SAP S/4HANAへの移行基礎知識2022年度版:第5回 カスタムコード(アドオン)はどのように移行できるのか?

作成者:野上田 亮投稿日:2022年8月8日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SAP  S/4HANAへの移行に関する最新情報をブログシリーズの第5回になります。なお、本ブログの内容は2022年6月の技術情報に基づくものであり、将来変更となる可能性があります。

第1回 何故、SAP S/4HANAに移行するのか?目的の作り方 
第2回 移行オプションの選択とプロジェクトの進め方を知ろう 
第3回 SAP Readiness Checkとシステムコンバージョンのステップを知ろう 
第4回  主に気を付けるべきSAP ERPとSAP S/4HANAの機能差とは?
5回 カスタムコード(アドオン)はどのように移行できるのか?
第6回 SAPサービスによるSAP S/4HANA移行支援とは?

カスタムコード(アドオン)の移行

SAP ERP上での追加開発は日本では一般的にアドオンと呼ばれますが、本ブログではグローバルに合わせてカスタムコードまたはカスタムオブジェクトと記載します。これからSAP S/4HANAにシステムコンバージョンで移行しようと検討されている方は、どの様にカスタムコードおよびカスタムオブジェクトを調整するのかイメージできていない方もいらっしゃると思います。本ブログでは、SAP S/4HANA への移行に伴うカスタムコードの移行についてご紹介していきます。

SAP S/4HANA への移行に伴うカスタムコード調整が必要な理由

SAP ERPでは、各アプリケーションは多くのテーブルで構成されていました。

SAP S/4HANAでは新しいリアルタイム要件、ビッグデータ、高スループットのためにデータ構造が変更されています。索引と履歴テーブルは廃止され、オンザフライ集計されるようになります。ただし、多くの廃止テーブルには互換ビューが用意されているので、旧テーブルからデータを読み込んでいるカスタムコードの多くは、これまでどおり機能するような仕組みがあります。

SAP S/4HANA への移行に伴うカスタムコード (カスタムオブジェクト)調整

SAP S/4HANAへの移行にあたり、全てのカスタムコードを修正する必要はありません。最低限、クリティカルな影響を受けるカスタムコードのみ修正を施すことで移行のコストを下げることができます。多くのお客様で、実際には使用されていないカスタムコードが存在しています。それを見極めるために、SCMON/SUSGというツールやST03Nを活用頂けます。そのうえで実際にSAP S/4HANA化による影響分析を行うツールについて紹介します。

カスタムコード(カスタムオブジェクト)の影響分析

SAP S/4HANA では標準オブジェクトの ”シンプル化” により、処理の大幅な簡素化とともに大量データの高速処理を可能にしています。標準オブジェクトの統廃合や機能拡張に伴い、それらのオブジェクトを使用しているカスタムコード(カスタムオブジェクト)に対して調整の要否を確認する必要があります。カスタムコード(カスタムオブジェクト)の影響分析では、変更された標準オブジェクトは何か、どのカスタムコード(カスタムオブジェクト)が影響を受けたのかを特定します。そしてカスタムコード(カスタムオブジェクト)をどのように変更するべきか把握して、調整を行うべきカスタムコード(カスタムオブジェクト)のボリュームを明確にしていきます。

カスタムコード(カスタムオブジェクト)分析実施のタイミング

ABAP Test Cockpit (ATC) を利用して、カスタムコード(カスタムオブジェクト)の影響分析を実施するタイミングとしては、テクニカルコンバージョン前 (a) およびコンバージョン後 (b) が想定されます。また、アセスメントにおいても同様のカスタムコード(カスタムオブジェクト)分析を行います。

Custom Code Migrationプロセスは、 テクニカルコンバージョン前の「カスタムコード分析ステップ」と、コンバージョン後の「カスタムコード適合ステップ」で構成されています。

カスタムコード分析ステップ:

カスタムコードスコーピング(Custom code scoping)では、SCMONとSUSGのツールを使って、 使用状況を確認し不要なカスタムコード(カスタムオブジェクト)を特定します。不要または使用しなくなったカスタムコード(カスタムオブジェクト)を削除することも検討します。スコーピングにより、カスタムコード数を削減し、カスタムコード調整に必要な労力を最小限に抑えることができます。ABAPコールモニタ(トランザクションSCMON)は、本稼働システムでのABAPコード(汎用モジュール、メソッドコールなど)の実行状況(使用状況)を監視します。トランザクションSUSGは、ABAPコールモニタによって一定期間収集された使用情報を集約します。SCMONとSUSGの詳細は、SAP Blog Post: ABAP Call Monitor (SCMON) – Analyze usage of your code とSAP Blog Post: Aggregate usage data in your production system with SUSG transaction を参照ください。

(a) カスタムコード分析(Custom Code Analysis)- (コンバージョン前)
コンバージョン前の SAP ERPに対して Central Check System から ATC を起動し、影響を受けるカスタムコード(カスタムオブジェクト)を特定します。ただしシステムはまだシステムコンバージョンされていないため、実際に調整作業の実施が可能なオブジェクトは一部に限られます。本フェーズにおけるカスタムコード分析は、主にカスタムコードの調整に必要な作業工数の見積もりを目的として実施されます。

カスタムコード適合ステップ:

(b) 機能適合(Functional adoption)- (コンバージョン後)
Central Check System またはシステムコンバージョンされた SAP S/4HANA システムにて ATC を起動します。チェック結果からシンプル化によって影響を受けるカスタムコード(カスタムオブジェクト)を特定し、実際の調整作業を行います。 一部の調整はABAP 開発ツール (ADT) を使い、ATC 結果に基づいて半自動のクイックフィックス機能でカスタムコード調整することが可能です。
詳細はSAP Blog Post: Semi-automatic custom code adaptation after SAP S/4HANA system conversionとSAP Blog Post: Comments for the ADT Quick Fixesを参照ください。

カスタムコード最適化(Custom code optimization)では、SQL Monitor を活用してパフォーマンスチューニングをします。SQL Monitorの詳細は、ABAP SQL Monitor: Implementation Guide and Best Practices を参照ください。

カスタムコード(カスタムオブジェクト)分析ツール: ABAP Test Cockpit (ATC)

ABAP Test Cockpit (ATC) を利用して、SAP S/4HANA化に伴うカスタムコード(カスタムオブジェクト)の影響分析を行うことができます。ATC は変更されたオブジェクトの一覧情報 (Simplification Database) を参照し、カスタムコード(カスタムオブジェクト)をコーディングレベルで分析します。シンプル化の影響を受ける可能性があると判断されたカスタムコード(カスタムオブジェクト)に対して、関連する SAP Noteが提示されます。これらのSAP Noteに詳細情報が記載されているので、これを元に調整を行うことが可能です。

カスタムコード(カスタムオブジェクト)分析ツールのオプション

GUIベースのABAP Test Cockpitを使用する方法と”Custom Code Migration” Fiori appを使用する方法があります。また、SAP Business Technology Platformで”Custom Code Migration” Fiori appを使用して分析が可能になりました。

どのオプションでも、調整が必要なカスタムコードを特定することが出来ます。既にSAP S/4HANA環境がある場合またはSAP Cloud Platformを使用可能な場合は、GUIベースには無い機能を利用できるため、”Custom Code Migration” Fiori appを使用する分析方法を推奨しています。例えば、フィルタ機能があったり、カスタムコード調整のスコープを定義したり、SUMフェーズで不要なカスタムコードを削除する設定を行うことが出来ますので、作業効率を高めることが出来ます。

”Custom Code Migration” Fiori appでの分析については、SAP Blog Post: Custom code analysis for SAP S/4HANA with SAP Fiori App Custom Code MigrationとSAP Blog Post: ABAP custom code analysis using SAP Cloud Platformを参照ください。

まとめ

本ブログは、SAP S/4HANA への移行に伴うカスタムコードの移行についてご紹介しました。

どの様にカスタムコード(カスタムオブジェクト)を調整するか、ご理解いただけたと思います。

下記以前のブログも、是非、ご参照ください。

以前・後続のブログ投稿

第1回 何故、SAP S/4HANAに移行するのか?目的の作り方 
第2回 移行オプションの選択とプロジェクトの進め方を知ろう 
第3回 SAP Readiness Checkとシステムコンバージョンのステップを知ろう 
第4回  主に気を付けるべきSAP ERPとSAP S/4HANAの機能差とは?
第6回 SAPサービスによるSAP S/4HANA移行支援とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

  • SAPPHIRE NOW 2021でSAP CEOが語ったビジネスの新機軸とは? グローバルキーノート解説

    7月から開催されるSAPPHIRE NOW Japanに先駆け、CEOのクリスチャン・クラインが登壇したグローバルキーノートについて、6月10日に日本の視聴者向けのハイライト解説をオンライン配信しました。ゲストスピーカーに株式会社PlantStream 代表取締役 CEOの愛徳誓太郎氏とトト デジタル戦略本部 情報システム部 部長の木村隆之氏を迎えた、グローバルキーノートを解説します。

    続きを見る

  • 急速に生産キャパを拡大している米モデルナのデジタル戦略

    2021年7月12日に配信されたSAP SAPPHIRE NOW Japanにて基調講演を行った米モデルナ社のCDO兼Chief Operation Excellence Officerのマルセロ・ダミアニ氏が語る同社のデジタル戦略と、その中で一番重要と同氏が語る「統合」についてSAPがどのように貢献できたのかと、新型コロナワクチンの供給で非常に重要なトレーサビリティをどのように支援したのかをハイライトでお届けします。

    続きを見る

  • 自ら学習する組織 — ジョブ型雇用の先に描かれるもの

    ジョブ型雇用が議論され、従来の人事制度を切り替える企業も出てきました。しかし、職務記述書を明確にするだけで、企業の業績が上がるわけではありません。社員の成長があってこそ企業も成長します。そのための自律的な学習について論じます。

    続きを見る

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら