SAP ERPのクラウド運用でTCOを65%削減。健康関連の大手通販サイト(前編)

作成者:吉越 輝信投稿日:2013年6月7日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは、SAPジャパンの吉越です。4月に開催された「クラウド徹底活用セミナー・SAPクラウド対応全面解禁! 対応力スピードアップとTCO“劇的”削減共存の秘密」のセミナーレポート。第3回目は、ケンコーコム株式会社 取締役 IT本部長の新井達也氏によるお客様事例「ビジネススピードアップへの最適解 SAP ERP on AWS導入事例のご紹介-ビジネススピードアップだけでなく、TCOを65%削減も同時に実現」です。

後編はこちら:SAP ERPのクラウド運用でTCOを65%削減。健康関連の大手通販サイト(後編)
第2回:アマゾンのクラウドサービス(AWS)が選ばれる理由とは?
第1回:『Cloud first, Cloud fast』―。モバイル、SAP HANA、クラウドによるSAPの新たなイノベーション戦略

市場の変化に柔軟な統合システムの構築が急務

Sam Ping Foon, China At Sunset健康食品や化粧品、医薬品など健康関連商品の通販サイトを運営するケンコーコム株式会社では、2012年8月、アマゾン ウェブ サービス(AWS)上でSAP ERP による新たな会計/在庫管理システムの稼働を開始しました。

約20万点に及ぶ膨大な商品を市場やビジネスの変化に合わせて提供しなければならない同社が掲げるIT運用のポリシーは「スピード」です。SAP ERP導入の背景についても、新井氏は「eコマースはビジネスの変化が非常に激しい世界です。対応が後手に回ると、同時に利益も失われます。それだけに、市場の変化に柔軟に対応できるシステムを作る上げることが至上命題でした。システムの導入スピードも含めて、AWS を活用したSAP ERPクラウド運用を決断した理由も、この点にあります」と振り返ります。

業務ごとにカスタマイズされたシステムが分散する従来の環境では、必要に応じて、その都度追加開発を行っていました。

「そこでは当然、膨大な時間とコストが発生します。また、複数のシステムから抽出したデータは整合がとれず、意思決定の資料としても問題がありました。こうしたことから、業務のオペレーション、また経営という観点から、これらのシステム統合は急務でした」

ケンコーコムでは2011年9月、かねてから検討してきたSAP ERPとAWSによるシステム統合およびクラウド移行のプロジェクトをスタートさせます。それまでは5つに分かれて運用してきたオンプレミスの業務システムを、AWS 上に立ち上げたSAP ERPに集約。統合データベースによるデータの一元管理や業務の標準化、データのトレーサビリティと整合性の担保など、これまで実現できなかった課題をすべて解消しようとする試みでした。

震災の教訓を踏まえ、50台のサーバーをAWSに移行

SAP ERPとAWSの組み合わせについて、新井氏は「これまでの経緯や実績を踏まえると、必然かつ最良の組み合わせだった」と語ります。ケンコーコムがAWS を利用し始めたのは、まだAWSのデータセンターが日本国内になかった2009年のことです。同社の膨大な商品写真のデータを、AWSのUSリージョンに置き、そこからCDNを利用してキャッシュサーバーへ送出することにしたのです。コスト削減効果に加えて使い勝手は良好で、東京リージョンのデータセンターが開設されるとすぐに移行しました。

大きな転機は2011年の5月にやってきました。ケンコーコムでは同年3月の東日本大震災の教訓を踏まえ、安定的な事業体制の構築に向けて、本社機能の一部を福岡オフィスへ移転することを決定したのです。

「これを契機に、東京のデータセンターにあった約50台の物理サーバーを、約5カ月間ですべてAWSのクラウドに移行しました。こうした経緯を考えると、同年秋以降のSAP ERPによるシステム統合に際して、AWSを移行先のインフラに選択したのは、ごく自然なことでした」(新井氏)

また新井氏は、システム統合のためのERPパッケージとしてSAPの選択についても「健康関連商品のeコマースサイトとしてはかなりの規模に成長し、お客様や取引先に対する責任からも、高い性能と実績を持つパッケージ製品を選択するべきだと考えました。ビジネスの成長に合わせたシステムの拡張や無駄な投資を回避する観点の観点から、この先10年後を見越した運用という点でもSAP は最適でした」と語ります。

加えて、導入実績の豊富さから、多くの技術リソースや導入ノウハウも提供されており、ケンコーコムのITポリシーである「スピード」を実現できるという確信があったと、新井氏は付け加えます。

後編では、今回のシステム統合およびAWSの活用において得られた具体的なメリットをご紹介したいと思います。

ご質問はチャットWebからも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。

●お問い合わせ先
チャットで質問する
Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら