第1回:グローバルで利用されているSuccecssFactors(サクセスファクターズ)が提供するクラウドって何ができるの?


みなさんはじめまして、サクセスファクターズジャパンの森です。今回よりSAPジャパンブログに、連載を書かせていただくことになりました。まず第一回は自己紹介を兼ねてSuccessFactors(サクセスファクターズ)についてご紹介したいと思います。

■グローバルで利用されているサクセスファクターズが提供するクラウドって何ができるの?

サクセスファクターズは2001年に創業し、目標評価の機能を提供し始め、その後タレントマネージメントスイート製品を一貫してパブリッククラウドでご提供し続けています。2013年2月にSAPグループにジョインしましたが、サクセスファクターズ創業者のLars DalgaardはSAPクラウドソリューションの責任者としてボードメンバーになっています。

当社は、現在、グローバル185ヵ国、60業種、3,600社以上のお客様に採用され、ユーザー数は2000万ユーザーを超える実績があります。また、国内でも約50社のお客様に採用され、高い評価をいただいております。この実績は、費用対効果、使いやすいユーザーインターフェース、短い導入期間、豊富な機能等に裏打ちされたものだと言えますし、第3者評価機関にも評価されています。