SAP IQを利用したSAP Information Lifecycle Management(ILM)

作成者:伊藤 沢投稿日:2022年5月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは、Roland Kramer(SAP Platform Architect for Intelligent Data & Analytics, SAP SE)が執筆したブログ「SAP ILM with SAP IQ Database」(2022/5/23更新版)の抄訳です。点在している情報をまとめています。

本ブログコンテンツ

コスト、リスク、コンプライアンスのバランスを取りながら、そのライフサイクルを通して情報を管理

SAP Information Lifecycle Management (SAP ILM)コンポーネントを使用すると、ITインフラをstreamlineし、データのプライバシーを保護することができます。また、総所有コスト(TCO:total cost of ownership) 、リスク、法令順守のバランスをとりながら、データのアーカイブやリテンション、レガシーシステムのデコミッションを自動化することができます。

SAP Information Lifecycle Management (ILM) フレームワーク

 

SAP IQデータベースは、SAP BWやSAP BW/4HANAのようなSAPの分析(OLAP)系システムの ニアラインストレージ機能 用データベースとして確立されていますが、BLOBやILM制御されたアーカイブファイル、さらにはR/3、ERP、またはS/4HANAのようなトランザクション(OLTP)システムのアーカイブインデックスの一般的なストレージとしても適しています。

SAP BWやSAP BW/4HANAにおけるSAPニアラインストレージ(NLS) 実装の経験やそのメリットから、SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアの設定を最適化してみたいと思います。

ここでのSAP IQは、アプリケーションのデータが格納されるプライマリーデータベースではないことに留意してください。つまり、例えばSAP HANAのようなプライマリーデータベースのオブジェクトに対して、プライマリーデータベース外からいつでも高速にアクセスできるようにすることで、メインのデータベースを小さくするためのセカンダリーデータベースです。SAP IQ はカラムベースの圧縮ロジックによりSAP HANAのデータをさらに80%程度まで圧縮することができます。

Mark Mumy (SAP) のブログ – SAP BW (またはSAP BW/4HANA) および(S/4HANA以前の)SAP ERPの両方のデータを同じSAP IQのインスタンスにアーカイブするべきか?(英語)
この答えはこちらです – Note 3085053 – SAP NLSおよびSAP ILMのランドスケープ考慮点

SAP Information Lifecycle Management ILM – マニュアル他関連情報

SAP Information Lifecycle Management (ILM) 詳細プレゼン資料(英語/PDF)

SAP Information Lifecycle Management (ILM) オリジン

 

SAP Information Lifecycle Management (ILM) Help(英語) – SAP Information Lifecycle Management (ILM)実装ガイド(英語) – NW ILMストア(英語) –

SAP Customer Activity Repository (CAR) – SAP IQとのインテグレーション – インストールと設定(英語)

Neenu Susan George (SAP) のブログも必読です – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM)ストアの設定(英語) –

Note 2705663 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)に関する情報集

 

 

SAP ILM または SAP NLSに関わらず、結局は SAP IQ データベースの設定(英語)についてです。
Note 3017355 – SAP IQ 16.1 SP04 PLx – SAPIQDB.cfgの正しい設定
Note 3094594 – DBA CockpitでSAP IQを有効にする
Note 3085053 – SAP NLSおよびSAP ILMのためのランドスケープ考慮点
Note 3119008 – DA/ODBCのためのSAP IQとSAP HANAの設定
Note 3196447 – NLS/DTOおよびILMにおける既存のSAP IQ 16.x実装のトラブルシューティング

SAP IQの実装方法はニアラインストレージ(NLS)と同じため、以下のNoteはInformation Lifecycle Management (ILM)にも関連しています。
Note 2780668 – SAP ファーストガイダンス – SAP IQによるSAP BWニアラインストレージ(NLS)の実装

SAP IQのライセンスの観点では、ILMでもNLS利用ケースと同じライセンスオプション(技術的に)が必要になります – オンプレミスの場合現在のライセンスでは4コアまでのSAP IQの用途限定ライセンスがバンドルされています(VLDMオプションは無制限)。
Note 2372218 – SAP ニアラインストレージ(NLS)ソリューションに必要なSAP IQのライセンス – SAP IQニアラインストレージによるSAP BW

SAP Information Lifecycle Management (ILM)を効果的に運用するにはSAP IQの以下のオプションライセンスを使用します:

– IQ_CORE – SAP IQ Enterprise Edition EE/CP (X Core)
– IQ_UDA – SAP IQ Unstructured Data Analytics Option (usage = 1) 
– IQ_UDF  SAP IQ Unstructured Data Analytics Option (usage = 1)
– IQ_VLDBMGMT – SAP IQ Very Large Database Management Option (max. X TB)

sybase@server:/usr/sap/<SID>/data/db>
dbisql -c "uid=SAP<SID>USR;pwd=Sybase4me;dsn=hostname_<SID>_<nr>" -nogui
(SAPSQ3USR)> sp_iqlmconfig;
Property                             Value
--------------------------------------------------------
Licence Notice
Edition                              EE
License Type                         CP
Application Type                     null
IQ_CORE License Count in use         16 (CPU core based)
Optional license in use : IQ_UDA     Yes(Allowed)
Optional license in use : IQ_LOB     Yes(Allowed)
Optional license in use: IQ_SECURITY No (Allowed)
Optional license in use: IQ_MPXNODE  No
Optional license in use: IQ_VLDBMGMT Yes(Allowed)
IQ_VLDBMGMT License Count in use     1 (Max Allowed : 4)
Optional license in use: IQ_UDF      No (Allowed)
Optional license in use: IQ_IDA      No (Allowed)
Optional license in use: IQ_URIDA    No (Allowed)
Email Severity                       NONE
SMTP Host                            smtp
SMTP Port                            25
Email Sender
Email Recipients

(19 rows)

(SAPSQ3USR)>

記録目的で記載しておきます: 以下のSAP Noteは、SAP IQデータベースを上記の方法でインストールした場合には関係ありません。(コンポーネント BC-SYB-IQ,  BC-ILM-STO)

Note 2161052 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) ストア: フリー接続タイプ
Note 2257318 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) ストア: IQ を使用したロックの例外
Note 2284492 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) ストア: SAP IQメッセージ “Connection limit exceeded”
Note 2414314 – Q: PUT が成功しても、行が見つからないと GETは失敗する
Note 2478703 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) ストア – IQ: ストリーミングの場合の行が見つからないため、PUTは成功し、GETは失敗する
Note 2634053 – SAP INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) および Sybase IQ ストレージ
Note 2705663 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) (情報ライフサイクル管理) に関する一括情報
Note 2748058 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) ストレージ “DETERMINE_PUT_TARGET” 時に SLG1 でエラーが発生する
Note 2785785 – ‘(行末)’ の近くで DAP が IQ エラー SQL-131 構文エラーで終了する
Note 2806115 – 32767 を超えるデータでのエラーバイナリデータのサポートなし ホスト変数のバインド – SAP INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) および IQ
Note 2942648 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) ストア: ストリーミングサイズを超えるサイズのストレージファイル時のエラー
Note 2969212 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM): リモートコンテンツリポジトリとして設定された INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM) ストアからの文書削除時のエラー

また、SAP IQ (コンポーネント:BC-CCM-ADK、BC-ILM)に関連して、いくつかの訂正があります。

Note 3010127 – レポート RILM_STOR_TEST_PF_SINGLE実行時のダンプCX_ILM_STOR_EXCEPTION
Note 3010305 – SAP IQ:無効な情報構造の設定時に構造テーブルがSAP IQに書き込まれない
Note 3017579 – DBA Cockpit:SQL 文のコックピットアクションを使用した複数システムの監視
Note 3020979 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアでのアーカイブファイル読込プロセス時のパフォーマンスの改善

20216月更新 – INFORMATION LIFECYCLE MANAGEMENT (ILM)機能テスト時の改善

Note 3020979 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアでのアーカイブファイル読込プロセス時のパフォーマンスの改善
Note 3064301 – SAP Information Lifecycle Management (ILM) ストア: 操作Originの変更時にRuntimeエラーが発生する
Note 3061532 – SAP LHM : E-Discoveryレポートを使用してLegal Caseにオブジェクトを追加する際にRuntimeエラーが発生する
Note 3060009 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストア: レポート RILM_STOR_TEST_PF_REPEAT_SMALLのBLOBサイズの説明が正しくない
Note 3055028 – SAP Information Lifecycle Management (ILM) ストア: レポート RILM_STOR_TEST_PF_REPEAT_BIGのBLOBのサイズが正しくない

 

SAP Information Lifecycle Management (ILM)のためのSAP IQデータベースの設定

SAP IQにアーカイブデータを統合する(英語/PDF)

ブログ Q – SAP IQのための容易なインストーラー (インストーラーについては roland.kramer@sap.com にお問い合わせください。)
3つの値のみでSAP IQデータベースをインストール。SDA/ODBCの設定のみ必要です。

「Q」 – SAP IQデータベースの容易なインストーラー

SAP Information Lifecycle Management (ILM)のためのSmart Data Access (SDA)

ADBC_TEST_CONNECTIONレポート

SAP Information Lifecycle Management (ILM) ストアのDBCO設定で、1つ小さな追加があります。

SAP Information Lifecycle Management (ILM)のDBCO値

SYBASE_SERVER=hostname.fqdn SYBASE_PORT=3<nr>38 SYBASE_IQ_ENGINE=hostname_<SID>_<nr> 
SYBASE_DBNAME=SAPIQDB SYBASE_IQ_LOAD_SIDE_FILES=1 SYBASE_IQ_LOAD_DIR=/sapmnt/IQ 
SYBASE_CONTYPE=IQ SYBASE_IQ_LOAD=1 SYBASE_IQ_CESU-8=1 SIQ_BULK_OP=1 
SYBASE_IQ_LOCKWAIT=600 SYBASE_IQ_BUFFER_SIZE=500000

 

sybase@server:/usr/sap/<SID>/data/db>
iqdsn -y -w "hostname_<SID>_<nr>" -c "UID=DBA;PWD=Sybase4me;ServerName=hostname_<SID>_<nr>; 
LINKS=tcpip(host=hostname.fqdn;port=3<nr>38)"
Configuration "hostname_<SID>_<nr>" written to file /usr/sap/<SID>/home/.odbc.ini
sybase@server:/usr/sap/<SID>/data/db> dbping -d -c dsn=hostname_<SID>_<nr>
Connected to SQL Anywhere 16.1.50.1949 server
Ping database successful.
sybase@server:/usr/sap/<SID>/data/db>
dbisql -c "uid=SAP<SID>USR;pwd=Sybase4me;dsn=hostname_<SID>_<nr>" -nogui
(SAP<SID>USR>) 
sp_iqlmconfig;
sp_iqstatus;
sp_iqcheckoptions;
sp_displayroles;
sp_iqdbspaceobjectinfo USER0001;

 

 

DBA CockpitによるSAP IQの監視

ブログ – 2021年以降のエンタープライズFlashアプリケーションへのアクセス方法(英語)
ブログ – SAP IQ for DBA CockpitでSAP IQを有効化する

Note 3094594 – DBACOCKPITでSAP IQを有効化する

SAPUSRに必要なユーザーロール

tx. DBACOCKPIT – SAP IQデータベースの定義

tx. DBACOCKPIT – SAP IQ データベースのアベイラビリティ

tx. DBACOCKPIT – SAPSQ205 IQデータベースの概要

tx. DBACOCKPIT – SAPSQ205 IQ データベースオプション

tx. DBACOCKPIT – SAPSQ205 – SAP IQ データベーステーブル

 

 

SAP Information Lifecycle ManagementILM)の設定

はじめに、tx. SFW5(英語) でSAP Information Lifecycle Management (ILM) Business Functionをアクティベートまたは、tx. SFW2(英語) でメンテナンスします。

SAP Help – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアを使用するための前提条件(英語)

 

Business Frameworkを変更する場合にはWebベースの方法を使用する必要があることに注意してください。このタスクにはWebGUI を使用することができます。
Note 2563024 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストア – Note集

Note 2900689 – SAPGUI for HTML。WebGUIのログオンがS/4HANA 1909で機能しない

Business function FIN_ACC_ILM is prerequisite for business function ILM_CDE_CONT_SAP_APPL

ILM データベースストアのアクティベート (ILM_STOR)

SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアを使用するには、いくつかのSAPロールがあります。詳細および権限オブジェクトの使用については、SAP Information Lifecycle Management (ILM)実装ガイド(英語/PDF)を参照してください。

SAP Information Lifecycle Management (ILM)の使用に関係するロール

 

 

SAP Information Lifecycle Management(ILM)フレームワークの設定

すでに述べたように、ここではILMで使用するSAP IQデータベースにフォーカスしています。(Azure BLOBなし、HadoopまたはNFSはカバー)

Note 2563024 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストア – ノート集
Note 2243603 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストア:Class Factoryへの接続ID追加のためのユーティリティー

レポートRILM_STOR_CF_DBCON作成されたSAP IQデータベースのためのテーブル TILMSTOR_CF内にエントリーを作成します。

Table: TILMSTOR_CF
Interface: IF_ILM_STOR_DB_OPERATOR
for SAP IQ: CL_ILM_STOR_DB_OPERATOR_IQ

Report RILM_STOR_CF_DBCON for DBCON

SM30 – テーブルTILMSTOR_CF

 

tx. SARIとSARAのカスタマイズ設定は、SAP Information Lifecycle Management (ILM) Business Functionのアクティベーションが成功した時のみ可能なことに注意してください。

tx. SARIのカスタマイズ

tx. SARA – 1-2のカスタマイズ

tx. SARA – 2-2のカスタマイズ

Note 2544517 – アーカイブ管理: ArchiveFileBrowser への直接のナビゲーション

tx. AS_AFB (SARA)

 

SAP Information Lifecycle Management(ILM)のOriginコンセプトを定義する

Originコンセプト

Origin は、データのオリジンを決める時にILMストアをサポートしており、またILMストアを設定する際の中心要素でもあります。 基本的に、データがどこからくるのか、どこに格納するのか、を2つのトランザクションで定義します。ここではもちろんSAP IQデータベースを定義します。

Originの作成の詳細は、SAP Information Lifecycle Management (ILM)実装ガイド(英語)を参照してください。Neenu Susan George による ILMストア設定(英語)のブログからもヒントが得られると思います。

Note 3068508 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアのカスタマイズ用シンプル化されたトランザクション(ILM_STOR_GEN_CUST)

  • ILM_STOR_ADM_CUST (ILMストア管理のカスタマイズ)
  • ILM_STOR_OPR_CUST (ILMストアオペレーションのカスタマイズ)
  • Report RILM_STOR_GENERATE_CUSTOMIZING (ILM_STOR_GEN_CUST)

tx. ILM_STOR_GEN_CUST

tx. ILM_STOR_ADM_CUST

tx. ILM_STOR_OPR_CUST

tx SM30 – Table TILM_STOR_CUS

tx. SM30 – Table TILM_STOR_O_ROUT

tx. SM30 – Table TILM_STOR_CUS_O

tx. SM30 – Table TILM_STOR_CUS_P

 

 

SAP Information Lifecycle Management(ILM)ストアの設定とパブリッシュ

SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアのパブリッシュに関する詳細はこちらを参照してください。 SAP Information Lifecycle Management (ILM)実装ガイド(英語).
Neenu Susan George – による ILMストア設定(英語)のブログからもヒントが得られると思います。

  • tx. SICF (HTTP サービスヒエラルキー)
  • tx. SM59 (RFC 方向)
  • tx. ILMSTOREADM (WebGUIによるアクセス)

Note 3027603 – SAP Information Lifecycle Management (ILM) ストア追加時の ILMSTOREADM でのエラー “401 Unauthorized”
Note 3044246 – SAP Information Lifecycle Management (ILM) ストア登録時の ILMSTOREADM での “500 内部サーバエラー”

ICFノードを使用してストレージシステムをパブリッシュする場合、SAPバックエンドのHTTP/Sはマニュアルに掲載されているとおりに正しく設定されている必要があります。ILMトランザクションのいくつかは、HTTPSの呼び出しに関して「ハードコード」されているからです。

tx. SMICM

tx. SM30 – テーブルHTTPURLLOC

Note 2704178 – エラー HTTP 500 “Redirect is not possible” が /sap/public/myssocntl または /sap/public/bc/icf/logoff で発生する
Note 2846151 – WEBGUI: 大きなファイルをアップロードする際の “サーバからの応答に OK コード 200 がありません。”

tx. UCON_CHW

tx. SICF – 1-2

tx. SICF – 2-2

tx. SM59 – S4H_ILM_STORE

tx. SM59 – RFC接続のテスト

tx. ILMSTOREADM (tx. WebGUIでアクセス)

 

Administration OriginがテーブルTILM_STOR_O_ROUTで指定されている場合、SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアの作成は以下のメッセージが表示され、失敗します。

597: Inconsistent Configuration (CX_XADK_DAS_SERVER)

 

このエラーが発生した場合は(混乱しやすいメッセージですが)、チェックレポートRILM_STOR_TEST_PF_REPEAT_SMALLとRILM_STOR_TEST_PF_REPEAT_BIGはすでに実行できる状態です。

598: Input or output error (triggered during access to file system, WebDAV or data stream)

"SQL message: [IQ Error SQL-141:42S02][SAP][ODBC Driver][SAP IQ]Table 'TILM_STOR' not found".

597: Inconsistent configuration
CX_XADK_DAS_SERVER
DA Service Message: _DEFINE_ARCHIVE_STORES: Store S4H_400_ILM_IQ Does Not Correspond to ILM Conformance 2

598: Input or output error (triggered during access to file system, WebDAV, or data stream; see long text)
CX_XADK_DAS_SERVER
DA Service Message: _DEFINE_ARCHIVE_STORES: Store SAP_ILM_STORE Does Not Support the WebDAV Log

 

トランザクションのいくつかは、Webベースのため、WebGUI経由でアクセスします。

### used Services in the HTTP hierarchy - tx. SICF
/sap/bc/webdynpro/sap/irm_policies
/sap/bc/webdynpro/sap/ilm_audit_area
/sap/bc/webdynpro/sap/das_store_browser
/sap/bc/webdynpro/sap/ilm_store_admin
/sap/bc/webdynpro/sap/wdr_test_input

Note 2970651 – トランザクション ILM_SB が機能しない (別の方法でのILM ストアブラウザの呼び出しは可能)

ILM – WebGUI経由の選択されたアクセス

 

SAP IQでSAP Information Lifecycle Management(ILM)の機能をテストする

ブログ SAP NLS/SAP ILMエラーメッセージの謎を解く …(英語)

SAP Information Lifecycle Management(ILM)機能のテスト用に様々なレポートが利用できますが、ソリューションには関係ない結果の成功やエラーが表示されるものがあります。Neenu Susan Georgeのブログも参照してください。 – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアの設定 と – SAP Information Lifecycle Management (ILM)ストアのトラブルシューティング

  • RILM_STOR_TEST_HC_CLIENT (ILMストア:クライアント設定のヘルスチェック)
  • RILM_STOR_TEST_AT (BC-ILM 3.0のバリデーション)
  • RILM_STOR_TEST_PF_SINGLE (ファイルベースのアーカイブのみ)
  • RILM_STOR_TEST_PF_REPEAT_SMALL
  • RILM_STOR_TEST_PF_REPEAT_BIG
  • RILM_STOR_TEST_CLEAR (Test Loopのリセットに必要でした)
  • RILM_STOR_WD_DEMO (WebDAVレイヤーのテスト)
  • RSARCH_CHECK_CUSTOMIZING

Report RILM_STOR_TEST_HC_CLIENT

レポートRILM_STOR_TEST_AT

レポートRILM_STOR_TEST_CLEAR

レポートRILM_STOR_TEST_PF_SINGLE

レポートRILM_STOR_WD_DEMO

レポートRSARCH_CHECK_CUSTOMIZING

 

 

 

SAP Information Lifecycle Management(ILM) – ファーストステップはこれで終了です …

お疲れ様でした。

言うまでもなく、これもマルチパーパスデータベースであるSAP (Sybase) IQ の利用例の1つです。

まぎれもなく、SAP (Sybase) IQ – the hidden treasure … です。

 

 

————————————————————————————————————————–
オンプレミスの場合、お持ちのライセンスによってはSAP ILM用途に限定したSAP IQのライセンスが含まれているものもありますので、ご確認ください。
SAP ILM Coud, private editionの場合、SAP IQ cold store Cloud, private editionが必要になります。
————————————————————————————————————————–

ぜひ、このオリジナルブログが掲載されているSAP CommunityのSybase関連タグをフォローして、最新技術情報をキャッチアップしてください(フォローには登録が必要です)。

SAP Communityの関連タグ

・SAP IQ ブログ / Q&A
・SAP SQL Anywhere ブログ / Q&A
・SAP HANA Cloud, data lake ブログ / Q&A

SAP Communityでは質問も投稿することが可能で、世界中のSAP社員やユーザーのアドバイスを受けることができます。

————————————————————————————————————————–

SAPジャパンブログ内関連記事:

SAP IQ
SAP IQ – 隠れたイッピン …
全てのSAP BW、SAP BW/4HANAリリースのSAP ニアラインストレージ(NLS)ソリューション – SAP IQ
DBA CockpitでSAP IQを有効にする
SAP IQのための容易なインストーラー - 「Q」
列指向データベースでもOLTPに対応したSAP Sybase IQ16の機能拡張
大量データの「圧縮率」と「ロード時間」を改善したSAP Sybase IQ16の技術解説
SAP IQのクラウドサービスが開始されました – SAP HANA Cloud, Data Lake (Standalone IQ)
SAP IQ 16.1 SP05がリリースされました

SAP ASE
SAP ASE 16.0 SP04の新機能
SAP HANAプラットフォームを相互補完し進化する旧Sybase製品の今――SAP ASEとSAP IQ
SAPアプリケーション向けデータベースとしてSAP Sybase ASEが採用される理由とは
RDBMSのパフォーマンス向上の仕掛け――SAP Sybase ASE 15.7の最新アーキテクチャー解説

オンラインマニュアル:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community (ブログ/ Q&A) :
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community Wiki:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

sap.com 製品ページ:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

その他:
SAP IQ テクニカル概要


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら