SAP Analytics Cloud の Augmented Analytics 概要

作成者:山田 絵美投稿日:2020年10月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

*本ブログはSAP Analytics Cloudの機械学習機能に関するブログシリーズの一つです。他のブログでは、Smart Predict の概要説明、及びSmart Predict のハンズオン手順をご紹介しておりますので是非ご一読ください。

————————————————————————————————————————————

近年、AIや機械学習でデータ活用をサポートする「Augmented Analytics(拡張分析)」への関心が高まっています。Augmented Analytics(拡張分析)は、データ準備やデータの探索、原因分析、予測などを、機械学習や自然言語処理(NLP)などの技術によって自動化するものです。

Augmented Analytics(拡張分析)によって、人手による作業を軽減し、データに基づいた深いインサイトが得られることでより正確な意思決定が可能になります。また、データサイエンティストや技術者でなくても容易にデータからインサイトを発見できるようになり、より多くのユーザーがデータを活用することが可能になります。

少し振り返りますと、Augmented Analytics(拡張分析)はGartnerの2017 Hype Cycle for Emerging Technologies reportで「データ&アナリティクスの未来である」と報告されたことをきっかけに大きなトレンドとなりました。さらに「2020年までにはAugmented Analyticsはアナリティクスとビジネスインテリジェンスの新規購入における最も有力なドライバーになるだろう」と予測されており、今後も耳にする機会は増えていくと考えられます。

さて本ブログでは、SAP Analytics Cloudが提供するAugmented Analytics(拡張分析)はどういうものか、動画を中心に分かりやすく特徴をご紹介していきたいと思います。

 

スマートアシスト機能概要

SAPのアナリティクスの中核ソリューションであるSAP Analytics Cloudでは、Augmented Analytics(拡張分析)は「スマートアシスト」機能として製品の様々なところに組み込まれ、特別な知識を必要とせず簡単にご利用いただけるようになっています。

以下の4つが代表的な機能です。

SACスマートアシスト機能概要
以下で、それぞれの概要をご紹介いたします。

 

スマート検索

スマート検索は、自然言語で問いかけると自動的に最適なグラフが表示される機能です。

レポートデザイナツールをいちいち操作しなくても、直感的に、知りたい情報を素早く手に入れることができます。

ご利用イメージは以下の動画をご覧ください。残念ながら現時点では英語の文章のみの対応ですが、結果をいかに素早く得られるかを感じていただけるかと思います。

 

スマートインサイト

何らかのグラフやテーブルを見たとき、そのグラフやテーブルの背景にある情報を知りたくなったことはありませんか?

スマートインサイトは、グラフやテーブルからボタン一つで、データに含まれる別の軸との関係性や差異の情報を提示してくれる機能です。

日本語の文章で、この地域の売上にもっとも影響しているのは性別では女性、年代では40代ですよ、と教えてくれます(※文章はイメージです)。まるで裏側に優秀なアシスタントがいるみたいですね!

 

スマートディスカバリ

スマートディスカバリは、機械学習技術を利用し、データ全体を探索してデータの特徴を示すストーリーを自動作成する、つまりデータ探索作業を自動化するものです。

操作は簡単。データと対象項目(KPIなど)を指定するだけで、機械学習モデルが自動的に作成され、指定した項目の概要、キーインフルエンサ、外れ値、シミュレーションの4ページ(対象項目がメジャーの場合)が自動的に作成されます。

人手で様々な角度で分析したレポートを作成するのはとても時間がかかりますし経験も必要になります。スマートディスカバリは数クリックのみで自動的にデータ探索を行ってくれるため、作業を省力化すると同時に素早くデータを理解することが可能になり、分析の出発点として大いに役立ちます。

 

Smart Predict

スマート検索、スマートインサイト、スマートディスカバリは、基本的には過去に何が起きたかの理解をサポートする機能です。

一方Smart Predictは、過去データの傾向を学習し将来どうなるのか?を予測するための機能です。データを投入しターゲット変数を指定するだけで、自動的に機械学習モデルが作成され、未知のターゲット変数の予測を行うことができます。同時に予測に影響が強いキーインフルエンサは何か、どのように影響しているのかなどの解釈もサポートします。

機械学習による予測を一方的に信じろ、というのはまだなかなかハードルが高いですよね。こちらは「説明可能なAI」ですので、納得感を持って予測を利用することが可能になります。

 

Smart Predictについてはさらに詳細な情報を以下のブログに記載しております。ぜひご参照ください。

SAP Analytics Cloud の Smart Predict 概要

触ってみよう!SAP Analytics Cloud の Smart Predictで分類予測

 

以上でSAP Analytics Cloudが提供するAugmented Analytics(拡張分析)の代表的な機能をご紹介いたしました。ご紹介しきれませんでしたが、他にも時系列予測やスマートグルーピングなどの機能もございます。詳細はこちらのサイト(英語)もご参照ください。

SAP Analytics Cloudは無償のトライアル版もご提供しております。ぜひ皆様もご自身のデータで試してみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • 取り組みからの示唆を再考する – 審査員がモロッコ保健省に込めた思いとは

    北アフリカの西に位置するモロッコ王国(以下モロッコ)。古くから北アフリカの広い地域に住む先住民族の文化、アラブ文化、ヨーロッパ文化の融合で有名で、観光に訪れる人々も多い国です。映画「カサブランカ」を思い起こす方もいらっしゃるでしょうか。そのモロッコのMinistry of Health – 保健省がSAP Innovation Awards 2021のSocial Catalyst部門で唯一の受賞者になりました。

    続きを見る

  • 異なるインスタンスの経営情報を統合し、 グローバル戦略を支える新たな管理基盤として SAP Analytics Cloudを導入

    世界中の人びとの豊かで快適な住まいの実現のために、日々の暮らしの課題を解決する水まわり・建材製品をグローバルで幅広く開発・提供するLIXILグループの中核企業として、国内トップクラスの実績を誇る株式会社LIXIL。同社では近年、M&Aによるグローバル化を積極的に推進し、事業会社間のシナジーを最大限に高めるためのマネジメント体制の強化にも力を注いできました。その中で海外の事業会社を含むグループ全体の経営情報を管理する統合基盤として、SAPが提供するクラウドBI・分析ソリューションであるSAP Analytics Cloudを2019年1月に導入し、より効率的で精度の高い経営管理の実現を目指しています。

    続きを見る

  • 触ってみよう!SAP Analytics Cloud―第2回:ストーリーの作成

    SAP Analytics Cloud の30日間無料トライアル。前回の記事でご紹介したトライアル環境で作成したモデルを利用し、グラフの作成や、ドリルダウンなどの可視化・分析の手順をご紹介したいと思います。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら