COVID-19状況下での社会貢献活動

作成者:SAP編集部 投稿日:2020年5月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

CSR image_2SSAPジャパンは、新型コロナウイルス対策支援に向けた CSR活動の一環として、2011年の東日本大震災時からの支援パートナーである国際NGO特定非営利活動法人オペレーション・ブレッシング・ジャパン(OBJ)へ、600万円の支援金を寄附しました。

この支援金は、福祉・医療現場等へ、除菌水(次亜塩素酸水)・マスク等の備品の購入・配布のために活用されます。
 

医療・介護・福祉施設の最前線で勤務されている方々は感染のリスクをできるだけ抑えながら、日々懸命に利用者の生活支援にあたっておられます。現場の方々の体力的・精神的負担は極めて深刻な状況です。この状況を少しでも改善できるよう、OBJでは既に多くの医療・介護・福祉施設へ支援を行っていますが、今回のSAPによる支援金を活用いただき、OBJは、独自生産した除菌水(次亜塩素酸水)6,000リットルとマスク12000枚以上を全国各地の医療・介護・福祉施設に配布します。そして、今後も引き続き要望を受けている施設へ順次配布作業を進めます。

除菌水を受け取った各施設の方々やOBJより感謝のお声が多く寄せられています。

  • 「このご支援によって、私たちは消毒液という物質面だけでなく、皆さまのお気持ちの面での温かく力強い後押しをいただけたように感じています。」(京都市 身体障がい福祉施設からのメッセージ一部抜粋)
  • 「寄付によって、たくさんの生活弱者をコロナウイルスから守るために次亜細塩素水を生産、届けることができ、とても感謝しています。SAPとOBJが共有する起業家精神(entrepreneurship)の理念に基づいて、敏速に対応出来ました支援プロジェクトです。ありがとうございます。」(OBJからのメッセージ一部抜粋)

CSR image_3S
今後も引き続き「企業として貢献できること」として除菌水とマスクなどの備品購入・配布を支援していきます。また「社員として貢献できること」として、SAP社員から医療・介護・福祉現場の最前線を支えている方々へ、除菌水やマスクと一緒に、感謝のメッセージとエールも添えてお届けし、支援の輪を広げるCSR活動推進していきます。

新型コロナウイルスによる危機を乗り越え、社会に貢献できる活動をめざしていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • ハイドロ・タスマニア: リモートワーク環境下での SAP S/4HANA プロジェクトの実施と稼働

    ハイドロ・タスマニアが今年6月にSAP ERP から SAP S/4HANA 及び SAP Fiori への移行プロジェクトを完了したニュースをお届けします。従来の計画でも10ヶ月というタイトなスケジュールの中、移行プロジェクトは進んで行きましたが、3月からはパンデミックの影響を受け、全てのプロジェクト活動はリモートで行なわれることになりました。 本番稼働までの最後の 3 ヶ月間には最終テストや本番稼働に向けた様々な準備がありましたが、リモートの環境下でも計画通りに稼働することができました。

    続きを見る

  • 宇宙から見たビジネス#8:安全保障

    宇宙と安全保障について簡単にご紹介します。

    続きを見る

  • 大手町新オフィスプロジェクト「KARUGAMO」 ―SAPジャパンの成長を加速させ、社員の声が結実した新たなコラボレーション環境とは

    ニッポンの「未来」を現実にするために、SAPジャパンの社員が取り組んでいるさまざまな変革プロジェクトをご紹介する本連載。10回目の今回は「大手町新オフィスプロジェクト(KARUGAMOプロジェクト)」について取り上げます。コロナ禍によるリモートワークへの移行を背景に、多くの企業がオフィスのあり方を見直す中、SAPジャパン自身の新たな働き方を追求する機会とするべくスタートした本プロジェクト。2022年8月に迫った正式オープンに向けて、今まさに佳境を迎えている新オフィスへの移転に込められた狙いについて、同プロジェクトのリーダーを務める総務部 プロジェクトマネージャーの瓜田良介さんに話を聞きました。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら