一流のセキュリティで社外専門スキルをフレキシブルに管理するSAP Fieldglass (Sirkorsky社の事例)

作成者:SAP インテリジェントスペンド事業本部 マーケティング 投稿日:2020年3月23日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機密性が非常に高く、法規制も厳しいため簡単に参入できない産業― その代表は航空宇宙産業ではないでしょうか。この産業は軍事と密接に関係しているため、他の産業より厳しいセキュリティを要求されます。 また異業種から参入困難となれば、人材は流動化しづらく、専門性が高ければ高いほど転職市場規模は小さいという特徴があります。

そんな航空宇宙産業の輸送機器業界に身を置くSirkorsky社は商業・軍事ヘリコプター製造設計サポート分野のリーダーで、米国を拠点に40カ国に事業を展開しています。Sirkorsky社の悩みは競争激化にともない、“イノベーションをいかに加速し効率化させるか”でした。 そのため専門スキルの増強が喫緊の課題でした。ですがヘリコプター工学という、きわめて特殊なスキルを持った人財は、社内で探そうにも簡単にはみつかりません。非常にニッチな技術を必要とするため、スキルニーズを完璧に満たす人財を保有する人材派遣や人財紹介も限られてしまいます。

また、経営資源をR&Dへより投入し、イノベーションを促進し競争力の源泉とする世界では、せっかくイノベーションを生み出しても、すぐに他社が追随し、先発としての地位が持続する期間も短縮化傾向にあります。さらに次々と新しくイノベーションを生む必要があるため、求められる専門スキルは時期や段階によって移り変わります。

“ニッチで高い専門スキルを持つ人財を、社外から必要なタイミングで必要な期間確保したい。”これがSirkorsky社の要望でした。

しかし、何時でも何処でも、まるでウーバーでタクシードライバーを呼ぶように、欲しい専門スキルを持つ人財を、タイムリーに限られた期間のみ雇用することは、セキュリティリスクを伴います。特に航空宇宙産業には一般的なサイバーリスクはもちろん高度に組織化された脅威から国家セキュリティ情報を保護する必要があります。このため人財バックグラウンドチェックや情報アクセス、コンプライアンス管理も適切に実施しなければなりません。

一流のセキュリティで社外の専門スキルをフレキシブルに管理する、これを実現するSAP Fieldglass 外部人財管理ソリューションをSirkorsky社は選びました。

FGUber

<高い柔軟性を備えたクラウド型プラットフォーム>

SAP Fieldglassは有期契約労働や業務委託といった外部人財を採用管理できるデジタルプラットフォームです。外部人財のオンボードからオフボードまで、一連のサイクルをSAP Fieldglass上で一元管理ができます。クラウド型のため、お客様のシステムに合わせた対応が可能です。Sirkorsky社はロッキード・マーティン社の傘下に入ることが決まっており、システムは2段階にわけて移行しました。実装初期段階では、Sikorskyのレガシーシステム機能をSAP Fieldglassプラットフォームに移行しました。プリロードされた専用のテスト環境を活用しSirkorsky社ではわずか4週間でシステム導入完了となりました。

<世界トップレベルの情報セキュリティ管理システム>

SAP Fieldlglassはドイツ連邦情報セキュリティ庁発行Cloud Computing Compliance Controls Catalog(C5)をはじめISO9001:2015, ISO27001:2013等6機関からセキュリティ認定を受けています。

Sirkorsky社の親会社ロッキード・マーティン社は軍事企業ランキング世界第1位を保持しており、そのセキュリティー審査は厳格そのものです。SAP Fieldglassはその厳しい審査を首尾よくクリアし、プラットフォームの堅牢なセキュリティ機能を効果的に実証しました。

<見える化で外部人財を一元管理>

SAP Fieldglassはバックグラウンドチェックを行う企業の仕組みと連携するシステムで、人財情報を累積して管理できます。また各採用情報を蓄積することで、誰が いつ どこで いくらで 従業しているか等様々な観点で情報を可視化することが可能です。

一度SAP Fieldglass上で就業登録されると履歴が蓄積されるため、過去に就業した外部人財へのアクセスも可能です。Sirkorsky社の場合、ヘリコプター工学という極めてニッチなスキルへのニーズが

ありましたが、派遣会社Aから探すよりも、SAP Fieldglassプラットフォーム上に登録している派遣会社複数社から探した方が、該当者がみつかる可能性が高いのです。2019年現在180ヵ国16万2000名の外部人財がSAP Fieldglassプラットフォームに登録されており、企業は国境を超えて専門スキルをみつけだすことも可能です。

また外部人財の就業状況・履歴を可視化することにより、全体像を把握し、支出の多い/少ない領域を見出し、より効率的に全体支出管理が可能となります。この続きは別の機会にご紹介します。

 

SAP Fieldglassに関する詳細のご説明や資料をご希望の方は、こちらより登録ください。
別途担当者よりご連絡させていただきます。

SAP Fieldglass オンラインセミナーのご案内

~サービス(外部人財:派遣・業務委託)調達管理がわかるシリーズ(全5回) ~

第1回 (概要) 外部人財の手配効率化と外注費用の最適化 2020年4月9日(木) 14:00-14:50

第2回 (派遣管理) 派遣契約・実績管理の効率化 2020年5月14日(木) 14:00-14:50

第3回 (業務委託) その作業内製化すべきか?業務委託で外製を継続か?

2020年6月11日(木) 14:00-14:50

*第4回、第5回は日時確定後、別途お知らせします。

お申込はこちらより登録下さい。本セミナーは開催後webからオンデマンドでご覧いただけます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • 日東電工がクラウドソリューションによる柔軟な経営基盤を実現

    日東電工株式会社は、グローバルシェアNo.1を目指すグローバルニッチトップ™戦略、各国・エリアの市場において特有のニーズに応じた製品を投入してトップシェアを狙うエリアニッチトップ®戦略を掲げています。柔軟な事業戦略と強固な経営基盤のため、SAP ConcurやSAP SuccessFactors、SAP Aribaを中心としたSaaS型クラウドソリューションをグローバルに展開しており、SAP S/4HANAやSAP Fieldglassの導入に向けた全社プロジェクトが進行中です。そこで、SAP Japan Customer Award 2020で「Cloud Adoption」部門を受賞した同社の経営基盤を支える、SAPのクラウドソリューションのあり方を伺いました。

    続きを見る

  • KPIから「パーパス」へ―企業内社会起業を牽引するSAPジャパンの21世紀型ビジネスモデル―

    貧困や環境問題などの社会課題を解決する「社会起業(ソーシャルイノベーション)」が注目されています。各企業においても、ビジネスの継続性を含む新たな社会起業実現の動きが台頭してきました。自身の業務を抱えながら、企業内でいかに社会課題解決に携わることができるか。今回は2021年6月24日にVenture’s Cafe Tokyoで行われた『組織(人)から始める 最強のソーシャルイノベーションの起こし方 〜企業内社会起業家になる方法〜』の詳細をお伝えします。

    続きを見る

  • “ニューノーマル” 時代を勝ち抜くための5つの対処策

    銀行、保険業界などの金融機関でも、ここ数年で急速にデジタルトランスフォーメーション(DX)の必要性を認識し、投資や新規サービスを推進されてきました。そのような中で新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中に感染拡大する事態へ突入、このパンデミックの現状は、まさに企業のデジタル・レディネスを証明する機会となってしまいました。顧客訪問は必要最小限にとどめ、インターネットなどの情報ネットワークへのアクセスを活用し、顧客のニーズマッチするようにパーソナライズされたデジタルエクスペリエンスの提供が求められます。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら