触ってみよう!SAP Analytics Cloud for planning―第2回:計画入力画面の作成

作成者:坂本 真一投稿日:2020年10月28日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAP Analytics CloudはSAPが提供するクラウドベースのアナリティクスソリューションです。「BI(可視化) 」、「Planning(予算計画管理) 」、「Predictive(予測・機械学習) 」の機能を一つのプラットフォーム上で提供しています。これら機能は相互にシームレスに連携しながら活用することで、製品としての価値を最大限発揮することができます。

SAPジャパン公式ブログでは各機能のハンズオンをご紹介しています。本ブログは「Planning(予算計画管理)」のハンズオンです。商品の販売計画の着地見込みを例にPlanning(予算計画管理)機能を体験するハンズオンとなっています。ブログは3回構成になっており、第1回:アカウント登録及び計画モデル作成第2回:計画入力画面の作成第3回:着地見込み計画をご紹介します。

本ブログ記事は第2回:計画入力画面の作成となります。未実施の方は第1回よりご覧ください。第2回では、第1回で作成した計画モデルを活用し、計画を入力する画面を作成します。その中で、SAP Analytics CloudのPlanningの持つ「バージョン管理機能」等をご紹介します。

まず、最初にご注意頂きたい点を記載いたします。

※ SAP Analytics Cloudは、四半期に1度のペースで製品のバージョンアップが実施されます。そのため今後のバージョンアップにより、本ブログで紹介する画面キャプチャや、操作が異なる可能性があることをご了承ください。(本ブログは2020年10月に作成しています。)

※ 今回のご紹介する操作を行うにあたって、Google Chromeをご利用ください。

 

1.計画用ストーリーの新規作成

ストーリーとは、チャート、地図、テキスト、画像、ピクトグラムなどを画面上に自由に配置し、モデルに定義されたデータを説明するプレゼンテーションレイヤーです。計画の入力画面もストーリーにて作成します。

1.新規のストーリーを作成します。画面左上のメインメニューより、「作成」→「ストーリー」を選択します。

P1-1-1

いくつかのテンプレートを利用することも可能ですが、今回はゼロから画面を作成します。「キャンバスページを追加」をクリックします。

P1-1-2

2.計画入力用テーブルの作成

新規作成したキャンバスに、テーブルを追加します。

1.キャンバスに追加するオブジェクトとして、「テーブル」をクリックします。

P1-2-1

2.データソースを選択するダイアログがポップアップします。触ってみよう!SAP Analytics Cloud for planning―第1回:アカウント登録及び計画モデルで作成した「SampleData」を選択します。

P1-2-2

3.空のテーブルコンポーネントがキャンバス上に配置され、右のパネルには、ビルダパネルが表示されます。本ハンズオンでは上半期の商品販売の実績情報をベースに、下半期の着地見込みの計画を入力するための表を作成します。

P1-2-3

4.ビルダパネルで、チャートの設定を行います。行の「+メジャー/ディメンションを追加」をクリックし、「商品」を選択、列の「+ディメンションの追加」をクリックし、「年月」を選択します。

P1-2-4

5.次に、テーブルの列の年月を四半期ごとに表示し、さらに1年分を表示させます。年月のフィルタボタンを選択し、「メンバーによるフィルタ」を選択します。

P1-2-5

6.表示された年月のフィルタパネルにて、「入力値のないメンバーの表示」をONにし、Q1からQ4にチェックを入れます。「入力値のないメンバーの表示」とは、計画値のように現在はデータが存在していないディメンションメンバー(今回はQ3とQ4)もテーブルやチャートに表示するための機能です。

P1-2-6

7.次に、テーブルに合計の行を表示します。「商品」のところで右クリックし、「表示/非表示」、「合計」を選択します。

P1-2-7

 

8.同様に、「年月」のところでも右クリックし、「表示/非表示」、「合計」及び「入力値なし」を選択します。

P1-2-8

9. 7.8.を行うことで、行と列に「合計」が表示され、「Q3」と「Q4」が表示されます。

P1-2-9

10.次にテーブル内に表示されている数字のスケールと小数部を変更します。スタイルパネルの「スケール」で「百万」、「小数部」で「0」を選択します。

P1-2-10

 

11.最後に販売計画を入力する「着地見込み」バージョンを作成します。メニューから「バージョン管理」を選択します。

P1-2-11

12.右側の「バージョン管理」パネルより、公開バージョンの「Actual」を「コピー」します。

P1-2-12

13.「非公開バージョンにデータをコピー」というパネルが表示されます。「バージョン名」を「着地見込」と入力し、カテゴリで「予測」を選択、「すべてのデータをコピー」を選択してください。

P1-2-13

14.以上の操作により、「着地見込」という「非公開バージョン」が作成されます。SACではデータのバージョンを公開バージョン・非公開バージョンに分けて管理することができます。非公開バージョンは、個人ごと、チームごとに、自由にデータを編集してシミュレーションを行い、確定した段階で公開バージョンとして、他ユーザに公開することができます。年初の確定予算を利用し、チームごとに修正を行ったり、期中の見直し予算を行うなど、複数のバージョンを作成することで、バージョン間比較を行い、予算シミュレーションや着地予測シミュレーションを行うことが可能です。

P1-2-14

15.テーブルに表示するデータを「着地見込」バージョンにします。ビルダパネルの「Category」のフィルタを開き、「Actual」のチェックを外します。

P1-2-15

16.以上により、商品別にQ3とQ4の「着地見込」の計画を入力するテーブルが作成されました。最後に「保存」ボタンを押し、「商品別着地見込」と名前を入力し、保存します。

P1-2-16

P1-2-17

17.以上でストーリーの完成です。

今回は、販売着地見込を計画するための入力画面のストーリーを作成しました。第3回は、作成した着地見込み計画の入力画面を利用して、計画値の入力を行う操作についてご紹介したいと思います。

触ってみよう!SAP Analytics Cloud for planning―第3回:着地見込み計画

尚、こちらのハンズオン後、そのまま「BI(可視化)」第2回のハンズオンを実施することが可能です(同一のデータソースを使用しています)。今回のハンズオンでは単純な表形式の入力画面の作成でしたが、ビジュアルなチャートと連動した計画入力画面の設計が可能になります。それによって、BIとPlanningを連動して活用できるということを体感できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

着記事お知らせメール登録

ブログ記事の情報をメール配信しています。

以下にご指定のメールアドレスを入力し「登録する」ボタンをクリックすると、確認メールが送信されます。そのメールに記載されているURLをクリックすることで登録が確定されます。また、登録の解除も以下からお願いします。


メールアドレス