モバイルアプリの優れたユーザー体験で、現場の作業効率とモチベーションを向上した世界最大規模の公益企業


SAPのモバイルアプリを活用して、業務効率の向上や新たなワークスタイルの構築に取り組む企業事例。今回は、民間では世界最大規模の公益企業として、1,900万人の顧客に向けて電力・ガス事業を展開するNational Grid社をご紹介します。競合他社に比べて、フィールドサービスの生産性の低さが改善課題だった同社では、現場の作業員にSAP のモバイルアプリケーション「SAP Work Manager」を配布し、ひと月あたり20%の生産性アップと、安全性の向上を実現しています。
SAPジャパンのYouTubeチャンネルでも、動画で簡潔にご紹介しています。ぜひご覧ください。