SAP S/4HANAへのシステムコンバージョンの基礎知識:第1回 SAP S/4HANAへの移行オプションとシステムコンバージョンプロジェクトの進め方


SAP S/4HANAへのシステムコンバージョンの基礎知識を4回に分けてご紹介します。なお、本ブログの内容は2020年12月の技術情報に基づくものであり、将来変更となる可能性があります。

第1回 SAP S/4HANAへの移行オプションとシステムコンバージョンプロジェクトの進め方
第2回 システムコンバージョンの計画やアセスメントに使用するツールとシステムコンバージョンのステップ
第3回 主に気を付けるべきSAP ERPとSAP S/4HANAの機能の相違点
第4回 カスタムコード(アドオン)の移行

SAP S/4HANAへの移行オプション

現在SAP ERPをご利用いただいているお客様にはSAP S/4HANAへの移行オプションは大きく分けて新規導入(グリーンフィールド)システムコンバージョン(ブラウンフィールド)の2種類あります。

Migration Option

SAP ERPのお客様がSAP S/4HANAへ移行する際のオプションは、ビジネス上の目的によって決定されるものです。現在ご使用中のSAP ERPのビジネスプロセスが現状に合っていない等の理由で、この機会にビジネスモデルのイノベーションやビジネスプロセスの最適化を実現するためにSAP S/4HANAでの再構築を選択されるお客様もいらっしゃいます。ビジネスプロセス自体には大きな変更はないものの、イノベーションを取り入れやすいSAP S/4HANAに速やかに移行しておきたいという場合にはシステムコンバージョン(ブラウンフィールド)を選択されるお客様が多くなっています。以下の図にシステムコンバージョンの典型的なPRO(メリット)/CON(デメリット)の比較をまとめました。

Pro Con

また、上記2オプションで目的を達せられない場合は「選択データ移行」という第3のオプションもあります。

選択データ移行は、新規導入やシステムコンバージョンのみでは満たせないお客様固有の移行要件に、柔軟に対応することができます。下記は例であり、お客様固有要件にもとづいた対応も可能です。

SDT

システムコンバージョン概要

システムコンバージョンによるSAP S/4HANAへの移行をより具体的にイメージ頂けるようにプロジェクトの計画から開始までの流れをご紹介します。

なお、システムコンバージョンプロジェクトの計画をするにあたり、コンバージョン自体は出来る限りリスク要素を低減することが必要ですが、リスクのない範囲でSAP Fiori(新しいUser Experience)、機械学習などの検討をシステムコンバージョンと並行して検討する事は非常に有益です。

Conv_Flow

次にシステムコンバージョンの技術的な特徴をご紹介します。確立された手順とツールが存在し、SAP ERPのパラメーター設定、アドオンプログラム、マスター、データをSUM(Software Update Manager)及びその前後の手順によりSAP S/4HANA化することが可能です。

Scenario

SAP Blog Post: SAP S/4HANA 1909 System Conversion Steps & Details How to be prepared

 

システムコンバージョンプロジェクトの進め方

SAP S/4HANA への移行プロジェクトの開始から実行までのステップイメージは下記の様になります。SAP S/4HANA への移行プロジェクトの計画を始動する際に、ビジネスの目的に即したロードマップを描き、正しい情報に基づき移行方法を決定し、プロジェクトの計画を進めていくことが重要となります。そのためには下記のような情報収集やアセスメントサービスを活用し、自社のSAP S/4HANAへの移行計画の策定に必要な情報を整理し、方針を定めます。

PJ

次にSAP S/4HANAへのシステムコンバージョンプロジェクトの全体像のイメージをご説明します。システムコンバージョンは確立された手順・ツールがありますので、プロジェクトの進め方・タスクは想定しやすく、計画も比較的立てやすいものとなります。プロジェクトの進め方は、SAP ERPのアップグレードプロジェクトに近いものになります。

ただし、SAP ERPとSAP S/4HANAは別の製品ですので、標準機能でも廃止になっていたり変更されているものもあります。プロジェクトの期間、難易度を測る要素は「変更の大きい標準機能をどの程度お使いか?」、「どのくらい修正対応が必要なアドオン(カスタムコード/カスタムオブジェクト)があるか?」、「それに伴うテスト期間がどのくらい必要か?」等となります。

PJ_Points

システムコンバージョンプロジェクトにおける主要なステップは以下の通りになります。

  • プロジェクト準備でReadiness Checkや移行アセスメント等の結果に基づき、コンバージョン前後の作業方針を整理
  • サンドボックスコンバージョンにて、一通りのコンバージョンを実施後、具体的な課題を抽出し、Fit&Gap分析にて、課題を分析し、対応方針を決定
  • 開発環境から順次システムコンバージョンを開始し、開発環境上で修正を実施し、検証環境でテストを実施
  • 移行期間は現行環境のメンテナンスは凍結。難しい場合は現行環境と移行用の環境を二重メンテナンス
  • コンバージョン前後の作業手順の確認やダウンタイムの最終計測・調整のため、リハーサルを実施
  • 最終化された手順に基づいて、本番機のシステムコンバージョンを実施

まとめ

本ブログはSAP S/4HANAへの移行オプションとシステムコンバージョンプロジェクトの進め方の概要をご紹介しました。

SAP S/4HANAへのシステムコンバージョンプロジェクトの計画から立ち上げのイメージを大体ご理解いただけたと思います。

下記後続のブログで、事前分析ツールの使い方やSAP ERPとSAP S/4HANAの機能差分の勘所、アドオン(カスタムコード)の移行についてご説明しておりますので、是非、ご参照ください。

後続のブログ投稿

第2回 システムコンバージョンの計画やアセスメントに使用するツールとシステムコンバージョンのステップ
第3回 主に気を付けるべきSAP ERPとSAP S/4HANAの機能の相違点
第4回 カスタムコード(アドオン)の移行