SAP S/4HANAへの移行基礎知識2022年度版:第2回 移行オプションの選択とプロジェクトの進め方を知ろう

作成者:野上田 亮投稿日:2022年8月2日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAP  S/4HANAへの移行に関する最新情報をご紹介するブログシリーズの第2回になります。なお、本ブログの内容は20226月の技術情報に基づくものであり、将来変更となる可能性があります。

第1回 何故、SAP S/4HANAに移行するのか?目的の作り方
2回 移行オプションの選択とプロジェクトの進め方を知ろう
第3回 SAP Readiness Checkとシステムコンバージョンのステップを知ろう
第4回  主に気を付けるべきSAP ERPとSAP S/4HANAの機能差とは?
第5回 カスタムコード(アドオン)はどのように移行できるのか?
第6回 SAPサービスによるSAP S/4HANA移行支援とは?

SAP S/4HANAへの移行オプションの選択

SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行オプションは大きく分けて3種類あります。

システムコンバージョンは「ブラウンフィールド」とも呼ばれ、SAP ERP上の既存設定、アドオンやデータを生かしつつ、SAP S/4HANAでどうしても変更しなければならない箇所のみ変更します。SAP S/4HANAに最も短期間且つ低コストで移行できる方法です。本ブログではシステムコンバージョンを中心に記載していきます。
新規導入は「グリーンフィールド」とも呼ばれ、SAP S/4HANAを新規インストールし、クリーンな状態からSAP S/4HANAを導入するアプローチです。SAP ERPからの移行の場合、パラメータ、アドオンやデータは自動的には移行されません。
選択データ移行はシステムコンバージョンや新規導入のみでは満たせないお客様固有の移行要件(例:インスタンス統合)に、対応するアプローチです。

どの移行オプションを選択するかにより、大きくプロジェクトの計画方法が変わってきます。以下の図は移行オプションを選択する時の考え方の一例となります。

選択データ移行はシステム統合などのケースに加え、SAP ERPを部分的に再利用してSAP S/4HANAに移行したい場合にも有効です。例えば、SAP ERP上のパラメータやアドオンの大部分を再利用したい場合はシェルコンバージョン、概ね新規構築であるが、いくつかのパラメータやアドオンを移行したい場合はミックス&マッチと呼ばれる手法があります。

システムコンバージョンの詳細

システムコンバージョンは上記でお伝えした通り、最も短期間且つ低コストで移行できる方法です。SAP ERP上のパラメータ、アドオンやデータを生かして、SAP S/4HANAに移行する方法で、既に確立された手順とツールが存在します。唯一のシステム要件は移行元のSAP ERPがSAP ERP6.0以上であることです。

SAP S/4HANAへの移行プロジェクトに向けた準備

システムコンバージョンによる移行プロジェクトを計画するにあたり、以下のような準備作業が考えられます。

  • SAP S/4HANA関連情報の収集(例:セミナー参加)
  • ビジネス観点での目標設定、トランスフォーメーションのロードマップ作成(本ブログ第1回参照)
  • 現行SAP ERPの情報の整理

現行ERPの整理においては、SAPではシステム全般ではSAP Readiness Check for SAP S/4HANAやアドオン分析のツール(本ブログ第5回参照)を提供しています。また、多くのパートナー様で提供されている移行アセスメントを活用するとより効率的に現行SAP ERP情報とSAP S/4HANAへの移行プロジェクトを計画するために必要な情報が整理できます。

SAP S/4HANAへの移行プロジェクトの進め方

システムコンバージョンによるSAP S/4HANAへの移行プロジェクトの一般的なプロジェクトの進め方についてご説明します。下記の図はプロジェクトスケジュールのイメージとなります。

重要なポイントは以下の通りになります。

  • プロジェクト準備でReadiness Checkや移行アセスメント等の結果に基づき、プロジェクト計画の詳細化を行います。
  • サンドボックスコンバージョンにて、システムコンバージョンを実施し、必要なカスタムコードやパラメータの変更を行います。その中で発生した課題をFit&Gap分析にて解決します。
  • 開発環境から順次システムコンバージョンを開始し、開発環境上にサンドボックスで変更した内容を反映させ、検証環境でテストを行います。
  • 移行期間は現行環境のメンテナンスは凍結します。法対応等、どうしても変更しなければならない場合は現行環境と移行用の環境を二重メンテナンスします。
  • コンバージョン前後の作業手順の確認やダウンタイムの最終計測・調整のため、移行リハーサルを数回実施します。
  • 最終化された手順に基づいて、本番機のシステムコンバージョンを実施します。

まとめ

SAP S/4HANAへの移行で最も短期間且つ低コストで移行できるシステムコンバージョンは最も基本的な移行方法となり、設定、アドオンやデータの移行はどの移行オプションでもシステムコンバージョン向けの考え方や分析ツールが活用できます。また、システムコンバージョンによるSAP S/4HANAへの移行プロジェクトは既に確立された手順とツールが存在しており、プロジェクトの進め方も定まっています。プロジェクトの計画から準備・実行のイメージを大体ご理解いただけたら幸いです。

以前・後続のブログ投稿
第1回 何故、SAP S/4HANAに移行するのか?目的の作り方
第3回 SAP Readiness Checkとシステムコンバージョンのステップを知ろう
第4回  主に気を付けるべきSAP ERPとSAP S/4HANAの機能差とは?
第5回 カスタムコード(アドオン)はどのように移行できるのか?
第6回 SAPサービスによるSAP S/4HANA移行支援とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら