アマゾンのクラウドサービス(AWS)が選ばれる理由とは?


こんにちは、SAPジャパンの吉越です。4月25日に開催された「クラウド徹底活用セミナー・SAPクラウド対応全面解禁! 対応力スピードアップとTCO“劇的”削減共存の秘密」のセッションレポートの第2回。今回はアマゾン データ サービスジャパン株式会社によるサービス紹介「アマゾン ウェブ サービス(AWS)で実現する最新・最適・最速SAP実装術」です。このセッションは、同社のシニアマーケティングマネージャーを務める小島英揮氏によるAWSの概略紹介と、エコスシステム ソリューションアーキテクトの松本大樹氏による技術デモ解説で構成され、AWSが実質的にすべてのSAPソリューションの本番稼働環境として認定された、唯一のクラウドインフラであることを強く印象付ける内容となりました。

第1回:『Cloud first, Cloud fast』―。モバイル、SAP HANA、クラウドによるSAPの新たなイノベーション戦略
第3回:SAP ERPのクラウド運用でTCOを65%削減。健康関連の大手通販サイト(前編)
第3回:SAP ERPのクラウド運用でTCOを65%削減。健康関連の大手通販サイト(後編)

急速にクラウドファーストに移行する世界のITトレンド

274115_l_srgb_s_glセッションの冒頭で小島氏は、これだけクラウドが注目を集めているにもかかわらず、いまだに企業のIT 担当者の間では「クラウドはまだ身近なものではない」と考えている現状を指摘。一方、同社の実績として、すでに多くの企業がAWSを採用している事実にも触れ、「この落差は、私たちのクラウドサービス=AWSが社内向けシステムとして利用されている例が非常に多い一方で、アマゾンというとパブリッククラウド=ファイアウォールの外側というイメージのまま、きちんとクラウドの評価をしていない方もまだまだ多いことを意味しています。しかしながら、実際にはActive Directory 等社内ネットワークと統合しての利用が急速に広まってきています。」

実際、この1年ぐらいの傾向として、いわゆるミッションクリティカルといわれる領域でも、クラウド活用に向けた積極的な動きが見られるようになっています。例えば2012年夏に、金融情報システムセンターの安全対策基準に対するリファレンスガイドが、SCSK、NRI、ISIDの3社共同で発表されています。この背景には、多くの金融機関からクラウドサービスの利用を前提にした調査や問い合わせが寄せられている事実があります。

「2013年1月には『日経コンピュータ』誌が、企業100社の調査結果を踏まえて、すでに世の中はクラウドファーストの時代になっているという記事を掲載し、その代表的な事例としてSAPをAWS上で稼働させるSAP on AWSのソリューションが紹介されています」と、小島氏はエンタープライズ領域での急激なクラウド志向の高まりを強調します。

image001

SAP&AWSのパートナーシップが、容易な移行と大幅なコスト削減を支援

小島氏は、現在のクラウドの大きな特長として「インフラとしてのクラウド」という点に着目します。これまで企業の間では、クラウドの普及がまったく進展していなかったわけではありません。しかし、これらの多くはメールシステムやCRM、SFAなど、用途が特定の領域に限定されたものでした。現在のクラウドは、それ自身がさまざまなシステムのインフラとなり、このプラットフォーム上にオンプレミスで稼働中のオープン系システム等をマイグレーションする。その器として、クラウドそのものの果たす役割が大きく異なってきていることを指摘します。

「この結果、クラウドを利用して社内の汎用サーバー数を減らし、調達面・運用面ともにコスト圧縮と運用の負荷軽減を実現しようという動きが生まれてきました。このようにインフラとしてのメリットが認知されたことで、『企業システムはクラウドへ移行する方が良い』といったコンセンサスが世の中に浸透してきているのです」

さらに、こうした潮流の中でアマゾンのクラウドサービス=AWSが選ばれる理由として、小島氏は次のような点を挙げます。