ハイテク業界のビジネストレンド【その②】――複雑化するビジネスモデルに対応するITの要件


こんにちは、SAPジャパンの柳浦です。「ハイテク業界の新たな潮流とインダストリーソリューション」をテーマに、ビジネストレンドをご紹介している本連載の2回目のキーワードは、「ソリューションビジネス」です。

従来の単なる「製品」販売から、市場の変化や各国の地域性に即応した付加価値をバンドルした「ソリューション」の販売へとビジネスのあり方そのものが変化している現実を踏まえ、そこで発生する課題について考えてみたいと思います。

ビジネスのグローバル化によって変貌する従来の販売モデル

Shanghai building「ソリューションビジネス」という意味合いから考えると、むしろ「ビジネストランスフォーメーション」としたほうがわかりやすいのかもしれません。電気・電子を中心としたハイテクの世界では今、製品の売り方=ビジネスモデルそのものが大きく変わりつつあり、グローバル競争が激化する中で、最先端の技術を搭載したハイテク製品といえども、製品単体の強みだけではもはや勝ち残ることができません。これは、グローバルで同時進行する競争の中で、日本企業も例外でないことは言うまでもありません。

こうしたソリューションビジネスへの転換を示す典型的な事例として、コピー機メーカーのビジネスモデルがあります。コピー機だけを販売する従来のモデルはすでに過去のものとなり、セキュリティソフトをバンドルしたり、保守サービスを組み合わせた包括的なメニューとして提供する、さらにはオフィス全体の最適化を支援するコンサルテーションまでも含めた提案が、最近ではあたり前になりつつあります。