国籍や性別等で区別しない、公正な実力主義を重視するJTグループの人財マネージメント


こんにちは、SAPジャパンの鎌田です。5月24日に東京・霞ヶ関のイイノホール&カンファレンスセンターで開催された「SAPグローバル人材フォーラム2013 第4回 グローバルリーダー育成の取り組み~人事部のあり方と可能性」でのセッションをレポートしていく本連載。今回は、日本たばこ産業株式会社(JT)の人事責任者である佐々木治道氏によるご講演、「グローバル人財育成の取り組みについて」です。

民営化を機にさらなる成長を目指して海外市場に進出

Blades of grass, close-up1985年に日本専売公社の民営化によって、日本たばこ産業株式会社(以下、JT)が設立されて以降、JTはたばこ事業を中核に、医薬品、食品、飲料など、さまざまな分野で事業の多角化を進めてきました。そこには、少子高齢化や喫煙率の低下による国内たばこ市場の縮小で、国内たばこ専業では成長が望めないという市場背景がありました。

そこで同社では、海外たばこ事業への進出を図り、英国のたばこ工場買収などの取り組みを進めていきました。しかし、自力での海外進出は予想以上に困難が多く、そこでの成長にも限界が見えていたと佐々木氏は振り返ります。

「悠長に構えている余裕はありませんでした。そこで『時間を買う』という発想の転換を行い、1999年には米国R.J.Rナビスコ社の海外たばこ事業部門であるR.J.Rインターナショナル社を、さらに2007年には英国の大手たばこメーカーであるギャラハー社を買収するM&A(合併・買収)戦略を進めていったのです」

これらの買収を機に、JTは本格的な海外事業の基礎を固め、世界第3位のグローバルプレーヤーの地位を確立しました。