データサイエンティストのノウハウを利用可能にした予見分析テクノロジーとは


SAPジャパンの瀬尾です。今回から3回にわたって、5月末に発表されたばかりのSAPの Predictive Analyticsソリューションをご紹介していきます。ビジネスユーザー自身がGUIベースで簡単に操作でき、しかもSAP HANAとつなげればこれまで想像もつかなかった大量明細データを元にした需要予測やセンサーデータを利用した機器故障の予防保全といった「これからどうなる?」といった予測も可能になる、まさにビッグデータ活用のための強力なアナリティクスソリューションです。

インメモリーテクノロジーがもたらした予見分析の劇的な進化

Operators in power station control room「予見分析ソフトウェア」というと聞き慣れないイメージを持たれるかもしれませんが、この領域自体はかなり以前から独立したコンピューティング分野として存在してきたものです。そこにあえてSAPが新たなソリューションで進出した背景には、インメモリーテクノロジーの飛躍的な進歩があります。

つい数年前まで、インメモリーデータベースのビジネスへの応用には疑問の声も少なくありませんでした。しかしSAP HANAの登場以降、急速にビジネスへの応用が進み、さまざまなアプリケーションも加わった現在、具体的な業務分析への利用が十分可能な環境が整いつつあります。