ミートアップレポート:「RPA しくじり先生と語る」 失敗事例


BOH20190121-LP-hero_600x200

RPAしくじり先生と経理財務のプロに聞いた業務革新成功の秘訣

2019年1月21日、コンカー本社のセミナールームにて4回目となるBack Office Heroesミートアップ「RPAによる業務革新の現実と未来」を開催しました。今回は、そのレポートをお届けします。

パネリストは 株式会社アカウンティング アドバイザリー マネージング ディレクター / 日本CFO協会主任研究委員の 櫻田 修一 氏 と RPAしくじり先生ことディップ株式会社 次世代事業準備室 / dip AI.Lab室長 進藤 圭 氏。進行は Back Office Heroes 編集長 野田 洋輔 でディスカッションが行われました。

昨今、ホワイトカラー業務をロボットに代行させる「RPA(Robotic Process Automation)」を導入している企業が増えています。RPAを活用してどのように変革を進めていけばよいのか、RPAの活用に造詣が深い二人の有識者に話をうかがいました。

  • 経理財務領域におけるRPAの当初導入で、多いのは「レポーティング」
  • RPA導入の失敗例は?
  • RPAをやめる判断基準とは?
  • RPAによってやらなくてよくなった作業をしていた人はどうなるの?
  • IT部門が、現場のRPA活用に統制を効かせるベストなバランスは?
  • Q&Aセッション

こうすれば失敗してしまう!を中心に様々な視点からRPAのポイントがディスカッションされました。詳しいパネルディスカッションの内容を バックオフィス・ヒーローズ でご紹介しています。