触ってみよう!SAP Analytics Cloud for planning―第1回:アカウント登録及び計画モデル作成


SAP Analytics CloudはSAPが提供するクラウドベースのアナリティクスソリューションです。「BI(可視化) 」、「Planning(予算計画管理) 」、「Predictive(予測・機械学習) 」の機能を一つのプラットフォーム上で提供しています。これら機能は相互にシームレスに連携しながら活用することで、製品としての価値を最大限発揮することができます。

SAPジャパン公式ブログでは各機能のハンズオンをご紹介しています。本ブログは「Planning(予算計画管理)」のハンズオンです。商品の販売計画の着地見込みを例にPlanning(予算計画管理)機能を体験するハンズオンとなっています。ブログは3回構成になっており、第1回:アカウント登録及び計画モデル作成、第2回:計画入力画面の作成第3回:着地見込み計画をご紹介します。

また、別のブログにて「Planning(予算計画管理)」のみではなく、「BI(可視化)」や「Predictive(予測・機械学習)」のハンズオンも紹介しておりますので、是非ご覧ください。

「BI(可視化)」

「Predictive(予測・機械学習)」

尚、「BI(可視化)」に関しては、「Planning(予算計画管理)」と同一のデータソースで行っておりますので、「Planning(予算計画管理)」の第2回で作成したストーリーの拡張として、「BI(可視化)」第2回のハンズオンを実施することも可能です。それによって、BIとPlanningを連動して活用できるということを体感できます。

長くなりましたが、触ってみよう!SAP Analytics Cloud for planningの第1回となる今回は、ログインアカウントの登録、サンプルデータの取り込み、データモデルの作成までをご紹介します。

まず、最初にご注意頂きたい点を記載いたします。

※ SAP Analytics Cloudは、四半期に1度のペースで製品のバージョンアップが実施されます。そのため今後のバージョンアップにより、本ブログで紹介する画面キャプチャや、操作が異なる可能性があることをご了承ください。(本ブログは2020年10月に作成しています。)

※ 今回ご紹介する画面の操作には、Google Chromeをご利用ください。

1.アカウントの登録

トライアル環境へログインするためのアカウントを登録します。

  1. 以下のウェブサイトへアクセスします。
    SAP Analytics Cloudトライアル
  2. メールアドレスの入力、SAPのパートナ企業であるかを選択をし、「送信」をクリックします。
  3. システムの準備が完了後、入力したメールアドレスにお知らせメールが届きます。
  4. 届いたメールにある「Activate Account」をクリックし、パスワード設定画面を開きます。
  5. ログインするためのパスワードを設定し、「保存」ボタンをクリックします。
  6. アカウントが有効化された後、「続行」ボタンをクリックします。
  7. SAP Analytics Cloudのトップページが表示されます。

P0-1-7

2.表示言語の変更

ログイン直後の状態では、すべてのメニューが英語で表示されていると思います。プロファイルの変更により、日本語のユーザインターフェースへ変更します。

  1. 画面右上のアカウントアイコンより、「Profile Settings」を選択します。P0-2-1
  2. 編集アイコンをクリックし、Language を、「English」→ 「日本語」に変更し、「Save」をクリックします。
  3. 日本語のインターフェースに変更されたことを確認します。

 

P0-2-2

3.モデルの作成

モデルとは、ディメンション(分析軸)とメジャー(数値)からなる分析用データセットの定義体です。例えば、会計年度の定義、ドリルダウンの階層定義、計算ロジックや集計方法などを設定します。

今回はCSV形式のサンプルデータを利用して、モデルを作成する手順をご紹介します。

以下リンクより、ZIPファイルをダウンロードし、任意のフォルダへ解凍してください。CSVファイルが含まれています。
サンプルデータをダウンロード

※ CSVファイルはUTF-8 エンコードで保存されています。

3-1.データの取り込み

最初にサンプルデータを、SAP Analytics Cloudにアップロードします。

  1. 画面左上のメインメニューより、「作成」→「モデル」を選択します。P0-3-1-1
  2. 「コンピュータからファイルをインポートする」を選択します。P0-3-1-2
  3. ソースファイルを選択するダイアログボックスがポップアップします。「ソースファイルの選択」をクリックし、先ほど解凍したCSVファイル(csv)を選択します。
  4. 「最初の行を列ヘッダとして使用」にチェックが入ってること、「CSV区切記号」が「自動認識」になっていることを確認し、「インポート」をクリックします。P0-3-1-4
  5. データが正しくアップロードされたことが通知されますので、ファイル「csv」をクリックします。P0-3-1-5
  6. 「データは正常にアップロードされました。データセットに数多くの行があるため、操作対象のサンプルを選択しました。 サンプルに対して行った操作は、データセット全体 モデル作成時 に適用されます。」という通知が出てくるので「OK」をクリックします。
  7. 取り込んだデータのプレビュー画面が表示されます。P0-3-1-7

