サプライチェーン管理の最適化

作成者:SAP編集部投稿日:2018年10月29日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インテルとSAPのロゴますます複雑化するサプライチェーン管理は、業種を問わず多くの企業に共通する経営課題の1つです。インテルとSAPは長年にわたりビジネスパートナーとして、さまざまなソリューションの共同開発を行ってきました。「SAP HANAを活用することで、製造工程で取り扱う何万点もの部品のバイヤーは、サプライチェーンの現状をリアルタイムで把握することができます」。こう語るのは、ガードナーから世界でも第4位の規模と評されたインテルのサプライチェーンを担当するIT部門の2人のキーマンです。
彼らのミッションは単なるコスト削減、サービスレベルの向上といった次元にとどまりません。以下の動画では、インテルがSAP HANAをどのように活用してビジネスプロセスを刷新し、アナリティクスとオペレーションの意思決定が統合されたリアルタイム・サプライチェーンを実現したかについて解説します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • インテリジェントエンタープライズの時代に SAPのマシンラーニングが果たす役割(第1回)

    インテリジェントエンタープライズの中核となり、SAP Leonardoの要素の1つであるマシンラーニング。第一回の今回は機械学習機能による入金消込の自動化を行うSAP Cash Applicationのご紹介とPoCを実施された、イーグル工業様の事例をご紹介します。

    続きを見る

  • COVID-19対応における行政バックオフィス業務のデジタルトランスフォーメーション

    COVID-19に対し、各企業は事業の継続や従業員安全確保などの対応に多くの時間を割いています。政府も厚生労働省を中心に感染拡大防止や患者の早期回復などに全精力をつぎ込んでいますが、同時に、企業活動に制約を受けることにより倒産・廃業のリスクに直面している企業や日々の活動の制約により生活・学習等に困難が生じている国民に対しても様々な対策を打っています。そして、SAPは、この未曽有の危機に対し、ビジョンである「help the world run better and improve people’s lives」の精神に則り、企業・政府が直面する課題に対して迅速に対応するための各種支援を、時には無償で行っています。

    続きを見る

  • 店舗営業のモバイル活用を促進したユニリーバ社

    食品や洗剤などで世界的なシェアを誇るグローバル企業、ユニリーバ社の事例です。コンシューマー向け製品メーカーの視点から取り組んだ、販売現場の支援と活性化のためのモバイルソリューションと、その成功の理由を見ていきましょう。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら