するERPシステムへの理解はもちろん、既存の業務やシステムに対する受け入れ準備、摺り合わせを整えていく必要があるでしょう。