「アイデア」をモバイルアプリで「カタチ」に――モバイルイノベーションプログラム


こんにちは、SAPジャパンの井口です。今回は、お客様の業務に最適化されたモバイルアプリケーションの導入を支援する「モバイルイノベーションプログラム」をご紹介します。このプログラムでは、お客様のビジネス特性やニーズに応じた使いやすく高品質なアプリケーションの開発を、SAPの専任開発チームがご要望のヒアリングから企画、導入までトータルに提供。モバイルを活用した業務効率の向上を実現します。

お客様のビジネスに即したモバイルアプリを実現する「モバイルイノベーションプログラム」

Sticky Notepapers on Wall in Office

「モバイルアプリケーションを業務に導入したいが、何から始めればよいのか見当がつかない。」また、「すでに導入しているけれど、いまひとつ自社の業務にフィットしていない。」「もっと使いやすいユーザーインターフェースやデザインが欲しい。」といった悩みを抱えている企業は少なくありません。とりわけモバイルアプリケーションの場合は、小さな端末画面やタッチパネルといった制約が大きい分、その使い勝手は活用効率や利便性に直結します。

SAPでは、こうしたお客様それぞれのニーズに最適化されたモバイルアプリケーションの開発、ロードマップ策定を支援するために、モバイルイノベーションプログラムというサービスを提供しています。このサービスでは、SAP Mobility Design Centerと呼ばれるモバイルアプリケーション専任の開発チームが、お客様個別の要件のヒアリングをとおして、モックアップにてお客様仕様のモバイルアプリケーションを開発するまでをサポート。最終的にSAP Custom Developmentと呼ばれるサービスによって、SAPの準製品に仕上げて提供します。SAP 製品本来の性能を引き出しながら、同時にお客様のビジネスに最適化され、ユーザビリティに優れたモバイルアプリケーションを実現できる点が、SAP Custom Developmentの大きな特長です。