SAP HANA Cloud, data lakeストレージのオブジェクトストレージへの変更によるパフォーマンス向上とペタバイト規模データの対応およびコスト低減

作成者:伊藤 沢 投稿日:2022年11月21日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このブログは、Jason Hinspergerが執筆したブログ「SAP HANA Cloud, Data Lake Relational Engine on Object Storage」(2022/10/6)の抄訳です。最新の情報は、SAP Communityの最新ブログマニュアルを参照してください。


 

SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンの2022 QRC3リリースにおいて、リレーショナルエンジンのTCOプロファイルを変更し、様々な領域でパフォーマンスが向上する大きな新機能がリリースされました。

この変更はどのようなものか?

ご存知かもしれませんが、SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンはオンプレミスのSAP IQテクノロジーをベースにしており、このコアテクノロジーをクラウドサービスで利用できるようにトランスフォーメーションしました。その一方で、このコアテクノロジーの持つ幅広い機能と成熟性を継続して利用できるようにしています。

これまで、SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジン(HDLRE)は、クラウドの一般的なブロックベースのディスクストレージを利用していました。これを利用することで短期間にクラウドのサービスをスタートすることができました。また多くの高品質な機能を、自信をもって提供することができましたが、いくつかのマイナス面もありました。例えば、SAP HANA Cloud, data lakeをプロビジョニングする際、ストレージサイズを事前プロビジョニングする必要があり、プロビジョニングしたストレージが一杯になったらお客様側でサイズ変更して大きくする必要がありました。また、プロビジョニングしたストレージのサイズが、インスタンスのI/Oパフォーマンスに直接影響しました。さらに、一旦プロビジョニングしたストレージサイズは、インスタンスを再構築しない限り小さくすることができませんでした。

QRC 2022リリースより、SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンはデータベースファイルにHDL(SAP HANA Cloud, data lake)ファイルストレージを利用します。言い換えると、SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンのデータベースファイルは、オブジェクトストレージに格納されるよう変更されました。これにより、前述のマイナス面を解決することができるだけでなく、いくつものメリットがあります。

メリットは何か?

SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンのストレージがオブジェクトストレージになることで、いくつか重要なメリットがあります。

  • ストレージを事前プロビジョニングする必要がない:ストレージは、SAP HANA Cloud, data lakeに格納したデータ量に応じて動的に拡大・縮小(1 TB単位)します。SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンのサイズを指定しなくてもよくなるため、プロビジョニングがよりシンプルになりました。
  • ストレージのコストダウン:ストレージがエラスティックになり、利用状況に応じて拡大・縮小するため、ストレージコストが下がります。これにより、保存データストレージの大きな削減になります。
  • パフォーマンスとプロビジョニングしたサイズの分離:ストレージのパフォーマンスは、より動的にスケール可能になり、格納されるデータ量よりも、発生するアクティビティーに関係するようになりました。

コストにどう影響するのか?

SAP HANA Cloud, data lakeのコストに影響する測定方法にいくつか変更があるため、全体としてほとんどのお客様のコストが下がることが予想されます(全てではないかもしれません)。メリットが小さいケースもあるかもしれませんが、ほとんどのケースで非常に大きなメリットになるでしょう。ただし、これらのコスト改善は、徐々に反映されることに注意してください。なぜならば、既存のSAP HANA Cloud, data lakeのユーザーの場合には、このクラウドのオブジェクトストレージへ移行するためのアップグレードの実行に関係するコストが発生するからです。

この新しいクラウドのDBSpace機能が有効になると、お客様のSAP HANA Cloud, data lakeの利用料は大きく変わります。まとめると、

データストレージ

前述のとおり、オブジェクトストレージはブロックベースのストレージよりも格段に安いため、保存データのコストの大幅削減が見込まれます。

バックアップストレージ

バックアップのSLAに変更はありませんが、TCOに影響のあるバックアップの変更がいくつかあります。システムデータベースは、ユーザーデータのデータ量と比較すると小さいものですが、これまでどおり通常のバックアップ方法を使用してバックアップされます。一方、オブジェクトストレージに格納されるユーザーデータは、オブジェクトストレージの機能(例:スナップショットや耐久性)を利用して、リカバリーが必要な問題が発生した時のリカバリー性を確保します。SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンの実際の使用状況によっては、バックアップコストの大幅な削減を実感できるでしょう。例えば、SAP HANA Cloud, data lakeはデータの追加のみでめったにアップデートしない場合、バックアップコストは非常に低く抑えることができます。一方、SAP HANA Cloud, data lakeのデータをコンスタントにアップデートしている場合には、バックアップコストはオブジェクトストレージ利用前と同程度になります。

コンピュート

SAP HANA Cloud, data lakeのコンピュート課金についてもいくつか変更があり、pay-per-useモデルに、より密接に関連するようになりました。既存のコンピュート課金(SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンの処理に引き当てられるvCPU数)に変更はありませんが、今後はオブジェクトストレージから/への読み込み/書き込みのトラッキングに、SAP HANA Cloud, data lake FilesのAPIコールのメトリックを使用します。これらのコストは、SAP HANA Cloud, data lakeの実際の使用状況と直接関係するため、データを格納するだけで、頻繁にクエリーを投げないのであれば、コンピュートコストの大きな変更にはなりませんが、SAP HANA Cloud, data lakeに対して頻繁にクエリーを投げる場合には、コンピュートコストは増加します。

ネットワークデータ転送

ネットワークデータ転送のメトリックも変更になります。変更前は、いくつかのクラウドプロバイダーではへの読み取りと書き込みの両方のアクティビティーに対してネットワークデータ転送料が課金されました。変更後は、このメトリックにSAP HANA Cloud, data lakeからの読み込みオペレーション(つまり、クエリー結果セットとファイルの読み込み)が反映されます。ほとんど全てのケースで、ネットワークデータ転送料は実際にはこれまでとほとんど変わらないか削減になるでしょう。

 

既存のSAP HANA Cloud, data lakeインスタンスのオブジェクトストレージ利用のためのアップグレード方法は?

SAP HANA Cloud QRC3リリースで、SAP HANA Cloud, data lakeリレーショナルエンジンの全てのインスタンスは、オブジェクトストレージをデフォルトで使用するようになりますが、既存のインスタンスは、アップグレードしない限り継続してこれまでのストレージを使用します。お客様の既存のインスタンスをオブジェクトストレージにアップグレードするには、2つのステップがあります。最初のステップは、ソフトウェアのQRC3へのアップグレードです。これは、「通常(regular)」のアップグレードであり、HANA Cloud Centralツールから行うことができます。またこのアップグレードは、お客様が選択したタイミングで行うことができます。

お客様のインスタンスのソフトウェアがアップグレードされたら、オブジェクトストレージへのアップグレードを実行するための次のステップを行えるようになります。これも、ソフトウェアのアップグレードと同じ方法で実行します。つまり、お客様のインスタンスのHANA Cloud Centralインターフェースから行います。唯一の違いは、お客様のデータをオブジェクトストレージに移動することになるため、通常のアップグレードよりも少し時間がかかるという点です。このアップグレードにかかる時間は、お客様のインスタンスの大きさにより異なります。1 TBのインスタンスで数分程度、大きいインスタンスでは数時間かかることもあります。

アップグレードが完了したら、終了です。オブジェクトストレージを有効にするために行うことは他にはありません。

お客様のビジネスの状況に応じて、このアップグレードを計画、実行されることをお勧めします。2023年Q1(1月~3月)には、全てのSAP HANA Cloud, data lakeインスタンスを、SAP側で2022 QRC3にアップグレードします。このアップグレードには、事前定義されたメンテナンスウィンドウが使用されます。

 


このオリジナルブログが掲載されているSAP CommunityのSybase関連タグをフォローして、最新技術情報をキャッチアップしてください(フォローには登録が必要です)。

SAP Communityの関連タグ

・SAP HANA Cloud, data lake ブログ / Q&A
・SAP IQ ブログ / Q&A
・SAP SQL Anywhere ブログ / Q&A

SAP Communityでは質問も投稿することが可能で、世界中のSAP社員やユーザーのアドバイスを受けることができます。

 

———————————————————

SAPジャパンブログ内関連記事:

SAP HANA Cloud, data lake
SAP HANA Cloud, data lakeストレージのオブジェクトストレージへの変更によるパフォーマンス向上とペタバイト規模データの対応およびコスト低減
SAP HANA Cloud, data lakeでマテリアライズドビューを使用してパフォーマンスを上げる
SAP HANA Cloud, SAP HANA データベースとSAP HANA Cloud, data lake filesを使用する
SAP HANA Cloud, HANA データベースからSAP HANA Cloud, data lakeデータベースへの最速のデータ移行方法とテスト結果
SAP HANA Cloud, HANAデータベースから HANA Cloud, data lakeへのデータの高速移行とデータ移行速度に影響するパラメーター
SAP HANA Cloud, data lakeとSAP IQに共通するヒストリカルデータベースとDBSpaceサイズのキャプチャー方法
SAP HANA Cloud, data lake(IQ)をベースにしたNode.jsアプリケーションの構築
複数のSAP HANAソースからのデータを1つのSAP HANA Cloud, data lake(IQ)に集約する
SAP HANA Cloud, data lake Filesへの最初のアクセス設定
SAP HANA Cloud, data lakeおよびSAP IQにおけるスキーマのエクスポート/バックアップ
SAP HANA Cloud, data lake(IQ)にWindows端末からPythonで直接接続する
SAP HANA Cloud, data lakeへのデータロードにおけるvCPU数の影響
SAP IQのクラウドサービスが開始されました – SAP HANA Cloud, data lake (Standalone IQ)

SAP IQ
SAP IQのクラウドサービスが開始されました – SAP HANA Cloud, Data Lake (Standalone IQ)
SAP IQ – 隠れたイッピン(the hidden treasure) …
全てのSAP BW、SAP BW/4HANAリリースのSAP ニアラインストレージ(NLS)ソリューション – SAP IQ
SAP IQによるSAP ニアラインストレージ(NLS)のパフォーマンスを向上させる
SAP IQを利用したSAP Information Lifecycle Management(ILM)
DBA CockpitでSAP IQを有効にする
SAP IQのための容易なインストーラー - 「Q」
列指向データベースでもOLTPに対応したSAP Sybase IQ16の機能拡張
大量データの「圧縮率」と「ロード時間」を改善したSAP Sybase IQ16の技術解説
SAP IQ 16.1 SP05がリリースされました

SAP ASE
SAP ASE 16.0 SP04の新機能
SAP ASEの新しい管理ツール「AMC」の紹介:インストール方法、メモリー管理、ワークロード分析機能、Workload AnalyzerのSSL設定について
SAP HANAプラットフォームを相互補完し進化する旧Sybase製品の今――SAP ASEとSAP IQ
SAPアプリケーション向けデータベースとしてSAP Sybase ASEが採用される理由とは
RDBMSのパフォーマンス向上の仕掛け――SAP Sybase ASE 15.7の最新アーキテクチャー解説

オンラインマニュアル:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community (ブログ/ Q&A) :
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

SAP Community Wiki:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

sap.com 製品ページ:
SAP IQ
SAP SQL Anywhere
SAP ASE

その他:
SAP IQ テクニカル概要
SAP IQ 16.0 ハードウェアサイジングガイド
様々なストレージおよびネットワークテクノロジーにおける SAP IQ 16 Multiplex のパフォーマンス評価


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

連記事

SAPからのご案内

SAPジャパンブログ通信

ブログ記事の最新情報をメール配信しています。

以下のフォームより情報を入力し登録すると、メール配信が開始されます。

登録はこちら