全てのSAP BW、SAP BW/4HANAリリースのSAP ニアラインストレージ(NLS)ソリューション – SAP IQ

作成者:伊藤 沢投稿日:2022年3月9日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは、Roland Kramer(SAP Platform Architect for Intelligent Data & Analytics, SAP SE)が執筆したブログ「SAP-NLS Solution for SAP BW(/4) all Releases」(2022/6/4更新版)の抄訳です。点在している情報をまとめています。

本ブログコンテンツ

(SAP IQ関連ブログ)
ブログ –  SAP (Sybase) IQ – 隠れたイッピン …
ブログ SAP IQ をベースとしたSAP Information Lifecycle Management(ILM)ストア

 

(SAPのニアラインストレージの基本的な考え方)

現実世界のニアラインストレージ(NLS)利用ケースのベストプラクティス

現在 – SAPPHIRE NOW 2019 におけるDr. ハッソ・プラットナーのビュー (SAP HANA Cloud発表)

はじめに

直近のデータはSAP HANA、ヒストリカルデータはSAP IQに置くことで可能になるSAP Business Warehouseの優れたパフォーマンスで、コストとパフォーマンスのパーフェクトバランスを実現し、意志決定能力を強化、向上することができます。ニアラインソリューションとしてのSAP IQのアダプターは、SAP BWシステムとともに提供されています。SAP IQとのインテグレーションは、頻繁にアクセスするデータとそうでないものを分離することでSAP BWシステムに必要なリソースを少なくすることができます。ニアラインデータは圧縮した状態で格納されます。そのため、それほど頻繁にアクセスするわけではないデータのために発生するコストを削減することができます。

SAP BW 7.40 Feature Pack 02 (7.40 SP08ベース) 、またSAP BW 7.50および7.50 SR1 (7.50 SP04ベース)のSAPニアラインストレージ(NLS)機能のリリースにより、SAP IQ 16.0 SP10ベースのSAPニアラインストレージ(NLS)ソリューションにいくつか興味深い改善が実装されています。

SAPニアラインストレージ(NLS)ソリューションは、SAP BW 7.3x 以降でサポートされている全てのデータベースバージョンに使用できることに注意してください。また、SAP BW のニアラインストレージのNLS パートナーソリューションは、SAP BW 7.0x リリース以降で利用することができます。

 

 

概要とロードマップ

ニアラインストレージ(NLS)としてのSAP IQについてSAP オンラインマニュアも参照してください。

 

 

インストールと実装

SAP IQ データベースシンプレックスサーバーアーキテクチャー

sq1adm@hostname:/usr/sap/SQ3/data/db> 
dbisql -c "uid=SAPSQ1USR;pwd=Sybase4me;DSN=hostname_SQ1_11" -nogui

(SAPSQ1USR)> sp_iqlmconfig;
Property                             Value
--------------------------------------------------------
Licence Notice
Edition                              EE
License Type                         CP
Application Type                     null
IQ_CORE License Count in use         80 (CPU core based)
Optional license in use : IQ_UDA     No (Allowed)
Optional license in use : IQ_LOB     No (Allowed)
Optional license in use: IQ_SECURITY No (Allowed)
Optional license in use: IQ_MPXNODE  No
Optional license in use: IQ_VLDBMGMT Yes(Allowed)
IQ_VLDBMGMT License Count in use     1 (Max Allowed : 4)
Optional license in use: IQ_UDF      No (Allowed)
Optional license in use: IQ_IDA      No (Allowed)
Optional license in use: IQ_URIDA    No (Allowed)
Email Severity                       NONE
SMTP Host                            smtp
SMTP Port                            25
Email Sender
Email Recipients

(19 rows)

(SAPSQ1USR)>

SAP BW、SAP BW/4HANA NLSとILM 使用のSAPライセンス

 

SAP IQ SDA/ODBC 設定

 

SAPニアラインストレージ(NLS)ソリューションとしてのSAP IQの詳細インストールについては、こちらの直接のリンク(英語)、または以下のリンクから参照してください。

Note 2780668 – SAP ファーストガイダンス – SAP IQによるSAPニアラインストレージ(NLS)ソリューション

SAP ファーストガイダンス – SAP IQによるSAPニアラインストレージ(NLS)ソリューション
https://archive.sap.com/documents/docs/DOC-39627 => 上記のドキュメントへリンクされています。

SAP HANAの拡張ストレージとしてのSAP IQのインストールと設定(英語)
この実装はSAPニアラインストレージ(NLS)の実装と同じであることがおわかりいただけると思います。

SAP IQ “How-To” チュートリアルビデオ(英語)
このチュートリアルビデオを見ることで、SAP IQがどのように機能するかのインサイトを得られると思います…

SAP NetWeaver BW からニSAPニアラインストレージ(NLS)としてのSAP IQへのデータのアーカイブ方法(英語)
SAP Help – データアーカイブプロセス (DAP) の作成(英語)
SAP Community Wiki – SAP BWにおけるビジネスデータのアーカイブ方法(英語)

Note 2551457 – SAP IQ 16.1 SP 03サポートされるオペレーティングシステムとバージョン
Note 2669590 – SAP IQ 16.1 SP 04 サポートされるオペレーティングシステムとバージョン
Note 3060790 – SAP IQ 16.1 SP 05サポートされるオペレーティングシステムとバージョン

インストールと実装に関するNote:
Note 3196447 – NLS/DTO および ILMにおける既存のSAP IQ 16.x実装のトラブルシューティング

その他本ブログ最後に参照されているブログのコメント覧 などもご参照ください。

 

 

SAP BW on HANA 7.50 SP04以降よりニアラインストレージ(NLS)としてHadoopも利用可能です。

 

 

SAP ニアラインストレージ(NLS)のパフォーマンスを最適化する

 

 

ニアラインストレージ(NLS)パートナーソリューション

ニアラインストレージのためのパートナーインターフェースは、SAP BWでのみサポートされており、SAP BW/4HANAではサポートされていないことに注意してください。SAP NLSとしてのSAP IQおよびHadoopはサポートされています。詳細は、先にご紹介した SAP ニアラインストレージ(NLS) のロードマップ(英語) を参照してください。

IBM

PBS Software

DataVard

 

 

その他の関連ブログおよびブログへのコメント

( NLS コミュニティのその他の文書も参照ください)

 

————————————————————————————————————————–
オンプレミスの場合、お持ちのライセンスによっては、SAP BW、SAP BW/4HANAのニアラインストレージ用途に限定したSAP IQのライセンスが含まれているものもありますので、ご確認ください。
Private Cloud Editionの場合、SAP IQ cold store Cloud, private edition が必要になります。
————————————————————————————————————————–

ぜひ、このオリジナルブログが掲載されているSAP CommunityのSybase関連タグをフォローして、最新技術情報をキャッチアップしてください(フォローには登録が必要です)。

SAP Communityの関連タグ

・SAP IQ ブログ / Q&A
・SAP SQL Anywhere ブログ / Q&A
・SAP HANA Cloud, data lake ブログ / Q&A

SAP Communityでは質問も投稿することが可能で、世界中のSAP社員やユーザーのアドバイスを受けることができます。

————————————————————————————————————————–

SAPジャパンブログ内関連記事:

SAP IQ
SAP IQ – 隠れたイッピン …
SAP IQを利用したSAP Information Lifecycle Management(ILM)
DBA CockpitでSAP IQを有効にする
SAP IQのための容易なインストーラー - 「Q」
列指向データベースでもOLTPに対応したSAP Sybase IQ16の機能拡張
大量データの「圧縮率」と「ロード時間」を改善したSAP Sybase IQ16の技術解説
SAP IQのクラウドサービスが開始されました – SAP HANA Cloud, Data Lake (Standalone IQ)
SAP IQ 16.1 SP05がリリースされました

SAP ASE
SAP ASE 16.0 SP04の新機能
SAP HANAプラットフォームを相互補完し進化する旧Sybase製品の今――SAP ASEとSAP IQ
SAPアプリケーション向けデータベースとしてSAP Sybase ASEが採用される理由とは
RDBMSのパフォーマンス向上の仕掛け――SAP Sybase ASE 15.7の最新アーキテクチャー解説

オンラインマニュアル:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community (ブログ/ Q&A) :
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community Wiki:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

sap.com 製品ページ:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

その他:
SAP IQ テクニカル概要


 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • イノベーションを現実にするための要諦をDeutsche Flugsicherung(DFS)から紐解く

    今回取り上げるのはDeutsche Flugsicherungというドイツの航空管制を提供する企業の例です。航空管制という間違いの許されない業務。他業務との比較が難しいほど確実な形でIoT予知保全の取り組みを進めています。“間違いを許さない”レベルを頂点と考えた場合の取り組みからのインサイトをお届けします。特筆すべきはプロジェクトの進め方とそれを支えたカルチャーです。

    続きを見る

  • SAPで少しずつ頭角を現しだしたSAP SQL Anywhere

    実際の業務を想定したオンライントランザクション処理のベンチマークであるTPC-Cベンチマークにおいて、2014年11月、2万ドル程度の低価格のマシンを使用し、同時アクセスユーザー数9万人を想定したテストで価格性能比No.1(= 1分間に処理できるトランザクション数あたりのコストが一番低い)を記録しました。

    続きを見る

  • SAP ASE and SAP IQ (旧Sybase ASE/Sybase IQ) : The Next Generation

    SybaseのデータベースであるSAP ASEおよびSAP IQ (旧Sybase/Sybase IQ) の将来に関して、お客様やパートナー様からのお問い合わせが多いため、SAP News Centerに2019年11月27日に掲載されたブログ形式のコミットメントに関するアナウンスの日本語抄訳を以下に掲載いたします。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら