SAP IQのための容易なインストーラー - 「Q」

作成者:伊藤 沢投稿日:2022年5月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは、Roland Kramer(SAP Platform Architect for Intelligent Data & Analytics, SAP SE)が執筆したブログ「Q – the easy Installer for SAP IQ – Motivation …」(2022/6/1更新版)の抄訳です。

関連ブログ

ブログ –SAP IQ – 隠れたイッピン …
ブログ –SAP NLS/SAP ILMエラーメッセージを解明する …(英語)
ブログ – DBACOCKPITでSAP IQを有効化する

本ブログのコンテンツ

2019年以降いくつかの理由でSAP IQ のインストールに関するリクエストが増え始めました。以下の情報からその理由も理解できます。

これとは別に、以下も考慮する必要が出てきました。

これにも関わらず、2013年より、SAPファーストガイダンス – SAP IQ 16.xによるSAPニアラインストレージ( NLS)ソリューション(英語) のマニュアルがSAPニアラインストレージ(NLS)またはネイティブ利用に関わらずSAP IQデータベース実装の基本的なガイドになっています。

概要 – SAP BW、SAP BW/4HANAのためのSAPニアラインストレージ(NLS)ソリューション – 概要2021(英語)

Note 2780668 – SAP ファーストガイダンス – SAP IQによるSAP BW ニアラインストレージ(NLS)の実装
Note 3017355 – SAP IQ 16.1 SP04 PLx – SAPIQDB.cfg の正しい設定
Note 3094594 – DBACOCKPITでSAP IQを有効にする
Note 3085053 – SAPにニアラインストレージ(NLS)とILMのランドスケープ考慮点
Note 3119008 – SAP SDA/ODBCのためのSAP IQとSAP HANAの設定
Note 3196447 – 3196447 – NLS/DTOおよびILMにおける既存のSAP IQ 16.x実装のトラブルシューティング

SAP IQ 16.1.xをインストールするにはSAPHostAgentをベースにした3つの入力値のシンプルなルーチーンがあると想像してください。

  • <SID> (何を指定すればよいか? SAP IQ も SAP <SID>を必要とするのか?)
  • Instance Number (ポート番号 2638は?)
  • DBのサイズ(GB (サイジングで考慮すべき点を全て含む)

さらに、以下の情報も参照ください。

ブログ NLS/ILMエラーメッセージを解明する …(英語)

 

 

SAP Host AgentのためにHTTPSポート1129を有効化する

HTTP ポート1128またはHTTPSポート1129経由でSAPHostAgentを呼び出します。
SAP Help – UNIXでSAP Host AgentのSSOを設定する(英語)
または、以下のコマンドを実行します(SL Container Bridge のセットアップと同じです)。

server:/usr/sap/hostctrl/exe #./saphostexec -install -setup slplugin -passwd
server:/usr/sap/hostctrl/exe #

host_profileファイルに以下のパラメーターを追加し、SAP Host Agentを再起動します。

server:/usr/sap/hostctrl/exe # vi host_profile
service/admin_users = sapadm <sid>adm
service/disable_capability = ExecuteOperation/PermissionPolicy

server:/usr/sap/hostctrl/exe # ./saphostexec -restart

HTTPSポート1129のSAP Host Agentを呼び出せるようになりました。

#create the url on host via:
echo https://$(hostname -f):1129/NLSSetup/prepare

 

 

 

これらを解決する答えが「 Q」 – SAP IQのための容易なインストーラーです。

以下の図は、「Q」の設定を示します。これは実はSAP Datahub SL Container Bridge Architecture … と同じインストレーションプロシージャーです。 (インストーラーについては roland.kramer@sap.comにお問い合わせください。)

「Q」 – プロセス機能の全体

「Q」 – プロセス機能の全体

 

Version 0.74 は、SAP IQブロックとページサイズは「標準」値を使用します。

Q – 3つの値を入力

注)SAP IQ の最新版は、今日現在SAP IQ 16.4 SP04 PL12または SP05 PL02です。

 

 

/tmp ディレクトリーが読み込み専用としてマウントされている場合は、ノートのステップに従ってください。
Note 2104632 – ./setup.binでワーニング /tmp に十分なディスクスペースがありません! – SAP IQ

server:/ebf29137 # ./setup.bin
Preparing to install
Extracting the JRE from the installer archive...
Unpacking the JRE...
Extracting the installation resources from the installer archive...
Configuring the installer for this system's environment...

Launching installer...

JRE libraries are missing or not compatible....
Exiting....
server:/ebf29137 # mount | grep "/tmp"
/dev/mapper/vg_sys_r1-tmp on /tmp type ext4 (rw,nodev,noexec,noatime,data=ordered)
server:/ebf29137 #
server:/ebf29137 # export IATEMPDIR=/sapmnt/tmp
server:/ebf29137 # ./setup.bin

SAPHostAgent は、「sapinstancebuilderというルーチーンを使用します。これは、SAP HANAやSAP BW、SAP ERPなどの既存のSAPシステムと同じ完全なファイルシステム構造を作成します。

ブラウザーのURLからSAP IQインストレーションの進捗をいつでも確認することができます。

http://server.domain.ext:1128/NLSSetup/prepare
https://server.domain.ext:1129/NLSSetup/execute
/usr/sap/watch -d du -sh <SID>/*
/sapmnt/watch -d du -sh <SID>/*

あるいは、SAPHostAgent のワーキングディレクトリーから確認できます。

/usr/sap/hostctrl/work # tail -f nls.execution.status

 

SAP IQデータベースインストレーションが終了したら、iSQL Windows クライアントを使用してデータベースに接続し、システムストアドプロシージャーで状態を確認することができます。

sp_iqstatus;
sp_iqlmconfig;
sp_iqcheckoptions;
sp_iqconnection;
sp_iqwho;


SAP IQは、 sqlツール iqdsnを使用して、SAP IQ Administratorのホームディレクトリーにある  .odbc.ini  ファイル内にDSNエントリーディレクトリーを作成することができます。

何等かの理由でSAP IQデータベースにWindowsクライアントで接続できない場合、dbisqlツールで(上記のDSNを使用して)直接インターフェースを呼び出すこともできます。

sq1adm@hostname:/usr/sap/SQ1/data/db>
iqdsn -y -w "hostname_SQ1_11" -c "UID=DBA;PWD=Sybase4me;DatabaseName=SAPIQDB;
ServerName=hostname_SQ1_11;LINKS=tcpip(host=hostname.fqdn;port=31138)"
Configuration "hostname_SQ1_11" written to file /usr/sap/SQ1/home/.odbc.ini
sq1adm@hostname:/usr/sap/SQ1/data/db> dbping -d -c dsn=hostname_SQ1_11
Connected to SQL Anywhere 16.1.50.1949 server
Ping database successful.
sq1adm@hostname:/usr/sap/SQ1/data/db> iqdsn -l
SAP IQ Data Source Utility Version 16.1.50.1949
SAP IQ User Data Sources:
hostname_SQ1_11
sq1adm@hostname:/usr/sap/SQ1/data/db>
dbisql -c "uid=SAPSQ1USR;pwd=Sybase4me;DSN=hostname_SQ1_11" -nogui
(SAPSQ1USR>) 
sp_iqlmconfig;
sp_iqstatus;
sp_iqcheckoptions;
sp_displayroles;
sp_iqdbspace;
sp_iqdbspaceobjectinfo USER0001;
dbvalid -c "uid=DBA;pwd=Sybase4me;DSN=hostname_SQ1_11"
SQL Anywhere Validation Utility Version 17.0.9.4899
WARNING: database being validated was not started read-only
VALIDATE DATABASE
VALIDATE TABLE "SYS"."DUMMY"
...
VALIDATE TABLE "rs_systabgroup"."rs_lastcommit"
VALIDATE TABLE "rs_systabgroup"."rs_threads"
No errors reported
sq1adm@lt5085:/usr/sap/SQ1/data/db>

ブログ  SAP-NLSのパフォーマンスを向上させる(英語)

 

 

SSL/TLSを利用して暗号化されたSAP IQを使用するための設定をする

SSL/TLS を利用して暗号化された SAP IQ データベースを有効化する場合には、以下のソフトウェアコンポーネントをSAP IQのインストール環境に含めてください。

export SECUDIR=/usr/sap/hostctrl/exe/sec
export PATH=/usr/sap/sapmachine-jdk-11.0.14.1/bin:/opt/openssl/bin:/usr/sap/hostctrl/exe:$PATH
export JAVA_HOME=/usr/sap/sapmachine-jdk-11.0.14.1/
export JRE_HOME=/usr/sap/sapmachine-jdk-11.0.14.1/

既存のOSバージョンに新しいバージョンのopenssl をインストールする場合には、以下を実行してください。

### Unix / Linux / macOS
/opt/openssl/tar -xvf openssl-3.0.1.tar.gz
./Configure --prefix=/opt/openssl --openssldir=/usr/local/ssl
make
make test
make install
ldconfig -v
openssl version -v

以下のようにsapgenpseopensslを利用してSAP IQ のSAPCryptoLib8を使用した SSL シナリオ を準備します。


go to the directory SECUDIR (/usr/sap/hostctrl/exe/sec)
1)  sapgenpse gen_pse -p server.pse -x Sybase4me -r server.p10 "CN=server.domain.ext"
2)  server.p10 => sending to CA =>  server_cr.p7b
3)  sapgenpse seclogin -p server.pse -x Sybase4me -O root
4)  sapgenpse import_own_cert -p server.pse -x Sybase4me -c server_cr.p7b
5)  sapgenpse get_my_name -p server.pse -x Sybase4me -v
6)  sapgenpse export_p12 -p server.pse -x Sybase4me -v server.p12
7)  openssl pkcs12 -in server.p12 -out server.id -nodes
8)  openssl pkcs7 -in server.p7b -print_certs -out server.pem
9)  cp server.pem SAPIQDB.crt
10) openssl verify -CAfile server.crt server.id
11) viewcert server.pem/server.id/server.crt
12) copy the files hostname.pem/hostname.id/hostname.crt to /usr/sap/<SID>/data/db

または、チュートリアル – Set Up Transport Layer Security (TLS) in SAP IQ を利用してください。

SSL複合化されたリモートソースSAP IQ – SAP HANA

dbisql 経由のSSL/TLS で暗号化された SAP IQ データベースへの接続を強化する必要があります。
dbisql -c "uid=DBA;pwd=Sybase4me;eng=hostname_<SID_<nr>;LINKS=TCPIP;
ENC=TLS(FIPS=Y;TLS_TYPE=RSA;trusted_certificate=hostname_<SID>_<nr>.crt; 
skip_certificate_name_check=on)" -nogui

SAP IQ リモートソース も同様に強化する必要がありました (追加のアダプタープロパティ)

EngineName=server_<SID>_<nr>;DatabaseName=SAPIQDB;
CommLinks=tcpip(host=server.domain.corp;port=3<nr>38);LINKS=TCPIP;
ENC=TLS(FIPS=Y;TLS_TYPE=RSA;skip_certificate_name_check=on)

DBCO String もまたSSL/TLSの使用のために強化されています。

SYBASE_SERVER=hostname.fqdn SYBASE_PORT=3<nr>38 SYBASE_IQ_ENGINE=hostname_<SID>_<nr>
SYBASE_DBNAME=SAPIQDB SYBASE_SSL=1 skip_certificate_name_check=yes
SYBASE_IQ_LOAD_DIR=/sapmnt/IQ SYBASE_CONTYPE=IQ SYBASE_IQ_LOAD=1 SIQ_BULK_OP=1
SYBASE_IQ_CESU-8=1 SYBASE_IQ_LOCKWAIT=600 SYBASE_IQ_BUFFER_SIZE=500000

SAP IQのための新しいDBACOCKPIT

2020年末以降Adobe  Flash は利用できないため、SAP IQ COCKPIT は利用できません。会社としてFlash システムをブロックしていないのであれば、Waterfox Browserで継続して利用できます。

DBACOCKPITトランザクションで改善・拡張されたIQモニターを使用できます。

ブログ SAP DBA CockpitでSAP IQを有効化する

Note 3123892 – DBA Cockpit on SAP IQの新機能 (SAP_BASISのためのTCI リリース750 SP11-22と753 SP00-SP07)

tx. DBACOCKPIT – SAP IQ イベントの作成/トリガー

tx. DBACOCKPIT – SAP IQ ライセンスの確認

tx. DBACOCKPIT – IQ config ファイルの確認

 

 

SAP BW、SAPBW/4HANA ニアラインストレージ(NLS)の設定

 

 

ブログ – 全てのSAP BW、SAP BW4/HANAのためのSAP IQをベースとしたSAP ニアラインストレージ(NLS)ソリューション
SAPニアラインストレージ(NSL)の実装に関しては、SAP BW(SAP BW/4HANA) バックエンドのいくつかのトランザクションを呼び出す必要があります。

  • DBCO => シナリオに応じてSDAの追加作業が必要
  • RSDANLCON => ニアラインストレージ(NLS)のストレージターゲットを作成
  • DBACOCKPIT => DBCO 接続を再使用しSAP BW内のデータベースを監視
  • RSOADSODTO => SAP BW/SAP、SAP BW/4HANAのコールドストレージの使用

 

SAP S/4HANA ILM ストアの設定

 

ブログ – SAP IQデータベースをベースにしたSAP ILM(英語) : SAP ILM の実装には、SAP S/4HANA バックエンドのトランザクションをいくつか呼び出す必要があります。

  • SICF => Web サービスの設定
  • ILMSTOREADM => ILM ストアの管理
  • WEBGUI => Web Dynpro のみの機能、例えば SFW5またはAS_AFB
  • SARA => アーカイブの管理
  • SARI => アーカイブ情報システム

 

 

必要なファイルは、ドキュメント( roland.kramer@sap.comにお問い合わせください)に記載されています。
SAP First Guidance (SAPファーストガイダンス) – 「Q」 –SAP IQのための容易なインストーラー

 

 

 

————————————————————————————————————————–

ぜひ、このオリジナルブログが掲載されているSAP CommunityのSybase関連タグをフォローして、最新技術情報をキャッチアップしてください(フォローには登録が必要です)。

SAP Communityの関連タグ

・SAP IQ ブログ / Q&A
・SAP SQL Anywhere ブログ / Q&A
・SAP HANA Cloud, data lake ブログ / Q&A

SAP Communityでは質問も投稿することが可能で、世界中のSAP社員やユーザーのアドバイスを受けることができます。

————————————————————————————————————————–

SAPジャパンブログ内関連記事:

SAP IQ
SAP IQ – 隠れたイッピン …
全てのSAP BW、SAP BW/4HANAリリースのSAP ニアラインストレージ(NLS)ソリューション – SAP IQ
SAP IQを利用したSAP Information Lifecycle Management(ILM)
DBA CockpitでSAP IQを有効にする
列指向データベースでもOLTPに対応したSAP Sybase IQ16の機能拡張
大量データの「圧縮率」と「ロード時間」を改善したSAP Sybase IQ16の技術解説
SAP IQのクラウドサービスが開始されました – SAP HANA Cloud, Data Lake (Standalone IQ)
SAP IQ 16.1 SP05がリリースされました

SAP ASE
SAP ASE 16.0 SP04の新機能
SAP HANAプラットフォームを相互補完し進化する旧Sybase製品の今――SAP ASEとSAP IQ
SAPアプリケーション向けデータベースとしてSAP Sybase ASEが採用される理由とは
RDBMSのパフォーマンス向上の仕掛け――SAP Sybase ASE 15.7の最新アーキテクチャー解説

オンラインマニュアル:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community (ブログ/ Q&A) :
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community Wiki:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

sap.com 製品ページ:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

その他:
SAP IQ テクニカル概要


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら