SAPのMicrosoft Office アドインツール 最新事情

作成者:福地 厚投稿日:2021年10月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAPのERPがSAP ECCからSAP S/4HANAにシフトするのと同じく、SAP BWも従来のBWからSAP BW/4HANAへとシフトしており、従来のBWはメインストリームメンテナンスを2027年で終了します。
データ分析・可視化のフロントエンドツールについては、SAP BWにとどまらない多様なデータの活用を促進するため、SAP Analytics CloudやSAP BusinessObjectsが推奨製品とされ、SAP Business Explorer(以下、SAP BEx)は開発を既に終了し、従来のBWの提供終了とともにEOLとなります。
SAP BExについてのメンテナンス情報は、SAPノートあるいはSAPブログを参照してください。

SAPではこのSAP BExのMicrosoft Office統合ツールであるSAP BEx Analyzerの後継ツールとして、SAP Analysis for Microsoft Officeを推奨しております。今回は、SAP Analysis for Microsoft Officeを中心とするSAPのMicrosoft Officeアドインツールの機能や今後のストラテジーなど、最新情報をご紹介いたします。

SAP Analysis for Microsoft Officeとは

使い慣れたExcelのインターフェースから、SAP BPC、SAP S/4HANA、SAP BW/4HANA, SAP HANA および SAP Analytics Cloudへ直接アクセスすることで、情報活用/分析とプランニングのための両方の機能を提供するアドインツールです。殆どの方がExcelの利用経験を持っていると思いますので、定着化するまでにあまり時間を必要としない点もお客様のメリットです。そしてSAP S/4HANA等のデータを簡単に抽出し、使い慣れたExcel上で簡単にレポートが作成できます。しかも、過去に作成したレポートデザインを保存しておけば、次からはアクセスする度に最新のデータを取得しExcel上の数値が更新されます。

SAP Analysis for Microsoft Officeの機能が紹介された広範囲なデモ動画は、こちらに公開されています。

このSAP Analysis for Microsoft Officeには、SAP BusinessObjects BIパッケージに含まれるものと、SAP Analytics Cloudにバンドルされるものの2つのエディションが存在します。以下が正式名称の2つのエディションです。

  1. SAP Analysis for Microsoft Office
  2. SAP Analysis for Microsoft Office, edition for SAP Analytics Cloud

2.のSAP Analytics Cloudにバンドルされるものは、SAP Analytics Cloudライセンスの確認のためにSAP Analytics Cloudへのユーザー認証が必須になります。したがって、LDAPやActive Directory(AD)等でシングルサインオン(SSO)を行っている場合は注意が必要です。尚、認証方式以外の機能差として、2.はEPM/BPC/ PowerPoint用アドイン、BIプラットフォームサービスが使用できないことがあげられます。
2.についての詳細は、こちらのブログも参考にしてください。

SAP BEx Analyzerの後継として

冒頭でSAP Analysis for Microsoft OfficeがSAP BEx Analyzerの後継ツールとお話しました。このSAP BEx Analyzerで作成したExcelのワークブックをBWプラットフォームに保存し、共有・管理するというのが一般的な使い方です。SAP Analysis for Microsoft Officeでも基本的には同様で、SAP Analysis for Microsoft Officeで作成したExcelワークブックをBWあるいはSAP BusinessObjectsのBIプラットフォームで運用するのが一般的です。

そのため、SAP Analysis for Microsoft OfficeのメニューからSAP BExワークブックをAnalysisワークブックに変換する機能を標準で提供しています。

ただし、SAP BExワークブックの全てを変換できるかどうかは、レポートの作りにもよりますので検証が必要です。変換可能なオブジェクトについての詳細は、こちらのヘルプを参照してください。

今後のMicrosoft Office アドインに関する製品ストラテジー

SAPは、前述のSAP Analysis for Microsoft Officeに加え、Microsoft Office365のクラウドとデスクトップの両バージョンをサポートする新しいコンポーネントとしてSAP Analytics Cloud, add-in for Microsoft Officeをリリースしています。このSAP Analytics Cloud, add-in for Microsoft Officeは、SAP Analytics Cloudプラットフォーム上の分析モデルや計画モデル、あるいはライブ接続されたSAP Data Warehouse Cloudのデータセット等をデータソースとして使用することが可能です。

SAP Analytics Cloud, add-in for Microsoft Officeの機能が紹介されたデモ動画は、こちらに公開されています。SAP Analytics Cloudを触ったことがある方は、右側のデザインパネルがSAP Analytics Cloudのそれと同様のオペレーションであることが確認できると思います。

まとめ

SAP Analysis for Microsoft Officeは、Excelをインターフェースとする高度な分析機能を求める、例えば財務アナリストのような人向けに設計されており、 SAP BW、SAP BPC、SAP S/4HANAといったデータソースを分析するための主要なOfficeアドインとして機能強化を継続します。
又、SAP Analytics Cloudに接続するPlanning(計画)のためのExcelアドインの主要な機能拡張は、SAP Analytics Cloud, add-in for Microsoft Officeに対して行っていく予定です。

最後に、今後も引き続き、最新のSAP Analyticsソリューションについてご紹介していきますのでお楽しみに!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • 素材の可能性を追求して「医薬品開封検知」に — UACJが取り組むオープンイノベーション

    今年のSAPPHIRE NOWのハイライトのひとつに掲げた通り、SAPはこれまでのITソフトウェアベンダーから積極的にエコシステムパートナーへの脱皮を図っています。SAPジャパンでは日本企業のイノベーションをさらに加速させていくために、具体的な協働イノベーションのためのデジタルエコシステムの各種プログラムを立ち上げ、既に多くの方々にご参加いただいています。
    その中でも株式会社UACJ様(以後UACJ様)は各種の弊社プログラムに早くから興味を持ってくださったお客様の中の一社です。

    続きを見る

  • 新型コロナウィルス感染拡大に立ち向かう – 新たな行動で難局を打開したハイデルベルク大学病院

    先進的医療機関であるハイデルベルク大学病院にとって、パンデミックに際してドイツ国内(さらにヨーロッパ)の人々からの期待に応えることは、彼らにとって当然のことでした。これまでに経験したことがない緊急医療案件が急増する中で、可能な限り患者に最適な治療を提供するには何をしなければならないか。彼らは新たな課題には新たな行動が必要だと考えたのです。

    続きを見る

  • SAP Analytics Cloud の Augmented Analytics 概要

    近年、AIや機械学習でデータ活用をサポートする「Augmented Analytics(拡張分析)」への関心が高まっています。Augmented Analytics(拡張分析)は、データ準備やデータの探索、原因分析、予測などを、機械学習や自然言語処理(NLP)などの技術によって自動化するものです。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら