SAP S/4HANAへのシステムコンバージョンの基礎知識:第4回 カスタムコード(アドオン)の移行


SAP  S/4HANAへのシステムコンバージョンの基礎知識を4回に分けてご紹介します。今回は「カスタムコード(アドオン)の移行」についてお伝えします。なお、本ブログの内容は2020年12月の技術情報に基づくものであり、将来変更となる可能性があります。

第1回 SAP S/4HANAへの移行オプションとシステムコンバージョンプロジェクトの進め方
第2回 システムコンバージョンの計画やアセスメントに使用するツールとシステムコンバージョンのステップ
第3回 主に気を付けるべきSAP ERPとSAP S/4HANAの機能の相違点
第4回 カスタムコード(アドオン)の移行

カスタムコード(アドオン)の移行

個別に開発して機能追加したお客様独自のABAPプログラムのことをアドオンと呼ぶことがありますが、本ブログではカスタムコードまたはカスタムオブジェクトと表現します。

これからSAP S/4HANAにシステムコンバージョンで移行しようと検討されている方は、どの様にカスタムコードおよびカスタムオブジェクト調整するのかイメージできていない方もいらっしゃる思います。

本ブログでは、SAP S/4HANA への移行に伴うカスタムコードの移行についてご紹介していきます。

SAP S/4HANA への移行に伴うカスタムコード調整が必要な理由

SAP ERPでは、各アプリケーションは多くのテーブルで構成されていました。

tables

SAP S/4HANAでは新しいリアルタイム要件、ビッグデータ、高スループットのためにデータ構造が変更されています。索引と履歴テーブルは廃止され、オンザフライ集計されるようになります。ただし、多くの廃止テーブルには互換ビューが用意されているので、旧テーブルからデータを読み込んでいるカスタムコードの多くは、これまでどおり機能するような仕組みがあります。

new_tables

SAP S/4HANA への移行に伴うカスタムコード調整

SAP S/4HANAへの移行にあたり、全てのカスタムコードを修正する必要はありません。最低限、クリティカルな影響を受けるカスタムコードのみ修正を施すことで移行のコストを下げることができます。

多くのお客様で、実際には使用されていないカスタムコードが存在しています。それを見極めるために、SCMON/SUSGというツールやST03Nを活用頂けます。そのうえで実際にSAP S/4HANA化による影響分析を行うツールについて紹介します。

custom_codes

カスタムコード(カスタムオブジェクト)の影響分析

SAP S/4HANA では標準オブジェクトの ”シンプル化” により、処理の大幅な簡素化とともに大量データの高速処理を可能にしています。標準オブジェクトの統廃合や機能拡張に伴い、それらのオブジェクトを使用しているカスタムコード(カスタムオブジェクト)に対して調整の要否を確認する必要があります。

カスタムコード(カスタムオブジェクト)の影響分析では、変更された標準オブジェクトは何か、どのカスタムコード(カスタムオブジェクト)が影響を受けたのかを特定します。そしてカスタムコード(カスタムオブジェクト)をどのように変更するべきか把握して、調整を行うべきカスタムコード(カスタムオブジェクト)のボリュームを明確にしていきます。

custom_obj_analysis

カスタムコード(カスタムオブジェクト)分析実施のタイミング

ABAP Test Cockpit (ATC) を利用して、カスタムコード(カスタムオブジェクト)の影響分析を実施するタイミングとしては、テクニカルコンバージョン前 (a) およびコンバージョン後 (b) が想定されます。また、アセスメントにおいても同様のカスタムコード(カスタムオブジェクト)分析を行います。
SAP Blog Post: SAP S/4HANA System Conversion – Custom code adaptation process
を参照ください。

custom_codes_mig

Custom Code Migrationプロセスは、 ①テクニカルコンバージョン前の「カスタムコード分析ステップ」と、②コンバージョン後の「カスタムコード適合ステップ」で構成されています。

 

①カスタムコード分析ステップ:

カスタムコードスコーピング(Custom code scoping)では、SCMONとSUSGツールを使い、使用状況を確認し不要なカスタムコード(カスタムオブジェクト)を特定します。不要または使用しなくなったカスタムコード(カスタムオブジェクト)を削除することも検討します。スコーピングにより、カスタムコード数を削減し、カスタムコード調整に必要な労力を最小限に抑えることができます。

(a) カスタムコード分析(Custom Code Analysis)- (コンバージョン前)

  • コンバージョン前の SAP ERPに対して Central Check System から ATC を起動し、影響を受けるカスタムコード(カスタムオブジェクト)を特定します。ただしシステムはまだシステムコンバージョンされていないため、実際に調整作業の実施が可能なオブジェクトは一部に限られます。本フェーズにおけるカスタムコード分析は、主にカスタムコードの調整に必要な作業工数の見積もりを目的として実施されます。

②カスタムコード適合ステップ:

(b) 機能適合(Functional adoption)- (コンバージョン後)

  • Central Check System またはシステムコンバージョンされた SAP S/4HANA システムにて ATC を起動します。チェック結果からシンプル化によって影響を受けるカスタムコード(カスタムオブジェクト)を特定し、実際の調整作業を行います。 一部の調整はABAP 開発ツール (ADT) を使い、ATC 結果に基づいて半自動のクイックフィックス機能でカスタムコード調整することが可能です。
  • 詳細は、SAP Blog Post: Semi-automatic custom code adaptation after SAP S/4HANA system conversionとSAP Blog Post: Comments for the ADT Quick Fixesを参照ください。

カスタムコード最適化(Custom code optimization)では、SQL Monitor を活用してパフォーマンスチューニングをします。

 

カスタムコード(カスタムオブジェクト)分析ツール: ABAP Test Cockpit (ATC)

ABAP Test Cockpit (ATC) を利用して、SAP S/4HANA化に伴うカスタムコード(カスタムオブジェクト)の影響分析を行うことができます。ATC は変更されたオブジェクトの一覧情報 (Simplification Database) を参照し、カスタムコード(カスタムオブジェクト)をコーディングレベルで分析します。シンプル化の影響を受ける可能性があると判断されたカスタムコード(カスタムオブジェクト)に対して、関連する SAP Noteが提示されます。これらのSAP Noteに詳細情報が記載されているので、これを元に調整を行うことが可能です。

atc

カスタムコード(カスタムオブジェクト)分析ツールのオプション

GUIベースのABAP Test Cockpitを使用する方法と”Custom Code Migration” Fiori appを使用する方法があります。また、SAP Cloud Platformで”Custom Code Migration” Fiori appを使用して分析が可能になりました。

cust_code_options

どのオプションでも、調整が必要なカスタムコードを特定することが出来ます。既にSAP S/4HANA環境がある場合またはSAP Cloud Platformを使用可能な場合は、GUIベースには無い機能を利用できるため、”Custom Code Migration” Fiori appを使用する分析方法を推奨しています。例えば、フィルタ機能があったり、カスタムコード調整のスコープを定義したり、SUMフェーズで不要なカスタムコードを削除する設定を行うことが出来ますので、作業効率を高めることが出来ます。”Custom Code Migration” Fiori appでの分析については、SAP Blog Post: Custom code analysis for SAP S/4HANA with SAP Fiori App Custom Code MigrationとSAP Blog Post: ABAP custom code analysis using SAP Cloud Platformを参照ください。

追加情報:

SAP Help Portal: Custom Code Migration Guide for SAP S/4HANA 2020
SAP Help Portal: Custom Code Migration During an SAP S/4HANA Conversion Project
SAP Blog Post: Custom code adaptation for SAP S/4HANA – FAQ

まとめ

本ブログは、SAP S/4HANA への移行に伴うカスタムコードの移行についてご紹介しました。
どの様にカスタムコード(カスタムオブジェクト)を調整するか、ご理解いただけたと思います。
下記以前のブログも、是非、ご参照ください。

以前のブログ投稿

第1回 SAP S/4HANAへの移行オプションとシステムコンバージョンプロジェクトの進め方
第2回 システムコンバージョンの計画やアセスメントに使用するツールとシステムコンバージョンのステップ
第3回 主に気を付けるべきSAP ERPとSAP S/4HANAの機能の相違点