3-2.分析項目の設定

正常にデータを取り込めた後は、各項目に対し階層の定義や地理情報の追加など、分析に必要な設定を行います。

  1. データプレビュー画面より、「商品」の列ヘッダーをクリックし選択します。右のパネルに「商品」の詳細情報が表示されます。P0-3-2-2
  2. 右のパネルから「+ディメンション属性を追加」をクリックし、「説明」を選択します。
  3. 表示される項目一覧より「商品名称」を選択します。
  4. もう一度、「+ディメンション属性を追加」をクリックし、「親子階層構造(親)」を選択します。
  5. 項目の一覧より「商品カテゴリ」を選択します。P0-3-2-5
  6. 続いて、「店舗」の列に対し、設定を行います。データプレビュー画面より、「店舗」の列ヘッダーをクリックし、右のパネルに「店舗」の詳細情報を表示します。
  7. 同様に、「+ディメンション属性を追加」をクリックし、「説明」として、「店舗名称」を選択します。
  8. もう一度「+ディンション属性を追加」をクリックし、「親子階層構造(親)」として、「店舗エリア」を選択します。P0-3-2-8
  9. 続いて、「年月」の列ヘッダーをクリックし選択します。右のパネルに「年月」の詳細情報が表示されます。右のパネルから「タイプ」を「日付ディメンション」に変更します。P0-3-2-8(add)
  10. さらに、店舗の属性として地理情報を追加します。キャンバス上部にあるメニューより「地理情報付加」のアイコンをクリックします。
  11. 「座標」を選択します。P0-3-2-10
  12. ディメンション名に任意の値を入力し、ロケーションID・テキストに座標をリンクしたい項目(今回は店舗)を選択します。そして「緯度」=「緯度」、「経度」=「経度」となるように座標を選択します。
    ※ディメンション名は大文字と小文字(A-Z、a-z)、数字(0-9)、または下線(_)のみを使用してください。P0-3-2-11

3-3.モデルの保存

最後にモデルを保存します。

  1. 右パネル上部にあるキューブのアイコンをクリックし、モデルの詳細を開きます。P0-3-3-1
  2. モデル詳細パネルより、「モデルのデフォルト通貨」を「USD」→「JPY」に修正します。P0-3-3-2
  3. そして、「計画有効化」にチェックを入れ、「計画日付ディメンション」として「年月」を選択します。
    P0-3-3追加
  4. 「モデルの作成」をクリックします。設定したモデルの整合性をチェックした後、正しくモデル作成が実行され、モデル名「SampleData」として保存します。

3-4.計画モデルの詳細の設定

最後に、モデルの編集画面で、計画の時間範囲を設定します。初期状態では、サンプルデータの範囲である、「2020/1ー6月」になっていますが、第2回、第3回では、2020年通年の着地見込みを計画するため、「2020/1ー12月」に変更します。こちらの画面にて、マスターのメンテナンスや、データのロック、アクセス制御の設定などを行うことができます。

  1. 作成した計画モデルの計画期間を変更します。メニューから「モデル推奨設定」を選択します。P0-3-4追加
  2. 「計画および時間範囲」より「終了」を「2020/12/31」に変更します。これにより、2020年の着地予測として、2020/7/1以降の計画の入力が可能になります。P0-3-4-2追加
  3. 最後に、メニューの「保存」を押して、モデルの編集は完了になります。

今回は、トライアル環境へのアカウントの登録から、計画モデルの作成までの流れをご紹介しました。第2回は、今回作成したモデルを利用して、計画値を入力するテーブルを作成します。

触ってみよう!SAP Analytics Cloud for planning―第2回:計画入力画面の作成