JSUG SAP S/4HANA移行を考える会ブログ:第5回 パネルディスカッション「お客様のお困りごと上位3つについて」

作成者:内藤 崇投稿日:2021年11月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2021年10月27日に「JSUG SAP S/4HANAへの移行を考える会」がオンライン開催されました。今回は9月に発刊された書籍『~事例から学ぶ~SAP S/4HANA導入がもたらす企業のビジネス変革』をテーマにコンテンツを構成、ご寄稿いただいたお客様およびSAPパートナー様のご登壇、パネルディスカッションと盛りだくさんの内容になりました。

このブログでは、10月27日に開催された「JSUG SAP S/4HANAへの移行を考える会」のアジェンダに沿って、5回に分けて内容をお伝えして参ります。

第1回:事例本から読み解くSAP S/4HANAへの移行の狙いとポイント
第2回:SAP S/4HANA移行から始めるDX
第3回:SAP S/4HANA へのスピーディな移行を実現した検討ポイント
第4回:JSUGサポーターから見たSAP S/4HANAへの移行について
5回:パネルディスカッション「お客様のお困りごと上位3つについて」

今回は第5回になります。

パネルディスカッションでは前回2021年7月28日の「JSUG SAP S/4HANAへの移行を考える会」で実施したアンケートの上位3つのお困りごとについて、登壇者の皆様からお話を伺いました。

1.移行理由(必要性)を説明できない

2.DXを絡めたいがどのように絡めたらいいか分からない

3.SAP ECCと比較した場合のSAP S/4HANAの機能的良さが見えていない

(今回はお時間の都合上、上記の1,2に絞ってパネルディスカッションが行われました。)

 

【パネルディスカッションに登壇された方々】

東京化成工業株式会社 執行役員 Global IT Head 幸村 祥生様

日本ビジネスシステムズ株式会社 情報システム部 部長 増田 哲也様

日本アイ・ビー・エム株式会社 パートナー 佐藤 俊様

大和ハウス工業株式会社 情報システム部 グループ長 加藤 純様

(モデレーター:SAPジャパン株式会社 上硲さん)

 

 

1.移行理由(必要性)を説明できない

はじめに東京化成工業の幸村様よりお話しいただききました。「経営層や現場メンバーにどう説明するか?」という点について、「システムは会社の成長基盤である」という考え方のもと「成長のための付加価値をどのように付けていくか?」という課題について1年近くかけて社内から同意を得たといいます。コロナ前には、会社のトップが10名の主要メンバーの方々と一緒に、SAPの年次最大イベントのSapphire Now(米国オーランド)に参加され、成長のためにSAP S/4HANA化を実現することを訴えたというお話がありました。

次に、日本ビジネスシステムズの増田様よりお話しいただききました。日本ビジネスシステムズ様は、自社でSAP S/4HANA化を進められている一方、SAPのパートナー企業でもあり、SAP ECCからSAP S/4HANAへのシステムコンバージョンについて知見を蓄えたいという意向をお持ちです。自社のSAP S/4HANA化では、月次で行う夜間の締め処理の時間短縮など、ビジネス上のメリットを享受すべく、BPRに向けて準備を進められているというお話を伺いました。

そして、「JSUG S/4 への移行を考える会」の部会長でもある大和ハウス工業の加藤様からは、「まさにSAP S/4HANA化のスタート地点に立った」というお話がありました。大和ハウス工業様では、本社ではSAP ECC6.0、海外関連会社ではSAP S/4HANA Cloudを使っておられますが、どのような将来像を実現するかを自社で一から考えられ、本社において柔軟性と拡張性を備えたSAP S/4HANAをDXの手段として採用することを決められた旨を語っていただきました。仮に現時点でSAP S/4HANA化をしなかった場合には、将来SAP S/4HANA化するまでにSAP ECC6.0の延命のコスト(ハードウェアやデータベース等のソフトウェア維持・アップグレード等)が掛かるので、やはり現時点でのSAP S/4HANA化を決めて投資をしていくことの方が賢明であるとの判断に至ったという経緯についても共有していただきました。最後に「SAP S/4HANAへの移行は目的ではなく、会社としての目的を達成する手段です。ぜひ皆様にもこの点を熟考いただくことをお願いしたい」というコメントをされています。

続いて、IBM佐藤様からはお客様へのご提案、そして導入プロジェクトをけん引されるお立場からコメントをいただきました。佐藤様が「最初に行うこと」として挙げたのは「お客様の経営計画を把握すること」でした。お客様企業が目指されることを確認・理解するために中期経営計画等を見て、どこに向かおうとされているのか、何をしようとされているのか?を把握し、どう実現するか?の手段としてデジタルテクノロジーの活用を考えていくという一貫した進め方について強調されていたいのが印象的でした。

2.DXを絡めたいがどのように絡めたらいいか分からない

東京化成工業の幸村様より「いかにSAP S/4HANA化に付加価値をつけるかにこだわった」というお話がありました。データドリブン経営、コネクティッド・インダストリーといった会社が進むべき方向に沿うことを目指しつつも、全部を自分たちで行うのではなく、SAPが提供してくれるアプリケーションを「利用する」ということを意識したといいます。

さらにSAP以外のシステムとのインテグレーションに気を配ったということにも言及されました。

大和ハウス工業の加藤様からは、データドリブン経営をグローバルに展開することでタイムリーに地球の裏側の状況をつかみ、リスクを早くキャッチするといったことができるようにしてきいたいというお話がありました。SAP S/4HANAは、データ活用の基盤であるとともに自社が目指すDXの手段として活用されたい旨、重ねて強調されています。

 

3.まとめ

ご登壇時と同じく、最後のパネルディスカッションでも皆様のお話に大変熱い思いが乗っていたと感じます。登壇者の皆様が一様におっしゃっていたのは、各社の目標や状況は違えども、まずビジネスとして目指す姿があり、そのためにSAP S/4HANAをDXの基盤として活用していくということだと思います。今回の一連のブログが、SAP S/4HANAへの移行を検討されている、あるいはSAP S/4HANAの継続的な価値を享受されようとしている皆様のご参考になれば幸いです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら