SAP Forum Tokyoレポート(前編):SAP Business Suite powered by SAP HANAのビジネス価値を探るJSUGとSAPによる徹底討論


読者の皆様、こんにちは。SAPジャパンの濱本です。去る2013年7月10日、ザ・プリンス パークタワー東京で開催されたSAP Forum Tokyoは、おかげさまで多くの皆様のご参加により、盛況のうちに終えることができました。当日公開されたさまざまなセッションの中から、今回はJapan SAP Users’ Group(JSUG)の代表者とSAPジャパンのスペシャリストが行った 【JSUG×SAP】SAP Business Suite powered by SAP HANA スペシャルパネル討議の模様をレポートしたいと思います。

bros_50957

パネルディスカッション登壇者の皆様

パネルディスカッションは、SAPユーザーの代表としてJSUG参加企業の変革リーダーで形成するJSUG Leaders Exchangeのメンバー兼西日本フォーラムオピニオンリーダーである佐々木伸昌様(トラスコ中山株式会社 執行役員商品本部 物流部 部長)と、SAPシステムに携わる実務者層を中心としたJSUGテクニカル部会の部会長である鈴木孝司様(日本発条株式会社 企画本部 情報システム部 主管)からご質問いただき、SAPジャパンのスペシャリストが答える形で進められました。SAPジャパンからは脇阪順雄、松村浩史、大本修嗣、高山勇喜、馬場渉の5名が参加し、進行役を安藤秀樹が務めました。