第4回:「人材の見える化」を実現する人材データベースの考え方


みなさんこんにちは、サクセスファクターズジャパンの森です。先日Success Connect 2013 Sydneyという弊社のAPAC最大のプライベートイベントに参加してきました。SAPとのシナジー、最新ソリューション、多数の顧客事例などとても新鮮でした。イベントの内容に関してはこのブログでも今後披露できれば思います。今回は、タレントマネージメントの最初のステップである、「人材の見える化」と、それを実現する人材データベースの考え方について書いてみたいと思います。

■タレントマネージメントの考え方とは

世界最大の人材マネジメント協会(SHRM)は、タレントマネージメントを以下のように定義しています。

『人材の採用、選抜、適切な配置、リーダーの育成・開発、評価、報酬、後継者養成等の各種の取り組みを通して、職場の生産性を改善し、必要なスキルを持つ人材の意欲を増進させ、その適性を有効活用し、成果に結び付ける効果的なプロセスを確立することで、企業の継続的な発展を目指すこと』

また、米国人材開発協会(ASTD)では、以下のように定義しています。

『仕事の目標達成に必要な人材の採用、人材開発、人材活用を通じで、仕事をスムースに進めるための最適の職場風土、職場環境を構築する短期的/長期的、統合的な取り組み』

このように統合的なタレントマネージメントは、『情報分析』→『人事計画』→『採用・異動』→『評価』→『研修・育成』→『処遇・待遇』→『情報分析』のようなPDCAサイクルで管理されるべきものです。そして、これらの統合的タレントマネージメントの基盤となるのが「人材データベース」です。