クラウド化に向けて「RISE with SAP」をSAP IQでスリム化

作成者:伊藤 沢投稿日:2022年8月3日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは、 Roland Kramer(SAP Platform Architect for Intelligent Data & Analytics, SAP SE)が執筆したブログ「Leaner “RISE with SAP” and IQ towards Cloud」(2022/11/4更新版)の抄訳です。


RISE with SAP は、インテリジェントエンタープライズに向けたトランスフォーメーションを、お客様の条件に沿って、お客様のタイムラインで提供するものです。シンプル化されたエンゲージメントとガイド付きのジャーニーによってお客様のビジネストランスフォーメーションの複雑性を取り除くことができ、アップフロントの投資を抑えながら、お客様にとって必要な柔軟性とプレミア価値を短期間で実現します。

RISE with SAP」のプログラムは、あらゆるSAP インスタンスをお好みのハイパースケーラーに移行するためのものです。詳細は、SAP CommunityのRISE with SAPトピックを参照してください。

SAP TechEd 2021 – インテリジェント ERP でデジタルトランスフォーメーション トラック (英語)
E-3 Magazine 03.2022 – Run simple and rise with – what? (ドイツ語)

 

ご想像のとおり、「RISE with SAP」は数十年住んだ古い家から、新しい建築材が使用され、暖房設備がより整っているなど、よりモダンな新しい家に引っ越すようなものです。

引っ越しに際して、思い出に残るものを全て引っ越し先のいつでもアクセスできるところに整理してとっておきたいと思っても、部屋数は今までよりも少なくなるかもしれません。

そのため、この「大引っ越し」の前に、SAP IQデータベースを全ての記録や、思い出のアイテムのメインのコンテナとして検討し、引っ越し用ダンボールの量やサイズ、引っ越しトラックのサイズを最適化する必要があります。

すでに何年も前から2つのメインシナリオがサポートされており、TCOを大きく削減しパフォーマンスを大幅に改善することができます。

SAP IQ – 隠れたイッピン (the hidden treasure) … のブログも確認ください。

 


 

Azure ハイパースケーラーへRISE with SAP

以下の例は、既存のオンプレミスのITプラットフォームをAzureのようなハイパースケーラーに、現在リプレース可能なものを示しています (新しい家への引っ越しのたとえを思い出してください) 。

ファーストガイダンス – Azure クラウドへの SAP BW/4HANA の実装 (英語)の文書が、ハイパースケーラーで使用する上での課題に関するインサイトになるでしょう。

インテリジェントデータオーケストレーションプラットフォーム

ハイパースケーラーベースのSAP Data Intelligence の実装 (英語)は、強化された接続スイートとして、SAP BW/4HANAとともに、他のSAPクラウドソリューションとの統合に使用することができます。

データインテリジェンス

Unified Data Integration for SAP (英語)のブログも参照してください。


技術的な観点では、ハイパースケーラーへの移行は、既存のオンプレミスランドスケープのバックアップ/リストアですが、SAP S/4HANAやSAP BW/4HANAのみというような、システムの種類ごとではなく、end-to-endのシナリオでスタートする方が適しています。

SAP IQ (オンプレミスまたはハイパースケーラー) へ移行したデータは、SAP HANA データベースより80%以上も圧縮されています。プロセスの詳細については、 SAPファーストガイダンス – SAP IQ16.xによるSAP BW、SAP BW/4HANAのニアラインストレージ(NLS)ソリューション (英語)を参照してください。


RISE with SAP」 でお客様のジャーニーの最初のステップをぜひスタートしてください。

 


※SAP IQ cold store Cloud, private edition が必要になります。


 

このオリジナルブログが掲載されているSAP CommunityのSybase関連タグをフォローして、最新技術情報をキャッチアップしてください(フォローには登録が必要です)。

SAP Communityの関連タグ

・SAP IQ ブログ / Q&A
・SAP SQL Anywhere ブログ / Q&A
・SAP HANA Cloud, data lake ブログ / Q&A

SAP Communityでは質問も投稿することが可能で、世界中のSAP社員やユーザーのアドバイスを受けることができます。

 

———————————————————

SAPジャパンブログ内関連記事:

SAP IQ
SAP IQ – 隠れたイッピン(the hidden treasure) …
クラウド化に向けて「RISE with SAP」をSAP IQでスリム化
全てのSAP BW、SAP BW/4HANAリリースのSAP ニアラインストレージ(NLS)ソリューション – SAP IQ
SAP IQによるSAP ニアラインストレージ(NLS)のパフォーマンスを向上させる
SAP IQを利用したSAP Information Lifecycle Management(ILM)
DBA CockpitでSAP IQを有効にする
SAP IQのための容易なインストーラー - 「Q」
列指向データベースでもOLTPに対応したSAP Sybase IQ16の機能拡張
大量データの「圧縮率」と「ロード時間」を改善したSAP Sybase IQ16の技術解説
SAP IQ 16.1 SP05がリリースされました

SAP HANA Cloud, data lake
SAP HANA Cloud, data lakeストレージのオブジェクトストレージへの変更によるパフォーマンス向上とペタバイト規模データの対応およびコスト低減
SAP HANA Cloud, data lakeでマテリアライズドビューを使用してパフォーマンスを上げる
SAP HANA Cloud, SAP HANA データベースとSAP HANA Cloud, data lake filesを使用する
SAP HANA Cloud, HANA データベースからSAP HANA Cloud, data lakeデータベースへの最速のデータ移行方法とテスト結果
SAP HANA Cloud, HANAデータベースから HANA Cloud, data lakeへのデータの高速移行とデータ移行速度に影響するパラメーター
SAP HANA Cloud, data lakeとSAP IQに共通するヒストリカルデータベースとDBSpaceサイズのキャプチャー方法
SAP HANA Cloud, data lake(IQ)をベースにしたNode.jsアプリケーションの構築
複数のSAP HANAソースからのデータを1つのSAP HANA Cloud, data lake(IQ)に集約する
SAP HANA Cloud, data lake Filesへの最初のアクセス設定
SAP HANA Cloud, data lakeおよびSAP IQにおけるスキーマのエクスポート/バックアップ
SAP HANA Cloud, data lake(IQ)にWindows端末からPythonで直接接続する
SAP HANA Cloud, data lakeへのデータロードにおけるvCPU数の影響
SAP IQのクラウドサービスが開始されました – SAP HANA Cloud, data lake (Standalone IQ)

SAP ASE
SAP ASE 16.0 SP04の新機能
SAP ASEの新しい管理ツール「AMC」の紹介:インストール方法、メモリー管理、ワークロード分析機能、Workload AnalyzerのSSL設定について
SAP HANAプラットフォームを相互補完し進化する旧Sybase製品の今――SAP ASEとSAP IQ
SAPアプリケーション向けデータベースとしてSAP Sybase ASEが採用される理由とは
RDBMSのパフォーマンス向上の仕掛け――SAP Sybase ASE 15.7の最新アーキテクチャー解説

オンラインマニュアル:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community (ブログ/ Q&A) :
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community Wiki:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

sap.com 製品ページ:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

その他:
SAP IQ テクニカル概要
SAP IQ 16.0 ハードウェアサイジングガイド
様々なストレージおよびネットワークテクノロジーにおける SAP IQ 16 Multiplex のパフォーマンス評価


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら