短期導入&業務学習改革を実現した学習ツール「SAP Litmos Training」を日本で本格展開

作成者:山本 隼也投稿日:2021年7月14日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「働き方改革」という言葉が日本で掲げられてから久しいですが、働き方改革の実現が表面上にとどまっている企業がほとんどではないでしょうか。それは日本社会で長い間継承されてきた、長時間、勤勉に、会社で、同僚と切磋琢磨しながら仕事をし、学び、成長をしていき、会社全体が成功するという成功モデルが存在しているからです。

しかしながら、2020年からCOVID-19の影響を受け、強制的に在宅勤務を行わざるを得ない状況になりました。在宅で業務を行い、オンラインツールを使用してコミュニケーションをとっている従業員の方も多いかと思います。弊社では、社内業務だけでなく、営業活動や顧客対応などの社外業務に関してもリモート体制に移行しました。

主に勤務時間の短縮に矮小化されつつあった働き方改革がCOVID-19という外的要因によって強引に実現されつつあります。現状では、COVID-19は私たちにとって当たり前のものとなり、日本全体に「以前の生活」を期待する風潮が現れてきています。しかし、こと「働き方」すなわち「在宅勤務と出勤とのハイブリット」ないしは「完全リモートを視野に入れた働き方」は継続したいという方が過半数を占めているのが現状です。

さらに社内研修もCOVID-19の影響でリモートで行った企業が多かったでしょう。実際に在宅で研修を行うとオフィスに出社し、大きな会議室で皆が肩を並べて決まった時間に研修を行っていた従来の研修体制が非効率だったのではないかと考える方も多かったと思います。働き方改革に付随し、社内研修のあり方も再考され始めています。

しかしながら今後中長期的にリモートワーク中心で学習を行うには、体制が整っていないことが課題となっている企業も多いのではないでしょうか。例えば、新卒研修ならば、人事の方が必要なコンテンツを随時探し、メールにて送付し研修を行っている企業もあるかと思います。具体的な問題点として、

受講者側:

  • 研修資料の管理が煩雑
  • 随時コンテンツが送信されると研修の全体像が見えないため学習効率が悪い
  • 管理者の目の届かない場所なので、どうしてもモチベーションが上がらないetc…

管理者側:

  • コンテンツ管理が煩雑
  • 研修毎に工数が発生する
  • 受講者の習熟度を管理しにくいetc…

企業によって課題は千差万別だと思いますが、上記で挙げるような課題をお持ちの企業は多いと考えています。

そこで弊社は「SAP Litmos」という製品により、昨今のリモート学習の課題を解決し、さらには業務学習の新常識を形成しようとしています。

「SAP Litmos」が実現できる学習の新しい姿は以下の通りです。

  1. あらゆる研修環境に柔軟に対応でき、働き方(学び方)改革ができること
  • インターネット環境があれば何処でも、誰でも、どんなデバイスでも研修できる。
  • さらにオフライン再生機能/マイクロラーニングにより隙間時間の学習を促進し効率的に学習できる。
  • 36の多言語対応:今後増加する外国人労働者や海外販社およびパートナーが学習しやすい言語を選択することができる。
  1. シンプル/親しみやすいUIで、受講者側/管理者側が快適に研修を行うことが可能に

管理者観点:

  • 受講者の分析とレポートを活用し、受講者の研修状況を管理または随時改善が可能。
  • パワーポイントや動画から簡単にコンテンツを作成でき(ノーコード) 体系立てて管理できるので、迅速なコンテンツ作成とコンテンツを汎用化することが可能に。

画像1:管理者はシンプルで使いやすいUIで簡単に学習コースを作成することができます

 

受講者観点:

  • デバイスに縛られることなく受講できるので、時間の有効活用または学習環境を最適化。
  • クイズやゲーミフィケーション、マイクロラーニング機能を搭載しているので、モチベーションを維持することが容易に。

画像2:受講者は学習コンテンツを受講し、テストにて理解度を図ることができます

 

  1. 迅速かつ柔軟に利用開始できること
  • 自社型導入で導入コストが安価:サブスクリプション以外の導入費用が不要

簡単に利用を開始できる:管理者は管理者向けビデオを視聴し、使い方を学べる。その後すぐにシステムを活用できる。

上記の特徴を備える「SAP Litmos」を利用することで、現状企業が抱えている課題を解決することはもちろん、今後の新しい生活形態/労働形態に合致した研修環境の構築が可能になります。

現在就職活動を行っている学生の多くが、企業を選定する際に「週にリモートワークが何日付与されるのか」「リモート労働ができる会社なのか」を一つの指標に据えています。

このような状況から、企業の成長要素である優秀な人材の確保のためにリモート環境を整えることは必須項目だと考えます。マッキンゼー&カンパニーは、世界の証券、保険、銀行などの知的作業を必要とする企業の80パーセントはリモート化されるとレポートしております。現にGAFAの一角であるFacebookは完全リモート態勢を整えて、世界中の優秀な人材を採用しています。

リモートの学習環境整備は、企業の今後のリモート業務環境整備のの第一歩になるのではないでしょうか。さらには企業の優秀人材確保の一戦略にも寄与するでしょう。

前述の通り、現状のリモート学習のニーズは、コロナ禍による一過性のものではなく、今後急速に進む働き方改革後の日本社会の姿となるはずです。「SAP Litmos Training」は、現状のリモート学習の最適化を図るだけではなく、今後企業の大小問わず働き方改革を下支えする製品です。

 

*今回のSAP Litmosビジネスの日本での立ち上げにあたり、2021年度新卒社員がリードして活動を行いました。当製品は新卒の方も使用する機会が多いと考えられるので、若者の感性を起点に、訴求ポイントやこの製品と受講者の思いを掛け合わせたインサイトを洗い出しながら、マーケティング施策を執り仕切っております。価値観や労働観が変化する過渡期に新卒として入社した私たちが、実現したい働き方×「SAP Litmos」をもとに現在プロジェクトを推進しています。

▼詳細はこちら▼

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • イノベーションを生み出す人と組織の作り方 ~ 変化の時代を勝ち抜く人事戦略 ~

    昨今、多くの日本企業がイノベーションや新規事業に活路を見出そうとしています。長年日本経済を支えてきた、製品力の強さが、徐々にグローバル市場の中で失われていきつつあるからです。革新的な製品を生み出しても、すぐに類似する製品が出てきてしまう。一つの優れた製品を長年かけて生み出し、時間をかけてコストを回収するモデルが通用しなくなっています。
    そこで、イノベーションによって新規事業を打ち立てて、新たな柱としていく必要があります。

    続きを見る

  • SAP HR Connect Autumn 2020 DAY1|ニューノーマル時代の人事・人材育成の取り組み

    2020年10月26日~30日の5日間、オンラインで開催された「SAP HR Connect Autumn 2020」。
    本稿ではDAY1(10月26日)に行われた日本電信電話株式会社 総務部門 人事・人材開発担当 担当部長 小田 晃弘 氏による「ニューノーマル時代の人事・人材育成の取り組み」をご紹介します。

    続きを見る

  • 多様化する環境における組織力向上の施策: Human Experience Management(HXM)

    変化し続ける環境下で、人事部門は、会社のビジネスにかかわる全ての働く人のポテンシャルを引き出し、組織としてパフォーマンスを出しつづけられるために、課題を抽出し、施策を立案し、推進していくことが求められています。しかも、これらを一度の取り組み・プロジェクトとして実行するのではなく、継続的に対応できるようにしていかなければなりません。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら