パートナー製品とともに実現するHuman eXperience Management :【第2回】 従業員の学習効果を最大化する「Udemy」と「Centrical」

作成者:藤田 園子投稿日:2022年3月15日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆様こんにちは。
本稿では、SAPが提供するHuman eXperience Management(HXM)を構成するパートナー企業との製品連携についてご紹介致します。

SAPは、人事ソリューションであるSAP SuccessFactorsを中核に据え、人事給与、タレントマネジメント、各種分析ソリューションの提供を行うことで、エンドユーザー様のエクスペリエンス向上に日々努めております。ソリューションとしてのカバー範囲の広さ、また段階的な導入が可能であるという特徴が評価され、世界で7,000社、日本国内でも400社を超えるお客様にご利用をいただいております。

一方で、ITテクノロジーや人事のトレンドは日進月歩で進化しており、SAP SuccessFactorsだけでなく複数のHRテクノロジー製品を組み合わせて人事業務を行われるケースも増えてまいりました。

そのため、SAPは各アプリケーションを提供されている企業との製品間連携を強化し、それぞれのアプリケーションとの連携を実現、企業人事の皆様がより利便性の高い人事サービスを迅速に構築いただけるよう取り組みを進めています。

現在、グローバルで提供されているSAP SuccessFactors連携アプリケーションは200を超えており、2020年から2021年の1年間で50以上の製品連携が行われるなどスピード感を持って協業を進めております。

その中で、日本のお客様にもご利用の幅を広げていただけるよう、日本で高い実績を持つソリューションとの連携強化を行っております。本稿では、従業員の人材育成、中でも研修管理にフォーカスし、幅広い研修コンテンツを提供する『Udemy Business』と、ゲーミフィケーション・マイクロラーニングなどにより従業員の研修受講モチベーションを向上させる『Centrical』、これら2つのソリューションを紹介します。

※ 第1回:スキル管理「SKILL NOTE」とAI-OCR「DX Suite」のご紹介はこちら

SAP SuccessFactors学習管理と定額制学び放題サービスUdemy Businessで実現する個々のニーズに応じた研修の提供

昨今の働き方改革や企業戦略の転換により、企業が従業員に求める能力も、従業員が自主的に獲得したいスキルもより幅広く、またそれぞれが深いレベルになってきています。これまでのように、研修コンテンツを社内で作成したり、個別にコンテンツを選び購入したり、といった形態では、最新の情報・技術を取り入れた、専門的な研修の提供が追い付かない、といった課題をよくお伺いします。Udemy にはビジネススキルから最先端のITスキルまで幅広いコンテンツがあり、世界として選択され、学び放題で提供されています。またそれらの講座の内容も、レビューによって日々改善されています。

これらの研修コースは、SAP SuccessFactors学習管理で管理している他のコンテンツ同様、キーワード検索結果や、カテゴリでのフィルタリング結果にも含まれます。研修検索画面だけではなく、SAP SuccessFactorsキャリア開発計画の求められるコンピテンシレベルと現在のコンピテンシレベルのギャップを埋めるために推奨される研修としても表示されます。

また、AIエンジンによる研修リコメンデーション(推奨)にも含まれまるので、講座のタイトルや説明に含まれるワードを分析し、自然言語解析により、受講者の興味のあるトピックや類似する職務の他の従業員が高い評価をつけた研修をお勧めすることができます。

SAP SuccessFactors学習管理から『Udemy Business』の講座を選択し、起動するとSSO(シングルサインオン)でUdemy上にあるコースにシームレスにアクセスすることができます。受講後は、研修受講履歴としてSAP SuccessFactorsで管理され、人材情報として育成計画に活用していただくことができます。

このSAP SuccessFactors学習管理と『Udemy Business』の連携により、従業員は幅広い選択肢から、自身のキャリア計画・学習ニーズに応じた研修を選択し、効率的にスキルを身に着けることができます。研修管理者は自社製品研修や企業理念など、今後も社内で企画する研修の企画やコンテンツの作成にフォーカスし、ビジネススキルやITスキルの獲得状況も容易に管理することが可能となります。

——————————————–

Centrical ゲーミフィケーション・マイクロラーニングで従業員の研修受講エクスペリエンスを刷新

様々なコンテンツを提供するだけでなく、受講者の学習モチベーションを向上させ、研修効果を上げる仕組みも重要となります。Centricalの提供する高度なゲーミフィケーション、パーソナライズされたマイクロラーニングにより、継続的に効果的に学習を進めることができます。

Centricalゲーミフィケーションは研修修了時にバッジやポイントを付与し、個人やチームのランキングを競い、取得バッジやレース(ランキング)状況を、SAP SuccessFactors学習ホームページに表示します。バッジやポイントだけでなく、研修の重要度や難易度に応じてコインを付与し、ギフトカードや社内の販促ギフトと交換することのできる、社内の仮想ストアを作ることが可能です。企業内研修にこういったゲーム要素を取り入れることにより従業員は楽しく、積極的に研修を受講することができます。

(SAP SuccessFactors 学習管理のホームページに学習状況がわかりやすく表示されます)

(様々なゲーミフィケーションウィジェットを利用可能です)

また、Centricalで、昨今注目を浴びている、マイクロラーニング(1~5分程度の短時間で学習を行うスタイル)のコンテンツを作成することができます。メインのコース受講終了後も、AIが学習者個別に弱点分野を特定し、マイクロラーニングコンテンツを継続的に自動表示・推奨するので、マイクロラーニングコンテンツを表示・推奨することで、理解度を深め、一度得た知識の記憶・保持に有効です。

SAPは今後も、Human eXperience Managementをより快適なものに、より便利な形でお客様にお届けできるように、パートナー企業との協業を進めてまいります。

本稿ではUdemyおよびCentrical との連携についてお伝えいたしましたが、今後もパートナー製品との連携について皆様にご紹介できればと思います。引き続き何卒宜しくお願い致します。

SAP SuccessFactorsに関するご質問は Web からも受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
・お問い合わせ先: Web問い合わせフォーム
電話: 0120-554-881(受付時間:平日 9:00~18:00)

SAP SuccessFacorsの製品情報や導入事例はこちらからご覧いただけます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら